経験デザインと食のエスノグラフィーを語る私的なブログ
2010年夏 台湾旅行 番外編 おみやげ
P1100527.JPG
 少し遅くなりましたが、夏の台湾旅行の番外編「おみやげ」。
 私は基本的には出張・旅行でおみやげは買わない主義。だって、こんなにどこかに行く都度におみやげを買っていたら身と財布がもちません。
P1100528.JPG
 大抵の場合は、その旅行中必要だったので購入し、帰国後おみやげとして誰かにあげるパターン。
 今回は台南で面白い店を発見。私の泊まった漢宮飯店の並び中山路沿いにある。
 帆布でバッグを作る京都の「一澤帆布」みたいなお店だ。
P1100529.JPG
 若いカップルとおかあさんのお店。
 女の子が日本語が話せるので、しばし話し込む。
 台南の学校のカバンも作っているそうだ。私も「成功大学のない?」と聞いたら国立台南大学のしか無いという。250元(約700円)
P1100533.JPG
 工業用ミシン。
P1100590.JPG
 今回の旅行に持って行った「一澤帆布」のバックと並べてみる。
 私の一澤はもう25年以上使っているもの。ここまで使い込めるか?
P1090729.JPG
 もう一つはビルケンシュトックもどきのサンダル、490元(約1400円)。
 私は元々このスタイルのサンダルは本物(16000円ぐらい)を持っていましたが、形はそのまま皮の質が違うだけって感じ。
P1100538.JPG
 台湾には沢山ビルケンシュトックの路面店がある。
P1100716.JPG
 多分台湾でOEMしているのであろう。
P1100718.JPG
 靴屋に入れば、こんなに偽物(ではないか?)が並ぶ。

◇2010年夏 台湾旅行 アーカイブ
8月17日番外編 おみやげ
8月17日番外編 スクーター少女
8月17日12日目帰国
8月16日11日目故宮と林森北路
8月15日10日目宜蘭経由台北
8月14日9日目 花蓮散歩
8月14日9日目 花東公路(海線)
8月14日9日目 市場好き 台東市中央市場
8月13日8日目 台東夜遊び編
8月13日8日目 台湾で一番遠い町台東で床屋に行く
8月12日7日目 高雄散歩
8月12日7日目 国立成功大学
8月11日6日目 怪しい路地好き(台南赤崁東路)
8月11日6日目 台南散歩
8月11日6日目 台湾の中の異国(3)安平
8月11日6日目 北回帰線の街嘉義
8月10日5日目 台湾第3の都市台中
8月10日5日目 1日2000元の台湾一周旅行 路地の街鹿港
8月9日 4日目 迪化街と寧夏路夜市
8月9日 4日目 台湾の中の異国(2)天母
8月9日 4日目 台湾の中の異国(1)淡水
8月8日 3日目 港街基隆(キールン)
8月8日 3日目 小雨の九份
8月7日 2日目 夜の街林森北路
8月7日 2日目 鄭州路牛肉麺ストリート
8月6日 初日 台北到着 
posted by アサノ | 00:14 | 2010年夏 台湾旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
2010年夏 台湾旅行 番外編 スクーター少女
P1090662.JPG
 今回台北に来て以前と違うなと思ったことに「太った若者が増えた」ことと「スクーターに乗っている少女がマスクをしていない」ことがある。
 いろいろな意味で日本化、東京化が進んでいることを肌で感じる。
P1090854.JPG
 「太った若者が増えた」というのは、3年間でそんなあことあるのか?と思うのだが、まるで中国本土のように肥満した子どもまで増えた。
 もうひとつの「スクーターに乗っている少女がマスクをしていない」というのは、日本人には理解出来ないが、台湾人はスクーターに乗るときにはカラフルなマスクをするものなのだ。
 そういえば本当にしていない、廃れてしまったファッションなのか・・・。
P1090691.JPG
 台湾は世界に冠たるスクーター生産国でもある。
 他の産業同様世界中のメーカーのOEMから技術力を蓄えて、現在では自社ブランドで販売を行っている。
 ホンダとの技術提携から生まれたKYMCO(キムコ)、SYM (サンヤン)。イタリア ピアジオ社との技術提携及びライセンス販売のPGO社などがある。
 125ccクラスでは日本製のスクーターより高性能なのではないか。
P1100060.JPG
 警察署の前にも、白バイならぬ白スクーターがずらり。
P1100251.JPG
 おお、いた!カラフルマスクに上着反対着用、これぞ台湾スクーター少女の定番スタイルだ。
P1100298.JPG
 台南の駅前バスターミナルで1時間近くバスを待っている時に、路上観察。いたいた、地方に来るといますね。
P1100301.JPG
 おお、熱帯地方になると喉まで覆うバージョンも。
P1100307.JPG
 自転車に乗る人もしてます。
 ちなみに台湾は世界中の自転車メーカーのOEM基地でもある。
 若い人はGAIANTっていうメーカーは台湾の「巨大機械工業股份有限公司」だって知らないでしょ。
P1100308.JPG
 おお、上着を反対に着るスタイルもいた。
 タイでも見たことあるぞ。
P1100309.JPG
 この着方は、地下鉄の中でエアコンが寒いときにもする。
 大した動作をしなくて脱ぎはぎが出来る合理的な発想だ。
P1100310.JPG
 こういうのって、見ているだけで面白い。
P1100313.JPG
 いいなぁ〜、私もスクーターレンタルしたくなった。
P1100314.JPG
 ただ事故には気をつけてくださいよ。この日バスで15分ぐらい走る間にスクーターの事故を2件も見た。
P1100697.JPG
 高雄のスクーター。やはり田舎はマスクしてますね。
 スクーターだけじゃやなくて、日常歩いていたりバスに乗るときのマスクしている人がいる。
P1100713.JPG
 高雄の新堀江で、マスクを売っているところを発見。
P1100714.JPG
 カラフルですね〜。
P1100715.jpg
 「どうだい、君も一ついかが?」
P1100874.jpg
 台東の夜市でも発見。
P1100875.jpg 
 これは農作業用だな。

◇2010年夏 台湾旅行 アーカイブ
8月17日番外編 おみやげ
8月17日番外編 スクーター少女
8月17日12日目帰国
8月16日11日目故宮と林森北路
8月15日10日目宜蘭経由台北
8月14日9日目 花蓮散歩
8月14日9日目 花東公路(海線)
8月14日9日目 市場好き 台東市中央市場
8月13日8日目 台東夜遊び編
8月13日8日目 台湾で一番遠い町台東で床屋に行く
8月12日7日目 高雄散歩
8月12日7日目 国立成功大学
8月11日6日目 怪しい路地好き(台南赤崁東路)
8月11日6日目 台南散歩
8月11日6日目 台湾の中の異国(3)安平
8月11日6日目 北回帰線の街嘉義
8月10日5日目 台湾第3の都市台中
8月10日5日目 1日2000元の台湾一周旅行 路地の街鹿港
8月9日 4日目 迪化街と寧夏路夜市
8月9日 4日目 台湾の中の異国(2)天母
8月9日 4日目 台湾の中の異国(1)淡水
8月8日 3日目 港街基隆(キールン)
8月8日 3日目 小雨の九份
8月7日 2日目 夜の街林森北路
8月7日 2日目 鄭州路牛肉麺ストリート
8月6日 初日 台北到着 
posted by アサノ | 01:34 | 2010年夏 台湾旅行 | comments(1) | trackbacks(0) |
2010年夏 台湾旅行 12日目 帰国
P1130278.JPG
 昨夜のご乱行の割には、きちんと起きてホテルを出る。
P1130280.JPG
 MRT中山駅前の「台北牛乳大王」でパパイヤミルク70元と三明治(サンドイッチ)20元の朝食。
P1130288.JPG
 MRTで台北駅まで行って、バスターミナルに行くには時間があるので壊寧街の永和豆漿で最後の豆漿を飲む。
P1130284.JPG
 テイクアウトのビジネスマンやOLがどんどん来る。隅っこに座って豆漿飲んでる私は邪魔者。
P1130290.JPG
 バスは40分程度で台北桃園空港に到着。
P1130291.JPG
 余ったお金を換金したら、2000円還ってきた。残った小銭でBurger Kingのワッパーを食べる。
 家に着いて体重を量ったら。出発時74kg → 帰国時77kg ・・・・・

◇2010年夏 台湾旅行 アーカイブ
8月17日番外編 おみやげ
8月17日番外編 スクーター少女
8月17日12日目帰国
8月16日11日目故宮と林森北路
8月15日10日目宜蘭経由台北
8月14日9日目 花蓮散歩
8月14日9日目 花東公路(海線)
8月14日9日目 市場好き 台東市中央市場
8月13日8日目 台東夜遊び編
8月13日8日目 台湾で一番遠い町台東で床屋に行く
8月12日7日目 高雄散歩
8月12日7日目 国立成功大学
8月11日6日目 怪しい路地好き(台南赤崁東路)
8月11日6日目 台南散歩
8月11日6日目 台湾の中の異国(3)安平
8月11日6日目 北回帰線の街嘉義
8月10日5日目 台湾第3の都市台中
8月10日5日目 1日2000元の台湾一周旅行 路地の街鹿港
8月9日 4日目 迪化街と寧夏路夜市
8月9日 4日目 台湾の中の異国(2)天母
8月9日 4日目 台湾の中の異国(1)淡水
8月8日 3日目 港街基隆(キールン)
8月8日 3日目 小雨の九份
8月7日 2日目 夜の街林森北路
8月7日 2日目 鄭州路牛肉麺ストリート
8月6日 初日 台北到着 
posted by アサノ | 00:10 | 2010年夏 台湾旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
2010年夏 台湾旅行 11日目 故宮と林森北路
P1130219.JPG
 台湾一周1日2000元の旅から昨日帰って来て、明日は帰国。
 今日は休養日にしよう。ホテルのアメリカンブレックファーストより、近所の永和豆漿で朝ごはん。
P1130218.JPG
 豆漿を飲むと台湾の朝って感じ。
P1130215.JPG
 豆漿とクロワッサンみたいなパイ生地の包子で35元。
P1130220.JPG
 MRT雙連駅に行く前に見つけた「大腸米粉湯」。
P1130222.JPG
 そそられるなぁ〜。
P1130223.JPG
 休養日なので、あまり遠出はせずに、MRT士林駅からバスで「故宮博物館」に来た。
P1130224.JPG
 世界四大博物館の一つだそうだ。
P1130227.JPG
 ちなみに四大博物館とは下記。
 ・アメリカ NY メトロポリタン美術館
 ・ロシア サンクト・ペテルブルグ エルミタージュ美術館
 ・フランス パリ ルーブル美術館
 ・台湾 台北 故宮博物院
P1130233.JPG
 中は撮影禁止なので、写真なし。
  でもね、故宮博物館の所蔵品は、蒋介石の国民党が北京・上海・南京・武漢・台北と持って逃げ廻ったため、書画・陶器などの比較的小さめの動産ばかり。迫力がいまいち
 スケールという面では、ルーブルの地下室に及ばないな。あそこのエジプト、メソポタミアの巨大石像のコレクションは凄い。
P1130229.JPG
 顔の濃い集団がいるなと思ったら、トルコの子どもたちでした。
P1130235.JPG
 故宮博物館は、常設展示の1号館と、企画展用の2号館がある。
P1130236.JPG
 こちらが2号館。
P1130243.JPG
 私が行った時はチベット仏教美術の企画展をやっていた。
 これは凄い!是非日本でもやって欲しい。
P1130239.JPG
 写真が撮れず残念ではあるが、ここ数年で見た展覧会の中で一番良かった。
 生と死が共存したようなおどろおどろしい仏教美術の数々。ほとんど仏像がヒンドゥー教の影響を受けており、官能的でありながら崇高である。
 これで会場内に香でも焚き込められていれば、最高なんだけど。本当にまた見たい。
P1130245.JPG
 2号館からの1号館の眺め。
P1130249.JPG
 帰りに「丸林魯肉飯」でお昼ごはん。自助餐形式はついつい沢山取っちゃうんだよね。これで180元
P1130250.JPG
 突如スコールが。
P1130253.JPG
 びしょぬれになって近くの民権西路「晴光市場」に逃げ込む。ここは小さいけれど本当の庶民の市場。心がなごみます。
P1130265.JPG
 タクシーでホテルに帰り、シャワーを浴びて昼寝。
 21時頃ひがとっぷり暮れてから再出撃だ。
 何せ明日は帰るのだから、打ち上げというか有り金を使い果たす予定。といっても残金3000元(8500円程度)
P1130266.JPG
 まずは食事と通化街をふらつく。
P1130274.JPG
 林森北路の「台南大胖担仔麺」がやっていたので、ここにしよう。
P1130257.JPG
 ここの良いところは担仔麺の店にしてはテーブルとイスが高いこと。(笑)
P1130256.JPG
 流石、日本人駐在員が大勢来る林森北路の店は、アサヒビールがあった。ウメ〜ェ!
P1130258.JPG
 この店は、豚の内臓類をつまみに飲むのが正解。担仔麺はあまり美味くない。
P1130264.JPG
 今夜の最終目的、林森北路のお店で飲むことに。
P1130270.JPG
 この辺りの高い安いは、店の格もあるが女の子のクオリティによって違いがある。
 クオリティとはルックスもあるが、まずは日本語会話能力だ。
 大体どこに行っても日本人駐在員って現地の言葉で話さないからね。
P1130271.JPG
 ということは、逆説的に日本語が堪能じゃない子を集めている店は、価格的にリーズナブルだ。
P1130275.JPG
 今回入った店は、日本語勉強中とは言うがほとんどしゃべれない子しかいないお店。
 北京語と英語のちゃんぽんでコミュニケーションして盛り上がる。
 結局2000元ぐらいだったが深夜まではじけて、あ〜楽しかった。
P1130276.JPG
 初日から林森北路に繰り出していたら、台湾一周とか行かなかったかもね・・・。
 というぐらい都会の夜は魅力的だ。明日飛行機の時間までに起きれるかな。

◇2010年夏 台湾旅行 アーカイブ
8月17日番外編 おみやげ
8月17日番外編 スクーター少女
8月17日12日目帰国
8月16日11日目故宮と林森北路
8月15日10日目宜蘭経由台北
8月14日9日目 花蓮散歩
8月14日9日目 花東公路(海線)
8月14日9日目 市場好き 台東市中央市場
8月13日8日目 台東夜遊び編
8月13日8日目 台湾で一番遠い町台東で床屋に行く
8月12日7日目 高雄散歩
8月12日7日目 国立成功大学
8月11日6日目 怪しい路地好き(台南赤崁東路)
8月11日6日目 台南散歩
8月11日6日目 台湾の中の異国(3)安平
8月11日6日目 北回帰線の街嘉義
8月10日5日目 台湾第3の都市台中
8月10日5日目 1日2000元の台湾一周旅行 路地の街鹿港
8月9日 4日目 迪化街と寧夏路夜市
8月9日 4日目 台湾の中の異国(2)天母
8月9日 4日目 台湾の中の異国(1)淡水
8月8日 3日目 港街基隆(キールン)
8月8日 3日目 小雨の九份
8月7日 2日目 夜の街林森北路
8月7日 2日目 鄭州路牛肉麺ストリート
8月6日 初日 台北到着 
posted by アサノ | 01:08 | 2010年夏 台湾旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
2010年夏 台湾旅行 10日目 宜蘭経由台北
P1130109.JPG
 おはようございます。花蓮の朝。龍興商務旅店はいいホテルでした。貧乏旅行者にはお薦め。
P1130112.JPG
 昨夜あきらめた「公正包子店」に行ってみると。
 24時間営業というが、朝から行列が出来ている。
P1130113.JPG
 しばらくして行列はテイクアウトの人で、店内で食べる人は食べたい物を紙に書いておねえさんに渡しテーブルで待てば良いことが分かった。
 行列で一緒に並んでいた若い男に聞いてもらちが明かず自分でやってたら、後からそいつもついてきた。(笑)
P1130120.JPG
 「小籠包50元」と「酸辣湯20元」。
 酸辣湯は「サンラータン」と発音していた。ほとんど味はなく自分でテーブルの酢や胡椒で調整する。
P1130124.JPG
 小籠包というよりは小さな肉マンという感じ。10個は食べきれず。
 中身よりも皮が美味しかった。
P1130126.JPG
 ただひたすら作る横から売れて行く。凄い商売だ。
P1130128.JPG
 駅に行って汽車の切符を買おうと思ったら、全然取れない。東部幹線はただでさえ本数が少ないのに、今日は日曜日か。
P1130129.JPG
 こういう時は慌ててもダメなので1時間半待って宜蘭行きの鈍行に乗る。
 こちらは誰も乗っていない。
P1130136.JPG
 約1時間ぐらいで宜蘭駅に到着。
P1130137.JPG
 ここも古い駅舎だ。好きだな〜こういうの。
P1130142.JPG
 宜蘭では1時間の待ち時間があったが、あまりに暑いので待合室で読書。
P1130173.JPG
 旅の最後は宜蘭から台北まで自強号(特急)を奮発!
P1130146.JPG
 おお、新しい自強号だ。台湾製か?
P1130167.JPG
 中もきれいです。
P1130149.JPG
 また海岸線を走る。
P1130157.JPG
 遠く見えるのは亀山島。
P1130170.JPG
 海岸線を離れると、徐々に植生が日本的に変わってくる。
P1130175.JPG
 5〜6時間かかって実質2時間ぐらいしか汽車に乗らず、台北駅に到着。
P1130180.JPG
 台北駅は巨大な建物。
P1130183.JPG
 目の前には台北のランドマーク新光三越がそびえ立つ。
P1130188.JPG
 壊寧街の「良品」で遅い昼食。
P1130185.JPG
 黄牛肉冬粉と鍋貼。良品も以前のように感動する美味さではなくなっちゃったな。鍋貼もベちゃべちゃだし。ガイドブックとかに載って人気が出過ぎたのかも。
P1130192.JPG
 大欣大飯店に戻ってきた。フロントで「お帰りなさい」だって。うれしいね
P1130197.JPG
 シャワーを浴びて、少し休んでから夕食に出る。
P1130199.JPG
 この辺りはなかなか良い店があるが、何も台湾に来て洋風の店に入ることは無い。
P1130201.JPG
 飲み屋街林森北路に並行する通化街で飲むことにする。
P1130210.JPG
 通化街は林森北路で働く人たちの食事処。
P1130205.JPG
 私が飲んでいると、ご出勤前のおねえさん方がお弁当を買いに来る。それを見ているだけでも、酒のつまみにになる。
P1130206.JPG
 学習してきて、最初はあまり頼まないようにする。
 ピータン豆腐とキュウリの酢漬けでビール。
P1130208.JPG
 途中で鶏の砂肝を頼んで、ビール2本目。
 最後は牛肉米粉でしめ。345元
P1130204.JPG
 その後林森北路をひやかして歩く。
P1130202.JPG
 明日は最終日だから、有り金持ってはじけに来ようか。
 今日はおとなしく寝ます。

◇2010年夏 台湾旅行 アーカイブ
8月17日番外編 おみやげ
8月17日番外編 スクーター少女
8月17日12日目帰国
8月16日11日目故宮と林森北路
8月15日10日目宜蘭経由台北
8月14日9日目 花蓮散歩
8月14日9日目 花東公路(海線)
8月14日9日目 市場好き 台東市中央市場
8月13日8日目 台東夜遊び編
8月13日8日目 台湾で一番遠い町台東で床屋に行く
8月12日7日目 高雄散歩
8月12日7日目 国立成功大学
8月11日6日目 怪しい路地好き(台南赤崁東路)
8月11日6日目 台南散歩
8月11日6日目 台湾の中の異国(3)安平
8月11日6日目 北回帰線の街嘉義
8月10日5日目 台湾第3の都市台中
8月10日5日目 1日2000元の台湾一周旅行 路地の街鹿港
8月9日 4日目 迪化街と寧夏路夜市
8月9日 4日目 台湾の中の異国(2)天母
8月9日 4日目 台湾の中の異国(1)淡水
8月8日 3日目 港街基隆(キールン)
8月8日 3日目 小雨の九份
8月7日 2日目 夜の街林森北路
8月7日 2日目 鄭州路牛肉麺ストリート
8月6日 初日 台北到着 
posted by アサノ | 00:11 | 2010年夏 台湾旅行 | comments(2) | trackbacks(0) |
2010年夏 台湾旅行 9日目 花蓮(ファリェン)散歩
P1130108.JPG
 ホテルに荷物を置いたら、街の探検に出る。花蓮は景勝地太魯閣への基地であるが、街自体はこれといって何がある訳でもない。
 繁華街もメインストリートの中山路と交差する中正路、斜めの中華路の三角地帯のみ。
P1130061.JPG
 ワンタンが花蓮の名物だというので街を歩いていたら、中華路に「載記扁食」という混雑している店を発見。後で調べたら「液香扁食」という店が有名で、ここはそのお孫さんらしい。
P1130060.JPG
 台東の食べ物が全然不味かったので、期待が高まる。
P1130059.JPG
 メニューは一杯60元のワンタンのみ。座れば出てくる。
 食べてみると激うま!こんな美味しいワンタン食べたことは日本でも無い。
 何というか皮はそんなには違わないのだが、具がしっかりしていて歯ごたえがあり、スープにうま味がある。
P1130063.JPG
 スープに焦がしニンニクが入っているがポイントか。
 店内だけではなく、テイクアウトもどんどん出てゆく。繁盛店なんですね。
P1130064.JPG
 もくもくと皮に餡を包む。本当に地元の人が並んでいる店は正解だ。
P1130065.JPG
 メインストリートの一角中華路。台東に比べると全然都会。その分はつまらない。
P1130082.JPG
 ここは中山路と中正路の交差点。若者が一番集まる地帯。
P1130071.JPG
 中正路寄りに若者向けの店が並ぶ。
P1130068.JPG
 すいません、あまりに暑いのでまた「マンゴーかき氷」食べてしまいました。100元
P1130070.JPG
 台東で食べた「台中多福豆花」のチェーン店だが、店構えもメニューの値段も違う。都会ってことか。
 P1130066.JPG
 中山路から路地に入る所に凄い行列を発見した。なんだなんだ
P1130067.JPG
 尋常ではない行列の先は?
P1130078.JPG
 小籠包のお店らしい。24時間営業って書いてあるから夜にでも来てみるか。
P1130088.JPG
 まだ少し物足りないので、近くの「来成排骨麺」という店に入る。
P1130086.JPG
 他の客が煮卵を頼んでいるので、私も頼んでみた。排骨螺麺と煮卵で80元。あのワンタンを食べた後なので、美味くも不味くも無し。結構混んでました。
P1130090.JPG
 お腹一杯になったのでホテルに戻り昼寝。南の国ではむやみに昼間出歩かない方が得策。
 21時を過ぎてから再度外出。どこにこんなに人がいたのかと思うぐらいの人出。熱帯の人は夜ふかしである。
P1130092.JPG
 踊る少女達発見。
P1130093.JPG
 何かのパフォーマンスなのか?あまり上手くないし可愛い子がいなかった・・・・。
P1130094.JPG
 小さな夜市。
P1130096.JPG
 先ほどの小籠包屋「公正包子」はまだ行列。どれだけ美味いんだろう?食ってみたいな〜。
P1130097.JPG
 飲み屋を発見して、ドアを開けてみるとまた中にもドアが」。小さな窓から中を見ると、きれいなおねえさんがいるような店だったので退散することに。
 最近はあまり捨て身の無茶はしなくなったな。年かな・・・。
P1130104.JPG
 ふらふらホテルの近くまで帰ってきて、鴨肉屋で飲むことにした。
P1130099.JPG
 ばあさんとおばちゃんだけの店。自分で勝手に冷蔵庫からビールを出して、ケースの中の鴨と煮卵、昆布と胡瓜の酢漬けを指さす。
P1130100.JPG
 結構美味くて、昨夜の台東の飲み屋よりは全然いけた。
P1130101.JPG
 ビール2本飲んで、最後は米粉(ビーフン)でしめて380元。昨夜が同じようなメニューで208元だったから、物価が全然違うな〜と変な関心をする。
 尚、台湾人が酔っ払っている姿というのはめった見ることはないが、飲むとうるさいのは困る。

◇2010年夏 台湾旅行 アーカイブ
8月17日番外編 おみやげ
8月17日番外編 スクーター少女
8月17日12日目帰国
8月16日11日目故宮と林森北路
8月15日10日目宜蘭経由台北
8月14日9日目 花蓮散歩
8月14日9日目 花東公路(海線)
8月14日9日目 市場好き 台東市中央市場
8月13日8日目 台東夜遊び編
8月13日8日目 台湾で一番遠い町台東で床屋に行く
8月12日7日目 高雄散歩
8月12日7日目 国立成功大学
8月11日6日目 怪しい路地好き(台南赤崁東路)
8月11日6日目 台南散歩
8月11日6日目 台湾の中の異国(3)安平
8月11日6日目 北回帰線の街嘉義
8月10日5日目 台湾第3の都市台中
8月10日5日目 1日2000元の台湾一周旅行 路地の街鹿港
8月9日 4日目 迪化街と寧夏路夜市
8月9日 4日目 台湾の中の異国(2)天母
8月9日 4日目 台湾の中の異国(1)淡水
8月8日 3日目 港街基隆(キールン)
8月8日 3日目 小雨の九份
8月7日 2日目 夜の街林森北路
8月7日 2日目 鄭州路牛肉麺ストリート
8月6日 初日 台北到着 
posted by アサノ | 00:07 | 2010年夏 台湾旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
2010年夏 台湾旅行 9日目 花東公路(海線)
P1100914.JPG
 朝市より慌てて戻り、台東のバスターミナルへ。
P1100973.JPG
 昨日ここに来て「明日のチケットをくれ、席は海が見える右窓側だからね。」と言ったら・・・・。
 「切符は当日しか売らないわよ。席は自由ふふふ。」とおばちゃんに言われてしまった。
 なので今日は早起きして、8時半のバスのチケットを7時に買った。あとは乗る時に頑張って席を取るだけ。
P1100974.JPG
 あれれ、観光客がだれもおらん・・・。
P1100984.JPG
 乗ってみたら席はガラガラ。恥・・・
P1100986.JPG
 これから約4時間のバス旅は、台湾の一番奥地というか最後まで開発が遅れた地域。
 台東から花蓮までの海岸線約170kmを花東公路(海線)と呼ぶ。
 普通の人は花東公路(山線)という、昔日本が開いた山寄りの水耕地帯を結ぶ汽車で移動する。
P1100988.JPG
 まあ、この道を行くのは物好きか本当に用事のある地元の人だけだな。
P1100991.JPG
 ず〜と美しい海岸線が続く。
P1100994.JPG
 途中の中継地点成功の街。運転手がトイレに行く間に自分も行く。売店などは無いので、台東で乗る前に買っておこう。
P1130007.JPG
 客がほとんど降りてしまったので、前の席に移動。
P1130010.JPG
 まったくの路線バスで、乗客は地元のジイバアがほとんど。
 皆知り合いらしく、運転席のまわりでうるさいうるさい。
P1130012.JPG
 徳蕾莎の村落で二度目の休憩。
P1130016.JPG
 ここはこの海線唯一の入江がある部落。
 あとはず〜とただひたすら海岸線だ。
P1130013.JPG
 ドライブイン兼民宿「徳蕾莎民宿」のトイレを借りる。
P1130014.JPG
 意外ときれいなトイレで一安心。
P1130018.JPG
 またひたすら海岸線を走る。
P1130021.JPG
 花蓮に近づくと岩場が目立ってくる。
 花蓮北方の太魯閣は珊瑚礁の海底が隆起して出来た景勝地。
 この辺りから、海岸線に皺が寄ってくる感じか。
P1130028.JPG
 一度峠を越えるとまた海に出る。
P1130030.JPG
 三度目の休憩。花蓮海洋公園。
P1130031.JPG
 花蓮まであと20分ぐらい。
P1130033.JPG
 トイレ休憩と言うよりは撮影タイムか。
P1130035.JPG
 花蓮新站(新駅)バスターミナルに到着。
P1130037.JPG
 本当は街の中心は手前の総站という所で降りなくてはいけなかったのだが、バスには観光客は乗っておらず全員汽車の駅まで来てしまった。
P1130038.JPG
 やむなく路線バスで戻る。ああ、ここさっき通った・・・・。
 バスを降りたら、花蓮は暑い!背中じりじり、吸う息が暑い。
P1130039.JPG
 総站の目印は、噴水と花蓮客運のバスターミナル。となりが安宿「金龍大旅社」。
 フロントで何度も呼んだが、誰も出てこず諦める。
P1130043.JPG
 ふらふら歩いていたら、即ホテル発見。「瑪亜旅店」。
 ちょっと高そうだがアタックしてみる。
P1130040.JPG
 1000元と高いこと言うが、外は暑いし心が折れてチェックイン。
P1130042.JPG
 まあまあ清潔だ。
P1130045.JPG
 荷物を置いて昼食に出ると、向かいにもう一軒ホテルが・・・。しかも安そう
P1130053.JPG 
 「瑪亜旅店」が休息500元で、こちら「龍興商務旅店」が390元ということは。しかも作りはしょぼいし安いに違いないと思い。
 何と言ってもInternet Freeに引かれた。聞いてみると880元とな。やった!
P1130047.JPG
 大急ぎで。「瑪亜旅店」にとって返し「不要(ブーヤオ)不要」を連発して1000元返してもらう。
 チェックインしてみると、こちらの方が広くて良い。
P1130048.JPG
 フロントの女の子は少しだけ英語が出来るし、住み替えて大成功だ。
P1130051.JPG
 ネットもばっちり!
P1130089.JPG
 エアコンとテレビが新品というのがポイント高し。

◇2010年夏 台湾旅行 アーカイブ
8月17日番外編 スクーター少女
8月17日12日目帰国
8月16日11日目故宮と林森北路
8月15日10日目宜蘭経由台北
8月14日9日目 花蓮散歩
8月14日9日目 花東公路(海線)
8月14日9日目 市場好き 台東市中央市場
8月13日8日目 台東夜遊び編
8月13日8日目 台湾で一番遠い町台東で床屋に行く
8月12日7日目 高雄散歩
8月12日7日目 国立成功大学
8月11日6日目 怪しい路地好き(台南赤崁東路)
8月11日6日目 台南散歩
8月11日6日目 台湾の中の異国(3)安平
8月11日6日目 北回帰線の街嘉義
8月10日5日目 台湾第3の都市台中
8月10日5日目 1日2000元の台湾一周旅行 路地の街鹿港
8月9日 4日目 迪化街と寧夏路夜市
8月9日 4日目 台湾の中の異国(2)天母
8月9日 4日目 台湾の中の異国(1)淡水
8月8日 3日目 港街基隆(キールン)
8月8日 3日目 小雨の九份
8月7日 2日目 夜の街林森北路
8月7日 2日目 鄭州路牛肉麺ストリート
8月6日 初日 台北到着 
posted by アサノ | 01:18 | 2010年夏 台湾旅行 | comments(1) | trackbacks(0) |
2010年夏 台湾旅行 9日目 市場好き 台東市中央市場
P1100913.JPG
 おはようございます。台東の朝。
P1100912.JPG 
 昨夜ビールを飲んでいた台東駅跡で、おばさん達がジャズダンス中。公共施設として充分活用されていると見た。
P1100923.JPG
 昨夜目をつけいていた「永和豆漿」で朝食。どこでも見る名前だけど、チェーン店なのかしら。
P1100921.JPG
 おお、豆漿を鍋で作ってるんだ。テイクアウトする人も多い。
P1100919.JPG
 温かい「豆漿」と「鍋貼」と何かの饅頭。これで75元
P1100922.JPG
 こういうお店は朝のオアシスだね。新横浜にも欲しい。
P1100924.JPG
 バスの時間まで1時間ほどあるので、街を歩いてみる。
P1100956.JPG
 昼間はあまり人が居なかった横町に野菜売りのおばさんが大勢。
P1100941.JPG
 むむ、これはくさい・・・。市場好きのアンテナが反応した。
P1100940.JPG
 ほらほら、あったじゃない「台東市中央市場」。
P1100945.JPG
 大きな建物の中にところ狭しと野菜や肉売りのお店が。う〜、わくわくするな。
P1100937.JPG
 なになに、昆布、こんにゃく・・・?
P1100934.JPG
 おお、こんなに肉屋が並んだの初めて見た。
P1100946.JPG
 全然気持ち悪くない。見るからに新鮮そうだ。
P1100962.JPG
 これは食用犬。依頼があるとその場でバラす。嘘
P1100933.JPG
 おお、これは木村さんの大好きなションヤンの酒家」そのものの絵じゃないですか。知っている人には分かる話。ちょっとこちらの方が健康的ですが・・・。
P1100931.JPG
 足が黒い鶏は「烏黒鶏」じゃないよね?
P1100949.JPG
 台東は海辺の街だから、海老や蟹もある。
P1100952.JPG
 「金柑」のジュース絞り器。
P1100958.JPG
 なにやら繁盛店発見。
P1100959.JPG
 早餐(朝ごはん)屋さんだ。なんでこんなに並ぶのか?
P1100968.JPG
 昼間は人のいない死んだような街だったのに、朝はもの凄い活気にあふれていてビックリ!
 これだけの食材を売っているということは、消費する力があるってことだ。恐るべし台東。
 おお、バスに乗り遅れそう。

◇市場好きアーカイブ
10年台東市中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1593
09年ソウル南大門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1269
08年沖縄那覇:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1180
07年台湾高雄:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1179

◇2010年夏 台湾旅行 アーカイブ
8月17日番外編 スクーター少女
8月17日12日目帰国
8月16日11日目故宮と林森北路
8月15日10日目宜蘭経由台北
8月14日9日目 花蓮散歩
8月14日9日目 花東公路(海線)
8月14日9日目 市場好き 台東市中央市場
8月13日8日目 台東夜遊び編
8月13日8日目 台湾で一番遠い町台東で床屋に行く
8月12日7日目 高雄散歩
8月12日7日目 国立成功大学
8月11日6日目 怪しい路地好き(台南赤崁東路)
8月11日6日目 台南散歩
8月11日6日目 台湾の中の異国(3)安平
8月11日6日目 北回帰線の街嘉義
8月10日5日目 台湾第3の都市台中
8月10日5日目 1日2000元の台湾一周旅行 路地の街鹿港
8月9日 4日目 迪化街と寧夏路夜市
8月9日 4日目 台湾の中の異国(2)天母
8月9日 4日目 台湾の中の異国(1)淡水
8月8日 3日目 港街基隆(キールン)
8月8日 3日目 小雨の九份
8月7日 2日目 夜の街林森北路
8月7日 2日目 鄭州路牛肉麺ストリート
8月6日 初日 台北到着 
posted by アサノ | 00:20 | 2010年夏 台湾旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
2010年夏 台湾旅行 8日目 台東夜遊び編
P1100858.JPG
 ホテルで昼寝したあと街に出る。
 どこにこんなに人がいたのかと云うぐらいの人出。熱帯の夜は長い。
P1100870.JPG
 夜市というものを考えた人は頭が良い。
 毎晩お祭りだものね。
P1100871.JPG
 台東は果物の産地。でかいスイカ。
P1100864.JPG
 これ何ですか?よく見るんだけど。ドリアンじゃないよね臭くないし。
P1100862.JPG
 これまた虫??
P1100865.JPG
 へぇ〜、金魚すくいもある。
P1100867.JPG
 カブトムシやクワガタは食べるんじゃない。子どもはどこの国でも虫が好き。
P1100872.JPG
 カットフルーツやスイカジュース3つで100元(280円)。お店の子かわいい
P1100879.JPG
 昼間から目をつけていたバーに行ってみる。
 窓からのぞいたらピンクの明かりとミニスカートの女の人が一人いたので、怖いからやめた。
P1100881.JPG
 夜市の裏にある「紅番区」は、カラオケとバーカウンター。
P1100883.JPG 
 白人が飲んでた。基本白人がいる店はぼったくりが無い。
P1100895.JPG
 駅跡にある居酒屋に行ってみた。
P1100896.JPG
 こんな感じ。ウエイトレスの女の子が可愛かったので即決で入店。(笑)
 なんで台湾って屋台や飲み屋にこんなに可愛い子がいるの?それに引き換え男は、いわゆるおっさんくさいというか全然かっこ良くない。
 異常に不公平な国だ。もったいない
P1100900.JPG
 駅のホームがビヤガーデン化していて楽しそう。
P1100884.JPG
 ウエイトレスのおねえちゃんが「サービス」と言ってどんどん料理を運んで来てくれる。
 「よっぱらいシジミ」と「酢鶏」。
P1100891.JPG
 「魷花炒芹(干したスルメイカとセロリの炒め物)」は客家の料理だそうだ。台湾料理にしては濃い目の味付け。
P1100890.JPG
 更に生ビールも2杯飲むと3杯目はただ。
 全部で208元。昼飯じゃないんだから・・・。
P1100903.JPG 
 台湾通の人は皆「台東が良い」と言う。
 確かに物価は都会の半分だし、女性はきれいで優しいし。
 私も老後は年のうち12月・1月・2月ぐらいの寒い時期はここで暮らそうかな。
 以前は沖縄にと思っていたのだが、こっちの方がいいや。

◇2010年夏 台湾旅行 アーカイブ
8月17日番外編 スクーター少女
8月17日12日目帰国
8月16日11日目故宮と林森北路
8月15日10日目宜蘭経由台北
8月14日9日目 花蓮散歩
8月14日9日目 花東公路(海線)
8月14日9日目 市場好き 台東市中央市場
8月13日8日目 台東夜遊び編
8月13日8日目 台湾で一番遠い町台東で床屋に行く
8月12日7日目 高雄散歩
8月12日7日目 国立成功大学
8月11日6日目 怪しい路地好き(台南赤崁東路)
8月11日6日目 台南散歩
8月11日6日目 台湾の中の異国(3)安平
8月11日6日目 北回帰線の街嘉義
8月10日5日目 台湾第3の都市台中
8月10日5日目 1日2000元の台湾一周旅行 路地の街鹿港
8月9日 4日目 迪化街と寧夏路夜市
8月9日 4日目 台湾の中の異国(2)天母
8月9日 4日目 台湾の中の異国(1)淡水
8月8日 3日目 港街基隆(キールン)
8月8日 3日目 小雨の九份
8月7日 2日目 夜の街林森北路
8月7日 2日目 鄭州路牛肉麺ストリート
8月6日 初日 台北到着 
posted by アサノ | 01:14 | 2010年夏 台湾旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
2010年夏 台湾旅行 8日目 台湾で一番遠い町台東で床屋に行く
P1100762.JPG
 本日は私にとっては未踏の地東部海岸の台東に行く。
 ホテルは高雄のバスターミナルのすぐ横なので、安い飯屋が沢山ある。
P1100759.JPG
 その中で、やたら茶髪のお姉ちゃん達がテイクアウトしている店で豆漿とハムエッグサンドを食べる。
 台湾の朝はやはり豆漿だよね。最近都会だとホテルの近くにお店が無いのだが、田舎に来たらこれに限る。
P1100763.JPG
 まずはバスターミナルに行ったら、台東なんて行く人は少ないらしく、1日4本ぐらいしか便が無いので諦める。
 汽車は直通の急行列車があったのでそれに乗ることに決定。
P1100781.JPG
 高雄から約3時間の汽車旅である。高雄から台東まで281元(約800円)。
P1100765.JPG
 急行列車は呂光號という。南廻りという言葉にしびれる。(笑)
P1100768.JPG
 ここのところ毎日1杯は飲む檸檬汁。
P1100767.JPG
 こちらは復興號という普通列車。
P1100769.JPG
 こちらが今回乗る急行列車呂光號。昨日乗ったのは特急列車の自強號(韓国現代製)だ。
P1100775.JPG
 なかなか快適な車内。汽車の方がバスよりも乗客同士の間隔が近くて「旅している」気分にさせる。
P1100774.JPG
 排骨飯の便當。1号車の売店まで行かなくては買えないのだが、あっという間に売り切れ。
P1100770.JPG
 隣に座った、やたら愛想のいい女の子。嘉義から夏休みで実家に帰るところだそうだ。
 ちなみに、先に彼女が自分のデジカメで二人を撮ったので、私もお返しに撮っただけです。
P1100779.JPG
 海が見えてくると、そこはもう台湾映画「海角七号」の世界。
 あれは確か恒春が舞台だったはず。
P1100782.JPG
 台東に到着。新しい駅は街とはかなり離れている。降りた客のほとんどは、街に向かわず迎えの車で海の方へ行ってしまった。
P1100783.JPG
 市街地行きのバスはと見ると、1時間に1本・・・。ビジターセンターに向かえば良いということは分かった。
P1100784.JPG
 バスターミナルの一番はずれから「市区線」というバスに乗り約20分でビジターセンター。なぜか無料だった。
P1100785.JPG
 ビジターセンターで下車。市街地の地図を貰おう。
P1100798.JPG
 ここは以前の台東駅で、新駅が出来て廃線になってしまった駅を改造したもの。
P1100799.JPG
 ギャラリーにもなっているが、いるのは犬とホームレス。
P1100794.JPG
 その近くの「金龍商務旅館」に今夜の宿をとる。
P1100786.JPG
 部屋は狭いがエアコン(音がうるさい)とADSLがあって500元。今までのラブホテル兼用よりは旅している気分。
P1100787.JPG
 バスタブ付きだが、お湯の温度が不安定。おお、南を旅している気分爆発だ。
P1100789.JPG
 ADSLは無事開通。スピードはあまり出ていないようだが、困るほどではない。
P1100791.JPG
 ドミトリーは300元と言われて、ドアの開いている部屋を覗いてみた。
 ここは2階の団体向けの部屋なのだろ。
P1100793.JPG
 こちらは1階の個室というか、多い時は詰め込まれるであろう部屋。
 私にもこれは無理・・・。
P1100801.JPG
 明日のバスの時間を確認に行く。
 花蓮客運のバスターミナルというかチケットカウンターは、ただの商店にしか見えないため一度通り過ぎる。
 時刻表はこのペラが貼ってあるだけ。花蓮に行くのは15時20分発の1本だけ。
 「海線」というのは花蓮に向けて海岸線を北上するコース。「山線」は昔日本が移民を送り込んで稲作地帯にした山寄りのコース。汽車も並走している。
P1100803.JPG
 私は約4時間の海岸線の旅をしたいと思い、ここにやってきた。
 隣にあるもう一社の鼎東客運のバスターミナル(ただの停車場)で時刻を確認すると。
 朝の6時10分・8時30分・12時40分の1日3便のみ。更に当日切符しか売らないそうだ。
P1100804.JPG
 これが台東のメインストリート中山路。地の果ての街に来た気分は悪いものではない。
P1100852.JPG
 街には果物屋さんが多い。熱帯の街だからか。
P1100853.JPG
 檳榔(ビンラン)屋さんが多い。これも南国っぽい。これ準麻薬です。
P1100826.JPG
 こういう南の街では極彩色な廟より、ゴシックなやつが良く似合う。
P1100811.JPG
 これも日本文化・・・。
P1100818.JPG
 私は海外に行くと時間があれば床屋に行く。しかも出来るだけ奥地の、鏡が割れているぐらいのローカルな床屋だ。最初に思いついたのは30年ぐらい前にスペインのセビリアでだ。セビリアの理髪師というオペラからの発想。(笑)
 私の場合は、犬が初めて来た場所におしっこしたり、泥棒が盗みに入った家にうんこして落ち着くみたいなマーキング行為かな。
 現に髪を切って、服も買って着替えると、その街に同化した気持ちになる。服というのも、着て行ったものと、現地で買うものとはなぜかどこかが違う。以前イタリアでそうしたら、日本人に会うごとに「地元の日本人ですか?」と聞かれた。エスノでいうところの「ルールの発見」なのか。どうぞお試しあれ。
P1100813.JPG
 今回の台湾行きでは、最奥地の台東で行こうと決めていた。
 思ったより近代化されて(失礼な!)いたので、探すのに苦労した。
 なんとか街のはずれで、おばちゃん4〜5人でやっている床屋を発見。髪を切ってもらう。
P1100814.JPG
 最初は怪訝な顔をしていたが、そのうち意を決したのか集まって会議を始める。
 いきなりバリカンでバリバリ刈られたが、思ったより普通。
 散髪と髭剃り、耳掃除でしめて300元。
P1100816.JPG
 髪を切ってくれたおばちゃんと、隣で髪の毛を洗っていた少女と記念撮影。パチリ
P1100817.JPG
 こちらのおばさんは、後ろの子の母親らしい。ほんの少し日本語を解す。
 妙に色っぽくて、私が髪を切っている間中隣に座って中空を見つめながら、ハ〜っとため息ばかりついていた。
 これもサービスの一種か?
P1100842.JPG
 すいません、暑いのでまた「マンゴーかき氷」食べちゃいました。台東は物価が安くて70元。
P1100843.JPG
 人気のある「広東粥」の店発見。明日朝来てみようかな。
P1100837.JPG
 後でこの店を発見して地団太踏んで悔しがる。
 私のイメージとしてはこういう感じの床屋がよろしい。外にソファがあったりして。
P1100846.JPG
 通りすがりの店で夕食。不味くてほとんど残した。
P1100854.JPG 
 ホテルの隣に「自助餐(セルフサービス)」のお店発見。明日は早いから、ここで朝飯か。

◇2010年夏 台湾旅行 アーカイブ
8月17日番外編 スクーター少女
8月17日12日目帰国
8月16日11日目故宮と林森北路
8月15日10日目宜蘭経由台北
8月14日9日目 花蓮散歩
8月14日9日目 花東公路(海線)
8月14日9日目 市場好き 台東市中央市場
8月13日8日目 台東夜遊び編
8月13日8日目 台湾で一番遠い町台東で床屋に行く
8月12日7日目 高雄散歩
8月12日7日目 国立成功大学
8月11日6日目 怪しい路地好き(台南赤崁東路)
8月11日6日目 台南散歩
8月11日6日目 台湾の中の異国(3)安平
8月11日6日目 北回帰線の街嘉義
8月10日5日目 台湾第3の都市台中
8月10日5日目 1日2000元の台湾一周旅行 路地の街鹿港
8月9日 4日目 迪化街と寧夏路夜市
8月9日 4日目 台湾の中の異国(2)天母
8月9日 4日目 台湾の中の異国(1)淡水
8月8日 3日目 港街基隆(キールン)
8月8日 3日目 小雨の九份
8月7日 2日目 夜の街林森北路
8月7日 2日目 鄭州路牛肉麺ストリート
8月6日 初日 台北到着 
posted by アサノ | 00:05 | 2010年夏 台湾旅行 | comments(2) | trackbacks(0) |
Search this site