経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
炭火焼とワイン三本木商店(丸太町)

DSCF2604.JPG

 5月10日(金)、夜になって丸太町に行く。

DSCF2606.JPG

 鴨川近くの路地裏に入ると。

DSCF2610.JPG

 その筋では有名なセレクトブックショップ「誠光社」がある。

DSCF2612.JPG

 今回は、その誠光社の名物オーナーと中学の同級生だったという脇阪さんに教えて頂いた。

 この辺りは静かな住宅街ですが、江戸時代から明治にかけては花街として賑わった場所

 二条河原町の長州藩邸にも近かったらしい。

◆三本木遊郭跡
 遊郭と呼んでいるが、いわゆる遊郭ではない。花街といったらいいだろう。
 料亭もしっかりしており、腕のいい芸者がいる「洛下遊楽の地」であった。
 幕末頃には大いに賑わいをみせ、勤皇佐幕の武士達が入り交じって往来する街だった。
 近藤勇の愛妾・三本木の芸妓「駒野」は近藤勇との間に子どもがあったという。
 また、桂小五郎の婦人となる幾松は三本木の「吉田屋」に籍を置いていた。
 東三本木通には吉田屋跡、頼山陽旧宅跡などが残っているが、今は民家が建ち並んでいる。

DSCF2614.JPG

 本当に暗闇の中にぽつりと灯りが。。

DSCF2616.JPG

 今日のお目当ては、今年の3月に開店したばかりの「三本木商店」さん。

DSCF2619.JPG

 炭火焼とワインのお店。

DSCF2620.JPG

 古い町屋を改造したそうです。

DSCF2621.JPG

 炭火が燃えている。

DSCF2624.JPG

 何だったか忘れたワカモレ。

DSCF2628.JPG

 春菊とパクチーのサラダ。

DSCF2631.JPG

 鴨の生ハム。

DSCF2630.JPG

 赤ワインに切り替えて。

DSCF2639.JPG

 川俣シャモ。

DSCF2642.JPG

 美味しい。。

DSCF2645.JPG

 締めは、なぜかハイチ風ドライカレー。w

 このお店はかなりリーズナブル。また来よう。

 次は鹿肉ステーキ食べたい。

 

◇京都飲み歩きアーカイブ

・2019年05月:三本木商店(丸太町)

・2019年04月:ティエム アン フォーン ヴィエット(烏丸御池)

・2019年04月:Kaikado CafeとCRAFTHOUSE Kyoto(七条高瀬川)

・2019年04月:チャイナキッチン餃子王(聖護院)

・2019年04月:ホルモン三吉(四条河原町)

・2019年03月:丹で朝ごはん(三条白川)

・2019年03月:中華そば京一(大宮)・立ち飲み才(西院)

・2019年03月:KULM OHARA(大原)

・2019年03月:草喰なかひがし(銀閣寺)

・2019年02月:出町ふたば(出町柳)と微風台南(丸太町)

・2019年02月:露地もん(烏丸御池)

・2019年01月:海底撈火鍋(大阪心斎橋)

・2019年01月:雪梅花菜根譚(蛸薬師)

・2018年12月:おばん菜ふじ井(西木屋町)

・2018年11月:食堂おがわ(西木屋町)

・2018年11月:中華のサカイ(御薗橋)

・2018年11月:洋食おがた(御所南)

・2018年10月:草喰なかひがし(銀閣寺)

・2018年09月:朝食 喜心(祇園)

・2018年09月:夜の京都見物

・2018年09月:丹で朝ごはん(三条白川)

・2018年07月:和久傳(堺町)

・2018年06月:中華のサカイ本店と二条小屋

・2018年06月:俵屋吉富(小川通)・鳥岩楼(西陣)

・2018年04月:中華そば篠田屋(三条京阪)・にこみ鈴や(新町)

・2018年04月:餃子王(聖護院)

・2018年03月:餃子王(聖護院)

・2018年02月:VINAINO kyoto(河原町柳小路)

・2018年02月:LshiLshiL(麩屋町)

・2018年02月:十二段家(烏丸丸太町)

・2017年11月:Islay mojito(四条因幡堂)

・2017年11月:丹(三条白川)

・2017年11月:燕楽(夷川)

・2017年10月:酒場井倉木材(丸太町)

・2017年08月:島原蛸松(島原)

・2017年08月:酣たけなわ(木屋町)

・2017年06月:中華のサカイ本店(新大宮)

・2017年06月:洋食おがた(烏丸御池)

・2017年03月:夢屋(川端二条)

・2017年01月:四川料理 菜格(二条通堺町西入)

・2016年12月:五十棲(四条河原町)

・2016年11月:わっぱ堂(大原)

・2016年08月:Cafe mole(御所南)

・2016年08月:井倉木材(丸太町)

・2016年07月:中華巡り(丸太町から元田中)

・2016年05月:味香園(祇園)

・2016年05月:微風台南(神宮丸太町)

・2016年04月:京都醸造所(西九条)

・2016年04月:辨慶うどんと讃式(京都五条)

・2016年02月:京都でクラフトビール!(TAKUMIYA)

・2016年02月:京都の夜(壱)

・2016年01月:ランチ時(三条通り)

posted by アサノ | 07:34 | 京都生活 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年春 初めての機車環島 6日目台中でBBQ

IMG_0518.JPG

 3月26日(日)の午後、大渓老街から本日の目的地台中を目指す。

IMG_0526.JPG

 また雨がしとしと降る中なのだが、台湾島中部の気持ちの良い道路が続く。

01.jpg 

 スクーターは台湾の交通法規でいうと高速道路(1号線)は走れないので、一番山よりの台3線(内山公路)を南下する。

 https://goo.gl/maps/Eic5yBzHSd5o4d2d6

IMG_0525.JPG

 3月だと雨に当たるとかなり寒い。

IMG_0533.JPG

 よく考えてみると、今まで印象が深かった景色や体験って、大抵は酷い環境でのことが多かったな。

IMG_0531.JPG

 ただの晴れた日よりも、心に刻まれるのだろうか?

IMG_0538.JPG

 そう思うと、寒さでがたがた震えながらちょっとだけ「今日はいい日だ。」と思えて来た。w

 台3線は、緩いカーブと適度なアップダウンが続くツーリングにはピッタリの道だ。

 しかも対向車が全然いない。w

IMG_0542.JPG

 そろそろ台中の平野が見えて来た。

IMG_0545.JPG

 コーヒーを売っている軽トラがいたので一休み。

 暖かいコーヒーが身に沁みる。

IMG_0548.JPG

 何とか台中に到着。

IMG_0547.JPG

 まだリノベ中のゲストハウスに何とかたどり着いた。

IMG_0555.JPG

 夜は屋上でBBQをやるから参加しないかと誘われて。

IMG_0562.JPG

 思わぬご馳走になる。w

IMG_0564.JPG

 美味しかった!

IMG_0567.JPG

 あまりバクバク食っても申し訳ないので、台中火車站の方まで歩いて行ってみる。

IMG_0568.JPG

 台中には「台中電子街」というのがあって。

IMG_0569.JPG

 秋葉原みたいな感じ。w

IMG_0581.JPG

 最近注目されている「宮原眼科」に来た。

IMG_0574.JPG

 日本統治時代の眼科を改装した、パイナップルケーキのお店。

IMG_0578.JPG

 最近、台湾では古い建築物をリノベーションして新しい価値を創出するのが流行っている。

IMG_0586.JPG

 帰りがけに「芋圓」のお店発見!

IMG_0587.JPG

 基本は芋団子なんだけど、いろいろな豆とかハトムギとかを足して。

IMG_0583.JPG

 かき氷をかけるのもあるが、今日は寒いのでお汁粉みたいに暖かいのを食べた。

 美味しいよ〜。

IMG_0588.JPG

 ゲストハウスに帰って来たら、まだBBQやってた。

 台湾の人は普段はあまりお酒を飲まないが、飲むと凄い。ww

IMG_0591.JPG

 さあ!明日も早いから寝よう。

 本日の走行距離:169km

 総走行距離:789km

 

◇2017年3月初めての機車環島アーカイブ

3月21日(火):1日目台北に到着

3月22日(水):2日目台南に移動

3月22日(水):2日目台南をうろつく

3月23日(木):3日目高雄でスクーターを借りる

3月23日(木):3日目台東の民宿小時光

3月24日(金):4日目花東公路海線を行く

3月24日(金):4日目花蓮に到着

3月25日(土):5日目ここからは未踏の地

3月25日(土):5日目なんとか台湾島の西側に出る

3月26日(日):6日目思わぬ発見大渓老街

3月26日(日):6日目台中でBBQ

3月27日(月):7日目霧社事件の現場と日月潭

3月27日(月):7日目阿里山から嘉儀へ

posted by アサノ | 07:33 | 2017年3月 初めての機車環島 | comments(0) | trackbacks(0) |
第6回Xデザインフォーラム「フィンテックとデザイン、経営とデザイン」

P1045406.JPG

 05月06日(月)、GWの最終日毎年恒例のXデザインフォーラム

 もう6回目になるのか。

P1045425.JPG

 ■午前:10:00-12:00(受付は9:30より)
 □これからのデザインスキルのためのワークショップ 
 担当:富田誠 (東海大学)、安武 伸朗(常葉大学)、上平崇仁(専修大学) ファシリテーター:脇坂善則(日産)、木村 博之(TUBE GRAPHICS)、佐藤啓一郎(フィラメント)

P1045530.JPG

 今回は約200名の方々にお集まり頂きました。

 例年とは参加者が少し違った感じです。

 デザイナーとか少ない。w

P1045479.JPG

 ■午後:13:10-18:10(受付12:40より)

 私がオーガナイズしたセッション。
 □第1部 フィンテックとデザイン 13:20-14:50
 ・「フィンテックと変革」
  瀧俊雄(マネーフォワード 取締役執行役員、Fintech 研究所長)
 ・「もしも、あなたがフィンテック業界に今入ったら。」
  大塚敏章(ヤフー(株)コマースカンパニー 金融統括本部開発本部デザイン推進室/事業推進本部 事業推進部)
 ・「ユーザーエンゲージメントを高めるUI/ UX」
  田中健二(楽天カード(株)編成部 プロモーションデザイングループ マネージャー)
 ・ファシリテーター:浅野智(Xデザイン研究所・共同創業者)

D53Kv0eUEAE97LU.jpg

 グラグリッドの和田さんがグラレコして下さいました。

 おお!黒髪に描いてくれた。ww

P1045523.JPG

 □第2部 経営とデザイン 15:10-16:40

 そして第2部は山崎先生のオーガナイズで経営とデザインのセッション。
 ・「デザイン経営」
  菊地拓哉(経済産業省 クールジャパン政策課 デザイン政策室 課⻑補佐・室⻑補佐)
 ・「ビジネスをリードするデザイナ像」
  長谷川敦士((株)コンセント代表取締役)
 ・「日立における経営とデザイン」
  丸山幸伸((株)日立製作所・主管デザイナー)
 ・ファシリテーター:山和彦(Xデザイン研究所・共同創業者)

P1045533.JPG

 □第3部 ポスター/デモ発表とビアバッシュ 17:00-18:10
 ・ポスター/デモ発表、参加者同士や講師とのディスカッションとビアバッシュ
 1)「9月開講Xデザイン学校ビギナーコースとリーダーコースの紹介」浅野智、山和彦
 2)「(仮)Xデザイン学校2018年度ベーシックコースにおける活動」佐藤哲裕
 3)「「選択の科学」の嘘〜クルーグマンが証明した消費者嗜好」鈴木大貴
 4)「UXに基づく遠隔管制業務の為のインターフェース設計」郷津竜帆
 5)「移住・定住に関する潜在的欲求と課題の明確化」海野真梨菜、山本智香子
 6)「屋上からアウトドアへ繋げるサービス(Xデザイン学校2018ベーシックCチーム)」坂崎良樹、佐藤哲裕
 7)「子供とストーリーを考えるワークショップ」水上夏希
 8)「若者が自己投資をしやすくなるフィンテックサービス」望月琴未
 9)「初期会話と継続会話を考慮した非タスク型対話システムの研究」中山 立輝 
 10)「組織における人事評価制度・教育プログラムのためのデザインスキルの研究」佐々木俊弥
 11)「非線形で絵画的な知覚を生み出す「面的思考」のプロセスについて考察する」福士夏季
 12)「保育現場における当事者デザインの実践」安田浩一郎
 13)「5G時代のミライ年表とシナリオ」 笈川美貴
 14) 「プランティオのデザイン」田中 亮
 15) 「若者の自立に対する葛藤を応援するサービスデザイン」山川千晴
 16) 「堅実な大人のための給食プラットフォーム(Xデザイン学校2018マスター Bチーム)」川田智子・奥山真広

P1045535.JPG

 最後はヤフー日野さんの音頭で乾杯!

 今回もヤフーさんには大変お世話になりました。

 この場を借りて、お礼申し上げます。

P1045539.JPG

 私のセッションに参加して下さった、楽天田中さんとヤフー大塚さん。

 私とは古いお付き合いなので、GWの中ご無理言って来て頂きました。

 ありがとうございます。

P1045540.JPG

 最近、お酒が飲めないのでハンバーガーでビアバッシュ。w

集合写真.jpg

 スタッフの打ち上げで、思わずXのポーズ!

 秋の開催は、9月22日(秋分日)だった。

 

◇Xデザインフォーラム・アーカイブ

2019年05月06日(月):第6回フィンテックとデザイン、経営とデザイン(ヤフー東京)

2018年09月09日(日):第5回Playful & Open:学びのデザイン(千葉工大)

2018年05月06日(日):第4回ソーシャル・スタートアップと学びのデザイン(ヤフー東京)不参加

2017年09月24日(日):第3回プレイフルな学びとオープンなデザイン(千葉工大)不参加

2017年05月26日(金):第2回サービスはユーザーファーストか?(京都)

2017年05月07日(日):第1回スタートアップとデザイン(ヤフー東京)

 

◇情報デザインフォーラム・アーカイブ
第01回2008年06月04日:情報デザインフォーラム(千葉)
第02回2008年11月15日:エスノグラフィーと横浜ワークショップ(横浜)
第03回2009年03月27日:インタラクションデザインの未来(千葉)
第04回2009年08月31日:情報デザインフォーラム- イノベーションと教育(千葉)
第05回2010年05月01日:情報デザインとグラフィック教育(横浜)
第06回2010年09月17日:これからの情報デザインとは(千葉)
第07回2011年05月21日:災害から身を守り、情報を伝えあうためのデザイン(横浜)
第08回2011年09月23日:体験とデザイン(千葉)
第09回2012年05月04日:情報デザインのワークショップ(横浜)
第10回2012年09月16日:情報デザインのワークショップ(千葉)

第11回2013年05月06日:世界の情報デザイン(横浜)
第12回2013年09月22日:デザイン・ワークショップ(千葉)不参加
第13回2014年04月29日:ワークショップの原点とファシリテーション(渋谷)
第14回2014年08月28日〜30日:情報デザインフォーラムin函館(函館)不参加
第15回2014年09月20日:ワークショップの実践(千葉)
第00回2015年09月03日:情報デザインフォーラムin函館2015(函館)
第17回2015年09月22日:キヅキとデザイン(千葉)不参加
第18回2015年12月02日:未来のデザイナーの活動(二子玉川)
第19回2016年05月08日:参加型デザインアプローチの可能性(六本木)
第20回2016年09月25日:みらいの学び、地域と知能のデザイン(千葉)不参加 
posted by アサノ | 07:30 | Xデザインフォーラム | comments(0) | trackbacks(0) |
脳震盪後遺症回復日誌204日目(台北で気功治療を受けた)

IMG_7624.JPG

 05月01日(令和元年初日)、204日目。

 GWにかけて台湾に来ていた。

 そこで以前から気になっていた気功の先生を予約して来てみた。

 東京にいる時にメールして予約を取り、台北のMRT淡水線圓山駅の近くです。

IMG_7626.JPG

 診察と施術は「えっ、それだけ?」っていうぐらい簡単でした。

 「首がずれていたので治しておいた、頭の中は触れないので足の指のツボを刺激した。」とのことでした。

 足の親指のツボ押しが悲鳴を上げるぐらい痛かった、左側が特に痛いのは左に障害が集中しているからだと。

 「これで効かなければ、鍼か漢方薬だな。」とおっしゃられて終了。

 歩いて30分から1時間で血が巡ってくると効いてくるという。

 診察と施術で3000TWD(約1万円)

 その日はあまり実感はなかったのだが、翌日飛行機に乗っていたらフッと耳鳴りが消えていたのに驚いた。

IMG_7497.JPG

 どのような治療でもそうだが、劇的に効くものというのは無くて、時間をかけて治して行くものだ。

 宗元堂の南側には、漢方薬の問屋街「迪化街」がある。

 街中に漂う漢方薬の匂いを嗅ぐと、なんだか体調が良くなるような気がする。

 身体を少しずつ変えて行こう。

 

◇宗元堂

 http://www.tabitabi-taipei.com/html/data/10116.html

 

◇脳震盪後遺症回復日誌

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌133日目(再び整体へ)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌126日目(目の回復状況)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌125日目(紀平梨花 左手薬指亜脱臼)

2019年01月:脳震盪後遺症回復日誌109日目(整体に行ってみた)

 

◇デパス減薬日誌

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(人間ドックに行って来た)

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(ひとつの区切り)

2019年01月:デパス減薬日誌88日目(これは脳震盪の後遺症なんじゃないか)

2018年12月:デパス減薬日誌78日目(南の島に行って思ったこと)

2018年12月:デパス減薬日誌63日目(ぶり返した)

2018年11月:デパス減薬日誌48日目(海外出張してきた)

2018年11月:デパス減薬日誌38日目(そうは問屋が卸さなかった)

2018年11月:デパス減薬日誌32日目(うつ病の野良猫はいない)

2018年11月:デパス減薬日誌27日目(運動療法に努める)

2018年10月:デパス減薬日誌18日目(流れに身を任せる)

2018年10月:デパス減薬日誌16日目(三歩進んで二歩下がる)

2018年10月:デパス減薬日誌14日目(光明が見えてきた) 

2018年10月:デパス減薬日誌12日目(物忘れが激しすぎる)

2018年10月:デパス減薬日誌10日目(仕事はしてます)

2018年10月:デパス減薬日誌8日目(出張で京都に来た)

2018年10月:デパス減薬日誌5日目(世界はドラッグであふれている)

2018年10月:デパス減薬日誌4日目(離脱症状がつらい)

2018年10月:減薬に変更した

2018年10月:断薬をしようと思ったきっかけ

2018年08月:病再び

 

posted by アサノ | 07:35 | 病院好き | comments(0) | trackbacks(0) |
ティエム アン フォーン ヴィエット(烏丸御池)

DSCF2601.JPG

 04月20日(土)、うちのマンションからすぐ近くのベトナム料理屋さんに来た。

DSCF2576.JPG

 ここは、結構地元では有名で。

 かなりネイティブなベトナム料理を食べさせる。

IMG_1746.jpg

 蒸し鶏の前菜ですね。高菜使うんだね。

DSCF2583.JPG

 モツのスープ。これ美味しかった。

IMG_1750.jpg

 ベトナム料理と言えば生春巻きなんだけど、あえて揚げ春巻き。

IMG_1757.jpg

 ブンボー・フエ。ベトナムの中部の古都フエの料理。ブンは太目のライスヌードル、ボーは牛肉。レモングラスと赤唐辛子、ニョクマム(魚醤)。

DSCF2597.JPG

 この店には北部のフォーの麺しかないので、代用。

 美味しかったです。w

 

◇京都飲み歩きアーカイブ

・2019年04月:ティエム アン フォーン ヴィエット(烏丸御池)

・2019年04月:Kaikado CafeとCRAFTHOUSE Kyoto(七条高瀬川)

・2019年04月:チャイナキッチン餃子王(聖護院)

・2019年04月:ホルモン三吉(四条河原町)

・2019年03月:丹で朝ごはん(三条白川)

・2019年03月:中華そば京一(大宮)・立ち飲み才(西院)

・2019年03月:KULM OHARA(大原)

・2019年03月:草喰なかひがし(銀閣寺)

・2019年02月:出町ふたば(出町柳)と微風台南(丸太町)

・2019年02月:露地もん(烏丸御池)

・2019年01月:海底撈火鍋(大阪心斎橋)

・2019年01月:雪梅花菜根譚(蛸薬師)

・2018年12月:おばん菜ふじ井(西木屋町)

・2018年11月:食堂おがわ(西木屋町)

・2018年11月:中華のサカイ(御薗橋)

・2018年11月:洋食おがた(御所南)

・2018年10月:草喰なかひがし(銀閣寺)

・2018年09月:朝食 喜心(祇園)

・2018年09月:夜の京都見物

・2018年09月:丹で朝ごはん(三条白川)

・2018年07月:和久傳(堺町)

・2018年06月:中華のサカイ本店と二条小屋

・2018年06月:俵屋吉富(小川通)・鳥岩楼(西陣)

・2018年04月:中華そば篠田屋(三条京阪)・にこみ鈴や(新町)

・2018年04月:餃子王(聖護院)

・2018年03月:餃子王(聖護院)

・2018年02月:VINAINO kyoto(河原町柳小路)

・2018年02月:LshiLshiL(麩屋町)

・2018年02月:十二段家(烏丸丸太町)

・2017年11月:Islay mojito(四条因幡堂)

・2017年11月:丹(三条白川)

・2017年11月:燕楽(夷川)

・2017年10月:酒場井倉木材(丸太町)

・2017年08月:島原蛸松(島原)

・2017年08月:酣たけなわ(木屋町)

・2017年06月:中華のサカイ本店(新大宮)

・2017年06月:洋食おがた(烏丸御池)

・2017年03月:夢屋(川端二条)

・2017年01月:四川料理 菜格(二条通堺町西入)

・2016年12月:五十棲(四条河原町)

・2016年11月:わっぱ堂(大原)

・2016年08月:Cafe mole(御所南)

・2016年08月:井倉木材(丸太町)

・2016年07月:中華巡り(丸太町から元田中)

・2016年05月:味香園(祇園)

・2016年05月:微風台南(神宮丸太町)

・2016年04月:京都醸造所(西九条)

・2016年04月:辨慶うどんと讃式(京都五条)

・2016年02月:京都でクラフトビール!(TAKUMIYA)

・2016年02月:京都の夜(壱)

・2016年01月:ランチ時(三条通り)

posted by アサノ | 07:31 | 京都生活 | comments(0) | trackbacks(0) |
茶筒の開化堂とCRAFTHOUSE Kyotoの七条に行く

DSCF2542.JPG

 04月19日(金)、前夜「カンブリア宮殿」でやっていた京都の茶筒屋さんのカフェに来てみた。

DSCF2517.JPG

 自宅から自転車ですっ飛ばしてくればすぐだ。w

DSCF2524.JPG

 カフェは「Kaikado Cafe」と言ってお洒落なお店。

 折角なのでコーヒーでは無く、水出し茶を頼んだ。

 最初は薄いな〜と思ってたら、お代りで水を足して貰う頃から葉が開いて美味しくなった。

 もっとゆっくりの時に頼もう。w

 河原町通七条上ルにあります。

DSCF2537.JPG

 シュガーポットは、茶筒っぽいが全て真鍮製でずっしりと重い。

DSCF2527.JPG

 そんなにお金はかけてない風だが、上手く清潔にまとまっている店内。

DSCF2531.JPG

 裏の庭に出てみた。

DSCF2533.JPG

 古いビルをリノベしているんですね。

DSCF2538.JPG

 棚には茶筒がずらり。

DSCF2548.JPG

 ついでに、七条に出来てずっと来れなかった「CRAFTHOUSE KYOTO」に寄ってみる。

DSCF2549.JPG

 今までで一番大バコである。

DSCF2544.JPG

 まだ昼間なのでランチを頂く。

DSCF2546.JPG

 おなじみのハルちゃんが、昨日から産休明けでキッチンにいた。w

 オーナーのタクミに「開店からずっと来なかったのに、ハルちゃんに会いに来たんですか?」と聞かれたので「そうだ。」と答える。w

DSCF2553.JPG

 高瀬川を遡って帰る。

DSCF2556.JPG

 木屋町のあたりとはだいぶ風情が変わる。

DSCF2560.JPG

 昔は寂れていた「サウナの梅湯」。

 新しい若いオーナーになって、タトゥーOKの銭湯に。w

DSCF2568.JPG

 最後は六条にある「開化堂」の本店へ。

DSCF2569.JPG

 コーヒー豆を保蔵するには、どんな素材がいいですか?と聞いたら。

 茶筒は基本的には、内部はブリキで外側を銅や真鍮で巻いているのだそうだ。

 なので「趣味で選んでください。」とのこと。

 コーヒー豆200gを入れようと思うと、銅でも真鍮でも約1万6千円ぐらいでした。

DSCF2570.JPG

 古くから伝わる技術を、変に今風なデザインにするのは好きじゃない。

 ミニマルなデザインの中にこそ、本当の価値があるのだと思う。

 もうすぐ、この開化堂さんとパナソニックのデザイナーがコラボした「茶筒スピーカー」が限定販売されるらしい。

 値段が法外じゃなければ、買ってもいいかなと思う。

 その前にコーヒー缶か。w

 

◇京都飲み歩きアーカイブ

・2019年04月:Kaikado CafeとCRAFTHOUSE Kyoto(七条高瀬川)

・2019年04月:チャイナキッチン餃子王(聖護院)

・2019年04月:ホルモン三吉(四条河原町)

・2019年03月:丹で朝ごはん(三条白川)

・2019年03月:中華そば京一(大宮)・立ち飲み才(西院)

・2019年03月:KULM OHARA(大原)

・2019年03月:草喰なかひがし(銀閣寺)

・2019年02月:出町ふたば(出町柳)と微風台南(丸太町)

・2019年02月:露地もん(烏丸御池)

・2019年01月:海底撈火鍋(大阪心斎橋)

・2019年01月:雪梅花菜根譚(蛸薬師)

・2018年12月:おばん菜ふじ井(西木屋町)

・2018年11月:食堂おがわ(西木屋町)

・2018年11月:中華のサカイ(御薗橋)

・2018年11月:洋食おがた(御所南)

・2018年10月:草喰なかひがし(銀閣寺)

・2018年09月:朝食 喜心(祇園)

・2018年09月:夜の京都見物

・2018年09月:丹で朝ごはん(三条白川)

・2018年07月:和久傳(堺町)

・2018年06月:中華のサカイ本店と二条小屋

・2018年06月:俵屋吉富(小川通)・鳥岩楼(西陣)

・2018年04月:中華そば篠田屋(三条京阪)・にこみ鈴や(新町)

・2018年04月:餃子王(聖護院)

・2018年03月:餃子王(聖護院)

・2018年02月:VINAINO kyoto(河原町柳小路)

・2018年02月:LshiLshiL(麩屋町)

・2018年02月:十二段家(烏丸丸太町)

・2017年11月:Islay mojito(四条因幡堂)

・2017年11月:丹(三条白川)

・2017年11月:燕楽(夷川)

・2017年10月:酒場井倉木材(丸太町)

・2017年08月:島原蛸松(島原)

・2017年08月:酣たけなわ(木屋町)

・2017年06月:中華のサカイ本店(新大宮)

・2017年06月:洋食おがた(烏丸御池)

・2017年03月:夢屋(川端二条)

・2017年01月:四川料理 菜格(二条通堺町西入)

・2016年12月:五十棲(四条河原町)

・2016年11月:わっぱ堂(大原)

・2016年08月:Cafe mole(御所南)

・2016年08月:井倉木材(丸太町)

・2016年07月:中華巡り(丸太町から元田中)

・2016年05月:味香園(祇園)

・2016年05月:微風台南(神宮丸太町)

・2016年04月:京都醸造所(西九条)

・2016年04月:辨慶うどんと讃式(京都五条)

・2016年02月:京都でクラフトビール!(TAKUMIYA)

・2016年02月:京都の夜(壱)

・2016年01月:ランチ時(三条通り)

posted by アサノ | 07:30 | 京都生活 | comments(0) | trackbacks(0) |
チャイナキッチン餃子王(聖護院)

DSCF2490.JPG

 4月18日(木)、昼間滋賀県草津のパナソニック社で打合せをして。

DSCF2470.JPG

 夕方京都に戻ってきたので、自転車に乗って食事に出て来た。

 やって来たのは我が家から自転車で10分ぐらいの聖護院のある「餃子王」さん。

IMG_1690.JPG

 ここは、中国人のおとうさんとおかさん二人でやっており。

 メニューは全て手作りの優しいお味だ。

IMG_1704.JPG

 日本語が不得意なので、メニューの番号で注文する。w

DSCF2471.JPG

 ザーサイでビール。幸せだw

DSCF2478.JPG

 ラム肉とパクチーの水餃子。

IMG_1693.JPG

 結構羊臭い肉とパクチーが合う。

DSCF2480.JPG

 焼き餃子

IMG_1695.JPG

 スマホで撮った方が美味しそう?

DSCF2483.JPG

 本日の自家製タン麺。

IMG_1698.JPG

 これがまた優しいお味。

 麺はおじさんの手打ちだ。

IMG_1701.JPG

 こしがあまり無くて、餃子の皮が麺になった感じ。

DSCF2486.JPG

 なんだか、居心地がいいので更にビールと自家製チャーシュー。

DSCF2498.JPG

 ふ〜!お腹いっぱい。

DSCF2495.JPG

 もう桜は散ってしまいましたね。

DSCF2508.JPG

 でも、少し暖かくなって来たので夜風が気持ち良い。

DSCF2514.JPG

 緑のトンネルが出来ていた。

DSCF2516.JPG

 鴨川を渡って帰ろう。

 

◇京都飲み歩きアーカイブ

・2019年04月:Kaikado CafeとCRAFTHOUSE Kyoto(七条高瀬川)

・2019年04月:チャイナキッチン餃子王(聖護院)

・2019年04月:ホルモン三吉(四条河原町)

・2019年03月:丹で朝ごはん(三条白川)

・2019年03月:中華そば京一(大宮)・立ち飲み才(西院)

・2019年03月:KULM OHARA(大原)

・2019年03月:草喰なかひがし(銀閣寺)

・2019年02月:出町ふたば(出町柳)と微風台南(丸太町)

・2019年02月:露地もん(烏丸御池)

・2019年01月:海底撈火鍋(大阪心斎橋)

・2019年01月:雪梅花菜根譚(蛸薬師)

・2018年12月:おばん菜ふじ井(西木屋町)

・2018年11月:食堂おがわ(西木屋町)

・2018年11月:中華のサカイ(御薗橋)

・2018年11月:洋食おがた(御所南)

・2018年10月:草喰なかひがし(銀閣寺)

・2018年09月:朝食 喜心(祇園)

・2018年09月:夜の京都見物

・2018年09月:丹で朝ごはん(三条白川)

・2018年07月:和久傳(堺町)

・2018年06月:中華のサカイ本店と二条小屋

・2018年06月:俵屋吉富(小川通)・鳥岩楼(西陣)

・2018年04月:中華そば篠田屋(三条京阪)・にこみ鈴や(新町)

・2018年04月:餃子王(聖護院)

・2018年03月:餃子王(聖護院)

・2018年02月:VINAINO kyoto(河原町柳小路)

・2018年02月:LshiLshiL(麩屋町)

・2018年02月:十二段家(烏丸丸太町)

・2017年11月:Islay mojito(四条因幡堂)

・2017年11月:丹(三条白川)

・2017年11月:燕楽(夷川)

・2017年10月:酒場井倉木材(丸太町)

・2017年08月:島原蛸松(島原)

・2017年08月:酣たけなわ(木屋町)

・2017年06月:中華のサカイ本店(新大宮)

・2017年06月:洋食おがた(烏丸御池)

・2017年03月:夢屋(川端二条)

・2017年01月:四川料理 菜格(二条通堺町西入)

・2016年12月:五十棲(四条河原町)

・2016年11月:わっぱ堂(大原)

・2016年08月:Cafe mole(御所南)

・2016年08月:井倉木材(丸太町)

・2016年07月:中華巡り(丸太町から元田中)

・2016年05月:味香園(祇園)

・2016年05月:微風台南(神宮丸太町)

・2016年04月:京都醸造所(西九条)

・2016年04月:辨慶うどんと讃式(京都五条)

・2016年02月:京都でクラフトビール!(TAKUMIYA)

・2016年02月:京都の夜(壱)

・2016年01月:ランチ時(三条通り)

posted by アサノ | 07:31 | 京都生活 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年春 初めての機車環島 6日目思わぬ発見大渓老街

IMG_0451.JPG

 3月26日(日)の朝。

 やっと雨が上がったので桃園の市内から、近くの大渓老街に来てみた。

IMG_0453.JPG

 なんだ、ここは?

 まるでヨーロッパの街角みたいだ。

IMG_0456.JPG

 早朝なのと雨が降っていたせいか、人通りが少ない。

IMG_0458.JPG

 中山路で注目は、中山路35号の建成商行。

 ここは樟脳や炭鉱業を営んでいた簡阿牛の住居です。

 簡氏は、現在蒋介石元総統の棺を置いてある慈湖陵寝(当時は謙記炭鉱)の土地の所有者でもあり、大渓きっての大富豪。

 この建物も老街で最大最高の「牌楼」を誇ります。今は廃墟となって中は空洞ですが、残った壁面から往年の栄華を推し量ることができます。

IMG_0461.JPG

 大渓の歴史:

 その昔清代に漢人が大渓に入墾し、先に住んでいた先住民タイヤル人たちと接触したことから始まります。

 その後板橋の富商である林家が、大渓老街横を流れる大漢渓を使って木材を運び始めると米や塩などの取引も盛んになり、ここは一つの経済拠点となっていきます。

 和平路の商店街は1850年ころから発展し始めました。

 しかし、1896年の乙末戦役で、日本軍の砲撃を受けて炎上。

IMG_0465.JPG

 1919年になって、日本総督府が都市計画を実施し、和平路、中山路などの通りは、当時建築様式の流行の主流になりました。
この時代に流行ったのはバロック様式。台北の迪化街でも見られますね。
和平路では、ギリシャ式破風やローマ式のアーチや柱を用いて、アジアの街並みによく見られる1階が店舗、2階以上は通路上に張り出した住居という騎楼を建設。

 奥行きが長い「街屋」型商店街の建物前面に中国の魚、蝙蝠などの縁起物をモチーフにした彫刻なども施しました。

 バロックの華麗な装飾と閩南伝統の装飾図案、中華、日本、ローマ字などの商号が混合しているのが大渓老街の大きな特色です。

IMG_0467.JPG

 台灣基督長老教會大溪教會

IMG_0470.JPG

 山から降ろして来た材木や樟脳などを、ここで台北から来た船に積み替えていた。

 その為の集積地として、豪商や銀行が沢山あり繁栄した。

IMG_0471.JPG

 この奥の山々から筏や小舟で運ばれて来たのだろう。

IMG_0477.JPG

 商店街がある中央路の方に来てみた。

IMG_0483.JPG

 この老街は生きている。

IMG_0485.JPG

 古い建築物をお土産物屋などに使わずに、普通の生活に溶け込んで使っているのだ。

IMG_0487.JPG

 こういう街はなかなか無い。

IMG_0488.JPG

 お茶屋さんの建物。

IMG_0492.JPG

 いい感じだ。

IMG_0494.JPG

 中央路と中正路の交差する所に市場がある。

IMG_0497.JPG

 朝の市場には、その街のエネルギーが渦巻いている。

IMG_0503.JPG

 私の大好きな景色だ。

IMG_0504.JPG

 そういえば朝ごはんまだだったな。w

 スクーターで走り出した途端に、良さげな店を見つけた。

IMG_0516.JPG

 「達磨麺店」

IMG_0514.JPG

 人気のお店らしく、店員さんがテキパキ働いてる。

IMG_0505.JPG

 この卵、ちょっと期待できそう。ww

IMG_0507.JPG

 透明なスープにこくがあり、これは大当たり!かも。

IMG_0510.JPG

 いや美味い、寒かった身体に沁みる。

IMG_0512.JPG

 太い麺。

 大渓老街、全然予備知識が無かったが、凄く良かった。

 またゆっくり来たい。

 

◇2017年3月初めての機車環島アーカイブ

3月21日(火):1日目台北に到着

3月22日(水):2日目台南に移動

3月22日(水):2日目台南をうろつく

3月23日(木):3日目高雄でスクーターを借りる

3月23日(木):3日目台東の民宿小時光

3月24日(金):4日目花東公路海線を行く

3月24日(金):4日目花蓮に到着

3月25日(土):5日目ここからは未踏の地

3月25日(土):5日目なんとか台湾島の西側に出る

3月26日(日):6日目思わぬ発見大渓老街

3月26日(日):6日目台中でBBQ

posted by アサノ | 07:32 | 2017年3月 初めての機車環島 | comments(0) | trackbacks(0) |
脳震盪後遺症回復日誌184日目(地獄からの生還)

IMG_159.jpg

 04月11日(木)184日目、大阪に来ている。

 前回の154日目からの1か月間は地獄の日々で、頭がくらくらして道を真っ直ぐ歩けず、体中が筋肉・関節が痛くて痛くて。

 まるで激しい運動をした翌日のような状態がずっと続いていた。

 恐ろしくなって漢方薬を飲むのをやめて、身体から抜けるのを待っているのだが、まるで好転しないでいた。

 年度末のいちばん忙しい時に、本当に辛かった。

 なにせ、原因が脳震盪ではなく薬のせいなのだから自業自得みたいなもので、なんで半年経ってこんな目にという気持ち。

IMG_157.jpg

 こちらに来る2日前に漢方薬の先生の所にも行って来た。

 とりあえず薬を抜こうということで1週間分の下剤を貰った。

 街中でお腹が痛くなったらどうしよう。ww

 大阪では整体の先生の所に来て、1か月間の状態を伝える。

 治る過程は螺旋のように、楽になったり症状が出たりしながらなのだという。

 施術して貰った後は、かなり楽になったのでもう少し頑張ってみよう。

 もう少し気候が良くなれば自律神経も整ってくるだろう。

 

◇04月25日(木)より台湾に行ってきます。

 念願の宗元堂楊先生の気功整体&マッサージを施術していただくことになりました。

 楽しみだな〜。

 

◇脳震盪後遺症回復日誌

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌133日目(再び整体へ)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌126日目(目の回復状況)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌125日目(紀平梨花 左手薬指亜脱臼)

2019年01月:脳震盪後遺症回復日誌109日目(整体に行ってみた)

 

◇デパス減薬日誌

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(人間ドックに行って来た)

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(ひとつの区切り)

2019年01月:デパス減薬日誌88日目(これは脳震盪の後遺症なんじゃないか)

2018年12月:デパス減薬日誌78日目(南の島に行って思ったこと)

2018年12月:デパス減薬日誌63日目(ぶり返した)

2018年11月:デパス減薬日誌48日目(海外出張してきた)

2018年11月:デパス減薬日誌38日目(そうは問屋が卸さなかった)

2018年11月:デパス減薬日誌32日目(うつ病の野良猫はいない)

2018年11月:デパス減薬日誌27日目(運動療法に努める)

2018年10月:デパス減薬日誌18日目(流れに身を任せる)

2018年10月:デパス減薬日誌16日目(三歩進んで二歩下がる)

2018年10月:デパス減薬日誌14日目(光明が見えてきた) 

2018年10月:デパス減薬日誌12日目(物忘れが激しすぎる)

2018年10月:デパス減薬日誌10日目(仕事はしてます)

2018年10月:デパス減薬日誌8日目(出張で京都に来た)

2018年10月:デパス減薬日誌5日目(世界はドラッグであふれている)

2018年10月:デパス減薬日誌4日目(離脱症状がつらい)

2018年10月:減薬に変更した

2018年10月:断薬をしようと思ったきっかけ

2018年08月:病再び

 

posted by アサノ | 07:27 | 病院好き | comments(0) | trackbacks(0) |
ホルモン三吉(四条河原町)と木屋町の花筏

DSCF2416.JPG

 04月13日(土)、大阪でXデザイン学校の初回が終わって、京都に戻って来た。

DSCF2413.JPG

 大阪で懇親会に出なかったので、お腹が空いた。w

DSCF2436.JPG

 京阪電車を三条まで乗らず、祇園四条で降りて河原町までやって来た。

 たどり着いたのは、路地裏の老舗「焼肉三吉」。

DSCF2418.JPG

 いつもはサラリーマンで満員でもくもくしているが。

 土曜日の22時頃は空いてるな。

DSCF2419.JPG

 ホルモン盛り合わせ。

DSCF2428.JPG

 煙もくもく。

 そのうちホソが火を噴きます。w

DSCF2433.JPG

 ホルモン煮込み鍋。

 でかいホルモンがごろごろ。

 これで2600円。安い!

DSCF2440.JPG

 お腹いっぱいになったので、木屋町の夜桜を見て帰ろう。

DSCF2444.JPG

 昼間は汚い木屋町もきれいに見える。w

DSCF2445.JPG

 ここの桜は横に伸びてる。w

DSCF2446.JPG

 高瀬川に映る桜。

DSCF2448.JPG

 祇園の芸子さんがいた。

DSCF2450.JPG

 きれいだな〜。

DSCF2452.JPG

 こういうのを花筏って言うんだよね。

DSCF2461.JPG

 GACKTも愛する「博多長浜ラーメン」。

 流石にもう食えない。ww

DSCF2464.JPG

 三条通りを上ると右下に「名前の無いラーメン屋」。

DSCF2467.JPG

 御池通り到着。

 お疲れさまでした。

 

◇2019年04月:京都夜桜 http://asanoken.jugem.jp/?eid=4329

◇2019年03月:京都夜桜 http://asanoken.jugem.jp/?eid=4322

◇2018年04月:京都夜桜 http://asanoken.jugem.jp/?eid=4109

 

◇京都飲み歩きアーカイブ

・2019年04月:ホルモン三吉(四条河原町)

・2019年03月:丹で朝ごはん(三条白川)

・2019年03月:中華そば京一(大宮)・立ち飲み才(西院)

・2019年03月:KULM OHARA(大原)

・2019年03月:草喰なかひがし(銀閣寺)

・2019年02月:出町ふたば(出町柳)と微風台南(丸太町)

・2019年02月:露地もん(烏丸御池)

・2019年01月:海底撈火鍋(大阪心斎橋)

・2019年01月:雪梅花菜根譚(蛸薬師)

・2018年12月:おばん菜ふじ井(西木屋町)

・2018年11月:食堂おがわ(西木屋町)

・2018年11月:中華のサカイ(御薗橋)

・2018年11月:洋食おがた(御所南)

・2018年10月:草喰なかひがし(銀閣寺)

・2018年09月:朝食 喜心(祇園)

・2018年09月:夜の京都見物

・2018年09月:丹で朝ごはん(三条白川)

・2018年07月:和久傳(堺町)

・2018年06月:中華のサカイ本店と二条小屋

・2018年06月:俵屋吉富(小川通)・鳥岩楼(西陣)

・2018年04月:中華そば篠田屋(三条京阪)・にこみ鈴や(新町)

・2018年04月:餃子王(聖護院)

・2018年03月:餃子王(聖護院)

・2018年02月:VINAINO kyoto(河原町柳小路)

・2018年02月:LshiLshiL(麩屋町)

・2018年02月:十二段家(烏丸丸太町)

・2017年11月:Islay mojito(四条因幡堂)

・2017年11月:丹(三条白川)

・2017年11月:燕楽(夷川)

・2017年10月:酒場井倉木材(丸太町)

・2017年08月:島原蛸松(島原)

・2017年08月:酣たけなわ(木屋町)

・2017年06月:中華のサカイ本店(新大宮)

・2017年06月:洋食おがた(烏丸御池)

・2017年03月:夢屋(川端二条)

・2017年01月:四川料理 菜格(二条通堺町西入)

・2016年12月:五十棲(四条河原町)

・2016年11月:わっぱ堂(大原)

・2016年08月:Cafe mole(御所南)

・2016年08月:井倉木材(丸太町)

・2016年07月:中華巡り(丸太町から元田中)

・2016年05月:味香園(祇園)

・2016年05月:微風台南(神宮丸太町)

・2016年04月:京都醸造所(西九条)

・2016年04月:辨慶うどんと讃式(京都五条)

・2016年02月:京都でクラフトビール!(TAKUMIYA)

・2016年02月:京都の夜(壱)

・2016年01月:ランチ時(三条通り)

posted by アサノ | 07:32 | 京都生活 | comments(0) | trackbacks(0) |
Search this site