経験デザインと食のエスノグラフィーを語る私的なブログ
IASDR 2009 5日目 あとは帰るだけ

 ついに最終日である。我々が泊まったホテルは、会場になったCOEXまで歩いて15分ぐらい、江南の繁華街までタクシーで500円ぐらいの場所にあり、とても便利だった。かなり古めのビジネスホテルだったが、ロビーでは様々な日本人関係者に会ったので、皆ここにしたのだろう。最後の頃は秋田の高校生が修学旅行で泊まっていた。たしかツインで10000円弱。
 電気の変圧器はフロントで貸し出ししてくれるが、インターネット使用料は24時間1000円ぐらい取る。ネット大国にしちゃせこくないかい?

 最終日の朝食は、手持ちのウォンが寂しくなり、空港までのタクシー代を残すためにダンキンドーナッツで済ます。

 日本のミスドと違い、自分で取る方式なので「あれあれ。」と指図しないで済むのはありがたい。

 街中でiPhoneを出すと、なんとWi-Fi環境になっている。さすが韓国!

 タクシーで金浦空港に向かう。たしか約30000W弱ぐらいだったと思う。韓国のタクシーはほとんど皮シートだ。ヨーロッパもそうであるが、高級なのでは無く耐久性があるからだそうだ。金持ちは座り心地の良いファブリックのシートに座る。日本と反対だ。肉の消費量が多いから皮が安いのか?

 漢江沿いにソウルのビル群が見える。あちらは岸は漢北になるのかな。

 金浦空港に着いたら、チェックインカウンター近くの店は高いが、奥に入って行くと庶民的なフードコートがある。シネコンもあるのでびっくり。

 2000〜5000Wで食事が出来るので、手持ちのウォンが少ない場合のお食事には良いかも。

 のり巻き(キンパブ)と辛ラーメン、トッポギが韓国風ファーストフードなのか。ラポギというのは初めて聞いたが、辛ラーメンの中にトッポギが入っているらしい。

 いや〜、お疲れさまでした。帰れば明日から授業です。さらば韓国。

IASDR 2009 初日
IASDR 2009 2日目
IASDR 2009 3日目
市場好き 09年ソウル南大門市場
IASDR 2009 4日目
怪しい路地好き(ソウル江南)
◇IASDR 2009 5日目 あとは帰るだけ

◇関連情報:未来大名塚
韓国滞在期1 IASDR編
posted by アサノ | 00:14 | 2009年秋 韓国国際学会 | comments(0) | trackbacks(0) |
怪しい路地好き(ソウル江南)


 ソウル4日目の夜はまた江南の繁華街に行き「ダッカルビ」を食べる。
 麺を入れてもらったら我が家の焼きそばのような見栄えだ。二人で7400wは安い!

 時間も早かったので、わき道の路地を散策。
 
 夜遅くにも屋台や商店がにぎわっている。

 おととい皆で食べた「ふかしまんじゅう」をまた買いに来た。トッポギやおでんを売るおばちゃんの店。あんこが甘くなく黒米で作った生地が噛むとほんのり素朴な自然食っぽい味がする。

 どんどん奥地に進む。

 野菜は日本のものと変わらないが、見た目が悪く色が濃いのが美味しそう。

 お惣菜屋さん。

 ここは、ちくわやはんぺんのような練りもの屋さんか。

 魚屋さん。太刀魚はチゲにしたりするよね。

 豚の臓物屋さん。

 凄いとうがらしの量!

 乾物屋さんの店先で普通に朝鮮人参を売っている。高いおみやげ物屋さんで買わなくても良いかも。

 おお、豚屋さん。

 豚の臓物の煮たのとかで、マッコリを一杯。こういう店は入ってみたいね。

 路地裏の少年はダンキンドーナッツ。ふかしまんじゅうとかトッポギは食べないの?

 帰りは表通りに出る。こちらは日本の街頭風景と変わらず。

 さすが!液晶大国。液晶がついた街路灯が並ぶ。

 こういう景色は、日本にいるような錯覚を起こします。

怪しい路地好きアーカイブ
新宿思い出横丁
新宿歌舞伎町
溝の口西口商店街
町田仲見世商店街

IASDR 2009 初日
IASDR 2009 2日目
IASDR 2009 3日目
市場好き 09年ソウル南大門市場
IASDR 2009 4日目
◇怪しい路地好き(ソウル江南)
IASDR 2009 5日目 あとは帰るだけ

posted by アサノ | 00:01 | 2009年秋 韓国国際学会 | comments(0) | trackbacks(0) |
市場好き 09年ソウル南大門市場

 3日目夕方、ソウルの旧市街江北(カンブク)の南大門市場(ナムデムン)に行く。
 焼失した南大門は現在修復中。

 以前あったゲートも取り払われて、なんだか寂しいですね。

 1年前の同じ場所。(昨年11月撮影)

 南大門市場は、東大門市場と並ぶソウルの2大市場のひとつ。
 東大門の方が革製品のような高級品を扱い、南大門は日本のアメ横のような庶民の市場。
 布や服飾品の卸売り市場でもある。

 買い物の途中、屋台で腹ごしらえするご婦人。

 こういうオバちゃんの店は、世界中どこに行っても賑やかです。大阪とか・・・。

 何かのサナギを炒めてました。

 おお、凄い人出。

 庶民のパワーというか・・・。最近の日本ではあまり見かけませんね。

 路地を入ると、安食堂が並ぶ。

 道端が厨房になっているのが面白い。韓国ではよく見かけます。ガスコンロを並べてチゲを作っているのでしょうか。

 南大門市場から10分ぐらい歩くと、繁華街「明洞(ミョンドン)」がある。

 こちらは、日本で言えば渋谷か原宿。

 日本からの買い物ツアー客や修学旅行生もやってくる、言ってみればソウル観光のメッカ。

 若い女の子でも、屋台で立ち食い。市場は、どこの街に行っても面白い。
 フィールドワークは、比較をすることで社会システムの相違が浮き彫りになり理解が深まる。
 南大門市場と明洞の両方を見ると、現代韓国の生活が見えるかな。
 う〜ん、まだ旅行者の目だな。もっとローカルな所に行かなくちゃ。というところで「怪しい路地好き(ソウル編)」にご期待。

◇市場好き 08年沖縄那覇:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1180
◇市場好き 07年台湾高雄:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1179

IASDR 2009 初日
IASDR 2009 2日目
IASDR 2009 3日目
◇市場好き 09年ソウル南大門市場
IASDR 2009 4日目
怪しい路地好き(ソウル江南)
IASDR 2009 5日目 あとは帰るだけ
posted by アサノ | 00:20 | 2009年秋 韓国国際学会 | comments(0) | trackbacks(0) |
IASDR 2009 3日目

 
 3日目のキーノートスピーカーは、リズ・サンダース。ユーザ参加型デザインの大家です。

 今やデザイン分野や価値は変わってしまっている。大変納得の出来る話で、私の学校でもあと5年で現在の学科構成は全て無くなると思っています。
 結局デザインの最終目的は「ユーザの良い経験」でしか無いのでしょう。

 ユーザに様々なキットを使ってもらってモックアップを制作する。こういうスライドが沢山映された。ここまでやるか!

 昨日のノーマン先生よりは、写真やダイアグラムが多く分かりやすい。

 私の理解に間違いがなければ、パペットセラピーみたいにユーザに人形を使ってもらって状況のスケッチをしているところ。
 この一人アクティングアウトは使えるかも。

 講演終了後、千葉工大のケンちゃんに「通路を隔てた席のオレンジ色の女性にガン見されてましたね。」と言われる。おお、もててるのかな?と思ったら・・・・。
 不注意でデジカメの操作音を消していなかったためでした、ごめんちゃい。

 この日は地下鉄に乗った。ソウルの地下鉄は、ハングルだらけなのでかなりハードルが高い交通機関で有名です。
 タクシーが安いので、ついついそちらに乗ってしまうのですが、運転が荒い。究極の選択みたいな。

 券売機は日本語も選べるようになっていましたが・・・・。

 面倒くさいので、Tマネーという非接触式のICカードを購入。駅のキオスクで買えるが、チャージするのは駅のチャージ専用機で行う。

 これがT-moneyカード


 これでスムーズに乗れます。後は、乗換えを間違えないこと。

 ホームは、シンガポールのようにドア付き。転落防止よりは寒さ対策でしょうか。

IASDR 2009 初日
IASDR 2009 2日目
◇IASDR 2009 3日目
市場好き 09年ソウル南大門市場
IASDR 2009 4日目
怪しい路地好き(ソウル江南)
IASDR 2009 5日目 あとは帰るだけ

posted by アサノ | 00:09 | 2009年秋 韓国国際学会 | comments(0) | trackbacks(0) |
IASDR 2009 2日目


 午前中は、昨夜の飲みすぎがたたり二日酔い。
 宣稜の駅まで歩いて朝ごはんを食べに行く。ホテルから約10分ぐらいか。

 「河東館」は70年の伝統を持つコムタン屋さん。

 出てきた味のついていない牛肉とモツのスープご飯に、カクテキの汁、塩、ネギを入れて味を調節して食べます。

 朝7時からやっていて、朝ごはんに来る人も多い。老舗なので1杯8000〜10000W(約900円)と少々お高い。

 大会2日目のキーノートスピーカーはノーマン博士。初めて生ノーマンを見ました。

 ユーザの振る舞いの話。寺沢先生が見たら喜びそう。

 大会場風景。後席のご婦人はノーマン夫人。

 夕方よりポスターセッション。千葉工大の為我井くんと松尾くんの2名が発表。

 修士2年ともなるとしっかりしたものです。松尾くんはこの方にかなり苦戦。15分ぐらい質問を受けてました。

 熱心に聴く、筑波大の韓国人留学生。英語・日本語ぺらぺら。

 ポスターのクオリティが高いので好評でした。

 ポスター終了後、ウェルカムレセプション。

 アルコール類が出ないので、早々に退散。

 弘益大学とのワークショップの展示会に来ていた未来大生と合流して、江南に打ち上げに出る。

 これは「プルコギ」の一種か。満員の店に目をつけて、入ってみたら正解でした。辛いうまいで一人10000W。

 入り口で記念撮影。

 酔っ払って、異常に上手い射撃の腕を見せる山崎先生。

 怪しい路地裏探検隊。

 屋台がずらり。

 蒸かしまんじゅうを食うまんじゅうのように可愛い未来大生。

 ネイティブな店に入店を断られるフィールドワーカー。参与観察ならず。

 どこの店も満杯なので、再び昨夜のタコ屋に入る。かなり出来上がっちゃってる顔してます。

 ナチポックン(タコ炒め)と言うらしい。近藤さんは乱れず騒がず紳士です。

 これが衝撃の一品。タコの卵のビビンパブ。プチプチした食感と、海苔の香りで、何度でも食べたくなる。

 最後はタコ屋の斜め向かい雑居ビルのBARで一杯飲んで沈没。ここは一人7000Wぐらいだった。チャージもつかず良心的。
 未来大生はちゃんと地下鉄に乗って宿に返れたか・・・・。

◇関連情報:千葉大の院生さんか?Blog of Evolutional Blue
◇山崎先生のブログ:ソウルでデザインDay2
◇千葉工大為我井くんのブログ:韓国とIASDRとポスター発表
◇千葉工大松尾くんのブログ:IASDR 2009 in 韓国
◇未来大名塚さんのブログ:韓国に行ってきました

IASDR 2009 初日
◇IASDR 2009 2日目
IASDR 2009 3日目
市場好き 09年ソウル南大門市場
IASDR 2009 4日目
怪しい路地好き(ソウル江南)
IASDR 2009 5日目 あとは帰るだけ

posted by アサノ | 00:03 | 2009年秋 韓国国際学会 | comments(2) | trackbacks(0) |
IASDR 2009 初日

 やっと落ち着いたので、改めて書きます。
 18日(日)の朝羽田から千葉工大山崎先生と発ち。昼過ぎには会場に到着。近いですね
 初めての国際学会なので、いろいろ山崎先生に教わりながらでレジストレーションを済ます

 参加費500ドルは痛いな〜。
 日本の学会と同じく、概要論文集など山ほど貰う。

 スケジュールや発表場所を確認して、初日は終わり。

 夜は、山崎先生と先乗りしていた日立インターメディックスの近藤さんご夫妻と合流して、4人で江南の繁華街(ノニョン洞のモクチャコルモック)に繰り出す。

 昼間山崎先生と探検した時に目をつけていたタコ料理屋に入る。
 メニューは2種類しか無く、焼くか炒めるかだけだ。

 まずは2人前焼いてもらう。
 韓国特有の突き出し類は山ほど出て、テーブルの上はそれで一杯。

 焼タコは辛かったので、タコのプルコギ?を2人前貰う。
 辛いが少し甘みがあり、日本人にはこちらがお薦め。

 最後にご飯を残り汁に混ぜて、平たく伸ばしてポックンパプ(炒飯)というパエリヤのようにしてくれる。焦げてカリカリになった方が美味しい。
 これにタコの卵が入ったビビンパブを1人前食べてしめだ。この間約1時間。一人当たり15000W(約1200円)程度。

 美味しかったですね〜。ここはお薦めです。

 近藤夫妻と別れた後、千葉工大の院生5名が到着。
 飛び込みで近くにあったサムギョプサル屋に入る。あまり期待もせず入ったのだが、出てきた豚の三枚肉を見てビックリ!ここも当たりか。

 この院生達とは、学部生時代からの付き合いですが。とても気のいい連中です。
 来年は神奈川方面に就職してくる子も多いそうなので、まだまだ付き合いは続きそう。

 オモニ(おかあさん)がジョキジョキとハサミで切ってくれます。
 焼いたキムチとサンチュに挟んで食べると美味い!

 やはりしめは冷麺。辛くなくてホッとする。ここも一人あたり15000Wぐらいか。

 皆で江南の繁華街をぶらつく。ここはソウルの新市街で、ほとんど観光客はいません。
 お店の値段も、観光客に人気がある旧市街江北の明洞あたりの半額ぐらいではないでしょうか。

 オフィス街や坂の多い裏通りをうろうろ歩く。酔っ払って知らない街を彷徨するのは楽しいよね〜。

 最後はビールを飲んでお開き。飲んで食ってソウルの初日は終わるのでした。
 明日から学会本番です。

◇山崎先生のブログ:ソウルでデザインDay1
◇為我井くんのブログ:韓国と焼肉とキムチ

◇IASDR 2009 初日
IASDR 2009 2日目
IASDR 2009 3日目
市場好き 09年ソウル南大門市場
IASDR 2009 4日目
怪しい路地好き(ソウル江南)
IASDR 2009 5日目 あとは帰るだけ
posted by アサノ | 00:21 | 2009年秋 韓国国際学会 | comments(0) | trackbacks(0) |
IASDR 2009 3日目 速報

 本日は会期3日目。IASDRとは、INTERNATIONAL ASSOCIATION OF SOCIETIES OF DESIGN RESEARCHの略だったのですね。デザイン研究の国際会議か。

 本日のキーノートスピーカーはオハイオ大学のリズ・サンダース女史。ユーザ参加型デザインの大家です。

 スライドが、ノーマンの時よりも具体的で分かり易かった。

 発表会場。こういうのが9部屋あり、フル回転しています。
 私も明日21日(水)の発表に備えて、ホテルで準備中。
 山崎先生以下千葉工大グループは、一仕事終えて帰国の準備中です。
 取り残されるの、私と近藤さんだけ。心細いな〜。
posted by アサノ | 00:54 | 2009年秋 韓国国際学会 | comments(0) | trackbacks(0) |
IASDR 2009に来ています

 IASDR 2009に参加のためソウルに来ています。
 大会2日目のキーノートスピーカーはノーマン博士。初めて生ノーマンを見ました。

 夕方からポスターセッションが行われ、千葉工大から参加した院生の為我井くんと松尾くんが発表。
 ポスターのクオリティが高いので好評でした。
 日本の学生は彼らだけのようでしたが、若いうちからこういう経験をするのは貴重ですね。

 今回は速報ということで、後日もう少し詳しく書きます。自分のスライド準備でいっぱいいっぱいで・・・。(汗)
posted by アサノ | 00:06 | 2009年秋 韓国国際学会 | comments(0) | trackbacks(0) |
Search this site