経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌(減薬18日目)

 おはようございます              

 6月20日(土)、病院を退院してから78日、発症してから70日目、減薬してから18日目。

 

 23時半から04時まで、一度も起きずに約4時間眠る。その後06時までうたた寝で1時間ぐらいは眠れたか。少しずつ睡眠の改善が感じられる。

 体調は、呼吸の浅さとめまい、足のふらつきがまだ残っている。

 

 コロナの後遺症を診て下さる病院を見つけた。

 まずは、私と同じ症状の人が沢山いるのが知れたこと、もう一つは治る光明がぽつりと灯ったことだ。

 ただ、注目されているので診療待ちの人が多く、予約が取れないことだ。

 問い合わせフォームで症状を伝えたところ、すぐ返信が来て。「コロナの後遺症に違いないので、すぐ診れる。」と言われ。

 大急ぎで妻に車で送って貰い、診療を受けに行った。とても親切な先生で、詳しく話を聞いてくれて。

 サイトカインストーム(免疫暴走)を抑える薬を処方して下さった。

 

 家に帰って最初の十全大補湯(体力増強)と 四逆散(気管支炎改善)2包を飲んだところ、1時間後にすさまじい眩暈と足のふらつき、呼吸の苦しさが寝るまで続き。

 慌てて先生にメールしたところ、明日までこれ以上は飲むなとの指示。

 

 やっと今日の話になりますが。

 食欲は少し戻ったかというと、外のものが食べられなくなり、妻が作った自然な味のものは喉を通る。

 ありがたいことだ。

 

 午前中は近所の行きつけの病院で点滴。生理食塩水400cc、ブドウ糖、ビタミン剤。

 こんなに入れているんだ。w

 

 点滴から​帰って来て、昼食はソース焼きそば。麺についているソースの粉末は受け付けないが、ウスターソースならいける。

 

 まだ、昨日の十全補湯の副作用は続いていて、息が苦しい、頭がくらくらする、足元がおぼつかない。

 立ち上がると、地面の底に引きずり込まれるような感覚の、強い倦怠感だ。これまでの2ヶ月間で味わったことが無いぐらい強い。

 昨年の今頃、やはり体力を補うために処方されて、激しい眩暈と、身体中の筋肉の痛みで2週間ほどで服用を中止したことがあった。

 夕食は、豚肉の生姜焼き。小皿の副菜の焼き茄子やほうれん草とワカメのおひたしなどが美味しい。

 遠方に住む娘の部屋と繋いで、一緒に食べてる。w

 

 来週は、水曜日から4日間の関西出張があり。万全の態勢で臨まなくていけないのだ。

 それまでに、この状態を抜け出ないとヤバい。。以前は1週間漢方の下剤を飲んで抜いたぐらいだ。

 本来の病気もままならないのに、薬害がいろいろあってつらい。本来の病には目まいや足のふらつきなんか無いんだもの。

 

◇ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌620日目(減薬18日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌619日目(減薬17日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌618日目(減薬16日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌617日目(減薬15日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌616日目(減薬14日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌615日目(減薬13日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌614日目(減薬12日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌613日目(減薬11日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌612日目(減薬10日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌611日目(減薬09日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌610日目(減薬08日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌609日目(減薬07日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌608日目(減薬06日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌607日目(減薬05日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌606日目(減薬04日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌605日目(減薬03日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌604日目(減薬02日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌603日目(減薬01日目)

posted by アサノ | 07:34 | 病院好き | comments(0) | - |
ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌(減薬17日目)

 おはようございます              

 6月19日(金)、病院を退院してから77日、発症してから69日目、減薬してから17日目。

 

 昨夜23時に床に入り、03時まで一度も起きずに眠る。睡眠時間約4時間だ。

 その後、06時まで床の中でうつらうつらする。咳き込まないで済んだのは幸いだ。

 体調は、耳鳴りが大きい。気分はあまり良くなく、若干頭のくらくらと足元のふらつきがある。

 咽・咳と痰は相変わらず具合悪く、胸も少し苦しい。パルスオキシメータは99/75。

 

 08時、すさまじい倦怠感が来た、気持ちが悪い。

 体温36.8度なのに、午前中にこういう状態は今までは無かったのに、なんだろう。朝食はほとんど食べれなかった。

 午前中、 ​銀行に行くために外出。

 かなりひどい目まいと足のふらつきに悩まさせられる。今までは、午前中は調子が比較的良かったのだが、今日は違う。

 特別なことって、昨日の点滴だが、生理食塩水とブドウ糖、ビタミン以外には胃の活動を活性化させる「プリンペラン注射液10mg」だけだ。薬はほんの少量でも恐ろしい。

 昨夜テレビで、英国のチャールズ皇太子が、コロナに罹ってから3ヶ月間後遺症で匂いや味覚が戻らないとやっていた。

 多くの軽症罹患者が、その後の後遺症で悩んでいるらしい。私もそれか?

 

◇ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌619日目(減薬17日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌618日目(減薬16日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌617日目(減薬15日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌616日目(減薬14日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌615日目(減薬13日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌614日目(減薬12日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌613日目(減薬11日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌612日目(減薬10日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌611日目(減薬09日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌610日目(減薬08日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌609日目(減薬07日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌608日目(減薬06日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌607日目(減薬05日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌606日目(減薬04日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌605日目(減薬03日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌604日目(減薬02日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌603日目(減薬01日目)

posted by アサノ | 07:33 | 病院好き | comments(0) | - |
ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌(減薬16日目)

 おはようございます              

 6月18日(木)、病院を退院してから76日、発症してから68日目、減薬してから16日目。(体重66.1kg)

 

 昨夜23時半から02時半までの約3時間眠り眼が覚めた。

 起きるなり、痰が絡み咳が出て息が苦しい。もう横になっても咳で眠れない。

 これはまずい。。

 寝床に横になってテレビでNetflixを観ていた。気がついたら06時になっていたから、少しうたた寝が出来たのかもしれない。

 朝食を食べたら、近所のかかりつけ医に行き、点滴を打って貰う。

 最初はコロナを疑っていて、夜間の発熱外来に来るようにとか、なんでも触らないでとか、マスクを2枚重ねにかけて下さいとか。ww

 最終的には疑いは晴れて、今度は午前の診療が終わった後に、1時間近く症状や経緯などを根掘り葉掘り聞いてくださった。

 点滴・血液検査・喉鼻の粘膜検査・心電図・レントゲンをやって貰い、9時から14時まで医院にいたことになる。

 しかし、こんなにちゃんと話を聞いて貰ったことが無かったので、本当にうれしかった。

 明日も点滴に伺うことになりました。

 

 帰って来て、14時半に昼ごはん。うな丼だ、これは食欲が涌いた。

 いきなり37.2度まで熱が上がり、今日は涼しいので3階のマットの上で安静にしている。

 やはり眠るのは恐い。

 17時になるとスケジュールされたように熱が下がり始めた。

 

 夜は隣駅まで歩いてみたが、頭のくらくらと足元のふらふらはまだ残っているようだ。

 足が結構痛く、両眼の異物感というかごろごろするのがつらい。

 

◇ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌618日目(減薬16日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌617日目(減薬15日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌616日目(減薬14日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌615日目(減薬13日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌614日目(減薬12日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌613日目(減薬11日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌612日目(減薬10日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌611日目(減薬09日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌610日目(減薬08日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌609日目(減薬07日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌608日目(減薬06日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌607日目(減薬05日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌606日目(減薬04日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌605日目(減薬03日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌604日目(減薬02日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌603日目(減薬01日目)

posted by アサノ | 07:32 | 病院好き | comments(0) | - |
ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌(減薬15日目)

 おはようございます              

 6月17日(水)、病院を退院してから75日、発症してから67日目、減薬してから15日目。

 

 昨夜23時に寝て04時まで、一度トイレに起きただけで約5時間眠れた。起きた後も05時半頃咳き込んで起きてしまうまで寝床でうとうと出来た。

 起きた時は、気分が悪く咳が出ていたが、徐々に治まりそれほどは辛くない。 

 

 朝食は雑穀のパンケーキ。胃が痛くなってからコーヒーを飲んでいない。妻のコーヒーをドリップで淹れてあげて、匂いだけ嗅ぐ。w

 食後、大急ぎで近所の皮膚科に行き、痛くて困っていた魚の目を削って貰う。芯までは取れなかったが、これでしばらくは痛くないぞ。

 ついでに、口角炎用の高純度ワセリンを貰って来た。一つの用事じゃ来ないけど、今日は上手い具合に二件あった。w

 

 昼食蒸した鶏のささみと讃岐うどん。喉の通りが良くて、何とか食べきれた。

 食事を摂れなくなって来てから、味覚が鋭くなって来て、人工的な調味料のものがだんだん受けつけなくなって来た。

 先日まで飲んでいたカフェインレスのペットボトルのお茶ももう飲めない。

 今は常温の水にレモンのかけらを入れたものだけ飲んでいる。

 

 午後からも37.2度あたりの熱が出て、痰が絡み咳が出る。

 睡眠不足で眠いのに、うとうとすると咳き込んで目が覚める。無理をして目を開け続けているのが、本当につらい。

 今日は、今までで一番咳が出る。離脱症状で免疫が落ちて喉が敏感になっているせいか。

 眠れない、食事を摂れない、水分摂れないという、今までで一番危機的状況なのかもしれない。

 休憩すると眠くなるので、ひたすらPCに向かって仕事をしている。そうすると目が痛くなり、焦点が合わなくなってくる。

 今夜は眠れるのだろうか?本当に、今まで何とか断薬してきた薬に手を出しそうだ。

 

 夕方になり36.9度まで下がり、少し楽になった。

 慶應病院から電話があり、6月29日(月)に行くことになった。私の状態を見て他の科での診療も考えて下さるそうだ。

 ここに来るまでに、2ヶ月以上かかった。大学病院というのは、アジャイルの反対だね。

 夕食は生姜焼き。美味しいな、よ〜く噛んで完食。家の食べ物は、味が自然で食べやすい。市販の食品は化学調味料や甘さや塩辛さがきつくてダメだ。

 

 夜寝る前に、床の上でテレビを観ていてうたた寝をした瞬間咳込んで一瞬息が出来なくなり飛び起きる。

 これはまずい。気持が落ち着くのを待って、23時半ブロチゾラムOD錠1/4と久しぶりに龍角散ダイレクトを飲んで強制的に眠る。

 

◇ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌617日目(減薬15日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌616日目(減薬14日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌615日目(減薬13日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌614日目(減薬12日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌613日目(減薬11日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌612日目(減薬10日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌611日目(減薬09日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌610日目(減薬08日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌609日目(減薬07日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌608日目(減薬06日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌607日目(減薬05日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌606日目(減薬04日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌605日目(減薬03日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌604日目(減薬02日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌603日目(減薬01日目)

posted by アサノ | 07:34 | 病院好き | comments(0) | - |
ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌(減薬14日目)

 おはようございます              

 6月16日(火)、病院を退院してから74日、発症してから66日目、減薬してから14日目。

 

 昨夜23時から今朝04時半まで、3度起きたがなんとか5時間近く眠れた。02時に目が覚めた時には「ここまでか」と思ったが。

 なんとか眠り、減薬前の睡眠時間に近くなってきた。

 目が覚めた後は、気分が悪く不安感がある、耳鳴り、喉と胸の息が苦しい。ただ昨日までの頭のくらくらや、足のふらふらは少し減った気がする。

 離脱症状が少し改善してきたのか、それともまた揺り戻しがあるのか、手放しでは喜べない。

 

 ◇大塚製薬のWebより

 一つだけ、東京に戻って来て顕著なのは、あの滝のように出たおしっこが減ったことだ。

 調べてみたら、水分だけを摂るのは良くなくて、体内の塩分などの体液濃度が薄まると、身体が濃度を調節するために水分を放出してしまうそうだ。

 これでは、いくら水を飲んでもジャージャーおしっこで出てしまうわけだ。

 ということは、食物由来の水分やスポーツ飲料のようなもので補水をしないといけない理由が分かった。

 でもまだ食べ物も水分を摂るのもつらい。薬を飲むつもりで無理やり口に入れている。

 鏡で見たら、舌が真っ白だった。胃が相当疲れているのか。唇の横も切れて来た、口角炎か。

 

 朝ごはんは、おにぎりにして貰って食べた。

 これならパンより食べれる。

 

 午前中からオンラインミーティング。

 点滴を受けていても、仕事はストップする訳にはいかないので頑張る。

 

 午後になって、また熱が出てきた。喉に痰が絡み、胸が痛い。睡眠不足で眠りたくても、咳き込むので目を閉じれない。拷問だ。

 睡眠薬の離脱症状と、まだまだ続く発熱と呼吸器疾患はいつまで続くのか。

 もう日に日に体力が削られて行くので、治るイメージが抱けない。

 

◇ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌615日目(減薬13日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌614日目(減薬12日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌613日目(減薬11日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌612日目(減薬10日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌611日目(減薬09日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌610日目(減薬08日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌609日目(減薬07日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌608日目(減薬06日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌607日目(減薬05日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌606日目(減薬04日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌605日目(減薬03日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌604日目(減薬02日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌603日目(減薬01日目)

posted by アサノ | 07:34 | 病院好き | comments(0) | - |
ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌(減薬13日目)

 おはようございます              

 6月15日(月)、病院を退院してから73日、発症してから65日目、減薬してから13日目。

 

 昨夜22時半に床に就き、04時まで2回トイレに起きて、約5時間の睡眠。連日4時間が続いていたので、良かったと思う。

 起きて、気分はあまり良くない、熱っぽく倦怠感強い、頭くらくら、足元ふらふら、息が浅く、耳鳴りが大きい。

 一番やばいのは、水を飲むのが辛いのと、食欲がまったく無いことだ、胃液が喉元まで来ている感じ。今までで一番まずい状態だ。

 

 命の危険を感じたので、京都の部屋の近くにある病院に転がり込んだ。

 親切な先生で、心電図、血液検査、尿検査、生理食塩水の点滴と、いろいろ原因を探って下さった。

 ちょっとだけ元気になって、部屋の冷蔵庫に入っていたものを食べてみた。どうも胃が悪いというよりは、口の中や舌が荒れてる感じだ。

 また来週来ることを約束して、午後の新幹線で東京に戻る。

 新幹線は凍えるぐらいエアコンが寒すぎるし、都内はうだるような暑さで、もうへとへとだ。

 

 昨日読んだ明石医療センターの資料では

 離脱症状の発⽣時期:短時間作⽤型(ブロチゾラムOD錠はこれに入る)

 ・1〜2⽇後に始まり、2〜4週間持続

 だそうである、現在2週間経ったので、あと2週間の辛抱だ。
  

◇ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌615日目(減薬13日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌614日目(減薬12日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌613日目(減薬11日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌612日目(減薬10日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌611日目(減薬09日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌610日目(減薬08日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌609日目(減薬07日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌608日目(減薬06日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌607日目(減薬05日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌606日目(減薬04日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌605日目(減薬03日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌604日目(減薬02日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌603日目(減薬01日目)

posted by アサノ | 07:34 | 病院好き | comments(0) | - |
ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌(減薬12日目)

 おはようございます              

 6月14日(日)、病院を退院してから72日、発症してから64日目、減薬してから12日目。

 外は大雨で、気温は涼しめだが湿度は89%。

 

 昨夜22時半に寝て、途中一度起きて02時半まで、約4時間弱の睡眠。早く自然にぐっすり眠りたい。

 息が苦しく、目がチカチカ、耳鳴りが大きい。立ち上がると、足がふらつくしめまいもする。

 02時半に起きてから06時までに、もうすでに6回トイレに行き毎回沢山のおしっこが出た。それが一番怖い。

 水を飲むのが追いつかない。

 朝食は、まったく食欲が無く。今まで食べれたチーズやゆで卵も喉を通らない。

 

 今まであったIDEEのソファを、昨日新しい事務所に持って行ってしまったので。

 

 昨日午後から、アーロンチェアに座ってチェストに足を投げ出した状態で休んでいる。

 これはきつくて、早めに新しいソファを買わないといけないな。

 

 明日東京に帰るための宅急便を出しに行ったついでに、娘のマンションに寄ってみた。

 昼食にソース焼きそばを作って貰い完食。まだ食べることが出来ると勇気づけられた。

 しかし外を歩くとめまいでかなりつらい、自分の部屋まで帰れるのかと思った。

 

 14時ぐらいから昼寝を試みるが、うとうととすると咳き込むというトラウマで、目を閉じることができない。

 映画で、目を開けたままにする機械で眠らせない拷問があったが、まさにそれで。眠いのに無理やり目を閉じれないというのは拷問だ。

 15時頃から熱が上がって来て苦しくなってきた。熱や咳が出るということは離脱症状だけじゃないということだよね。

 こうなると、2年前のデパスの離脱症状の方が体が健康体であっただけに、今から思うと楽だった気がする。

 でも、今回はうかつに常用してしまったのではなく、これが無かったら咳で寝ることが出来なかったからだ。今でもそうだ。

 病の方も治さないと、何時になってもブチゾラムOD錠とは縁が切れない。

 

治療⽤量で⻑期使⽤している ベンゾジアゼピン受容体作動薬の 減量について

 

◇ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌614日目(減薬12日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌613日目(減薬11日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌612日目(減薬10日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌611日目(減薬09日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌610日目(減薬08日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌609日目(減薬07日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌608日目(減薬06日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌607日目(減薬05日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌606日目(減薬04日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌605日目(減薬03日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌604日目(減薬02日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌603日目(減薬01日目)

posted by アサノ | 07:34 | 病院好き | comments(0) | - |
ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌(減薬11日目)

 おはようございます              

 6月13日(土)、病院を退院してから71日、発症してから63日目、減薬してから11日目。

 

 昨夜22時に床につき、朝4時までの間寝たり起きたりを繰り返し、5時間ぐらいは眠れたようだ。 

 起きてからは倦怠感が強く息苦しい、目の焦点が合わずちかちかする、眠ることも出来ずソファで横になっている。(体温37.2度)

 怖いのは、おしっこがやたら出て水分を摂るのが追いつかないことと、まったく食欲がなくなって来たことだ。

 京都に来てから症状が悪化してきたようだ、やはり仕事復帰はまだ早かったのか、それとも一人暮らしは無理なのか。

 今日は土曜日、明後日まで病院もやっていない。また行けたとしても、複雑過ぎてなんて説明しようか。不安だ。

 

 お昼に外に出たら、めまいがして倒れそうになる。かなりヤバいというか、倦怠感という生易しいものでは無い、高熱が出た時みたいだ。

 東京の先生に電話してSOSを求める。まずは、京都での手持ちの薬は紫胡加竜牡蛎湯しかなく、1包(1.875g)だと体力が無く効きすぎるので、1/4包(約0.5g)を4時間おきに飲むようにと指示を頂く。

 熱を計ったら37.1度しかないので、いったい何なのだろうか?コロナの後遺症、睡眠薬の離脱症状、熱中症。。

 

 夕方になって、更に辛くなった。もう月曜の朝まで病院はやっていない。

 外は大雨で部屋の温度は25〜26度、湿度85%なのだが、額に汗をかいて、めまいがする、体温は37.0度だがこれって熱中症脱水症状なのかも。

 今日の水分は、いろはす1.5Lとアクエリアス500ccで2L飲んだ。これでも足りないのか。

 

 

紫胡加竜牡蛎湯の副作用に、まれに重篤な症状が起こることがあります。

 「間質性肺炎」階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。

 この漢方薬も長期間服用し続けているが、症状が似ている。

 

 

◇ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌613日目(減薬11日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌612日目(減薬10日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌611日目(減薬09日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌610日目(減薬08日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌609日目(減薬07日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌608日目(減薬06日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌607日目(減薬05日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌606日目(減薬04日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌605日目(減薬03日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌604日目(減薬02日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌603日目(減薬01日目)

posted by アサノ | 07:33 | 病院好き | comments(0) | - |
ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌(減薬10日目)

 おはようございます              

 6月12日(金)、病院を退院してから70日、発症してから62日目、減薬してから10日目。(体重66.5kg)

 

 昨夜23時にブチゾラムOD錠1/4を飲んで横になってから今朝3時半まで寝たり起きたりを繰り返し、約4時間の睡眠。

 起きてから、倦怠感が強くソファで横になっているが、眠気がさすと咳が出て眠ることができない。心拍数が常時高い。

 トイレに何度も行っておしっこがどんどん出るが、水分を摂るペースが追い付かない。どこからこの水分は出るんだろう?

 

 午後より草津の企業で5時間のコンサルティングの予定。なんとかクライアントに迷惑をかけずに全うしたい。

 

 会場は、上手い具合に三密を避ける仕掛けだ。長時間マスク着用で話すのはつらい。

 気温が高くならなければ良いな。怖いのは脱水と睡眠不足による熱中症だ。

 

 昨夜と今日の午前中の倦怠感と頭のくらくらする症状が一番つらかった。

 本日、仕事をしていて夕方にかかったあたりで、スッと倦怠感が和らいだ。

 確かに足のふらふらや、耳鳴りなどは続いているが、少しだけ薬が抜けたのかも。

 なにしろ、日に10回以上のおしっこがでる、量もかなり多い。

 毎日快便だし、これは身体がデトックスとして排出をしているのかと思ったが。。

 

 21時頃から揺り戻しが来た。咳が出始めて、痰が絡む。

 それでも、ブロチゾラムOD錠1/4飲んだら瞬時に眠った。なんだかぞっとする。

 

◇ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌612日目(減薬10日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌611日目(減薬09日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌610日目(減薬08日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌609日目(減薬07日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌608日目(減薬06日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌607日目(減薬05日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌606日目(減薬04日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌605日目(減薬03日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌604日目(減薬02日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌603日目(減薬01日目)

 

コロナウィルスとの闘い

2020年06月:コロナウィルスとの闘い日誌602日目(発症52日目)

2020年06月:コロナウィルスとの闘い日誌601日目(発症51日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌600日目(発症50日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌599日目(発症49日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌598日目(発症48日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌597日目(発症47日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌596日目(発症46日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌595日目(発症45日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌594日目(発症44日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌593日目(発症43日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌592日目(発症42日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌591日目(発症41日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌590日目(発症40日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌589日目(発症39日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌588日目(発症38日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌587日目(発症37日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌586日目(発症36日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌585日目(発症35日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌584日目(発症34日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌583日目(発症33日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌582日目(発症32日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌581日目(発症31日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌580日目(発症30日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌579日目(発症29日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌578日目(発症28日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌577日目(発症27日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌576日目(発症26日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌575日目(発症25日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌574日目(発症24日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌573日目(発症23日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌572日目(発症22日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌571日目(発症21日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌570日目(発症20日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌569日目(発症19日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌568日目(発症18日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌567日目(発症17日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌566日目(発症16日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌565日目(発症15日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌564日目(発症14日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌563日目(発症13日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌562日目(発症12日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌561日目(発症11日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌560日目(発症10日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌559日目(発症9日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌558日目(発症8日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌557日目(発症7日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌556日目(発症6日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌555日目(発症5日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌554日目(発症4日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌553日目(発症3日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌552日目(発症2日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌551日目(ついに発症!

2020年04月:坐骨神経痛回復日誌549日目(やはりコロナに罹っていたか?)

2020年04月:坐骨神経痛回復日誌546日目(久しぶりに不安でまんじりともしない夜)

 

坐骨神経痛回復日誌

2020年04月:坐骨神経痛回復日誌543日目(全身麻酔と酸素吸入)

2020年04月:坐骨神経痛回復日誌542日目(急遽コロナで退院することに)

2020年04月:坐骨神経痛回復日誌540日目(手術の為に入院しました)

posted by アサノ | 07:34 | 病院好き | comments(0) | - |
ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌(減薬09日目)

 おはようございます              

 6月11日(木)、病院を退院してから69日、発症してから61日目、減薬してから9日目。

 

 22時〜05時半の間、眠ったり起きたりを繰り返して5時間ほど寝れたようだ。あれだけ疲れても熟眠は出来ないんだな。

 めまい、倦怠感、目の焦点が合わない、大きな耳鳴りなどはあるが、最悪だった昨日よりは少しはましかも。 

 昨日の講演でしゃべり続けて痛くなった、気管支から胸の痛みは少しだけある。呼吸は少し苦しい。

 

 昨日6月10日は大阪の企業さんで、2時間半の講演と、2時間半のワークショップを行った。

 行くまでは、部屋の中にいても体調不良に輪をかけて寝不足で、途中で熱中症や貧血とかで主催者にご迷惑をかけてしまいそうな状況だった。

 

 特に講演は話し続けなくてはいけないので、喉と気管支に相当負担がかかった。ドーパミンが出ているのか、話している時は平気なのだが、休憩時間にぐったりくる。

 なんとかワークショップ(アクリル板で仕切りあり)までやり切ったのが18時で、京都の部屋まで1時間半かけて帰った。夕食は途中の餃子の王将でテイクアウト。

 

 今日は終日京都なので、気分が楽だ。また明日12日に、今度は草津で5時間のコンサルティングがある。じっくり体力回復しないとやばい。

 朝食後、もの凄い倦怠感と呼吸の苦しさに襲われる。地面の奥底に引きずり込まれるようだ。体温は計ったら37.0度。

 いったい何なのだろう。ソファで1時間ぐらいじっとしていたら、少し治まった。食後の血糖値上昇が原因なのか。

 

 ほぼ1日中、京都の部屋でおとなしくしている。やたら口の中が渇くのだが、喉が渇いているのではない。

 ブロチゾラムOD錠0.25mgの副作用に口渇というのがあるが、これがそうか。その他にもめまいや倦怠感、不眠、呼吸困難、発熱というのもある。

 まさに今の状態だ。いったいいつになったら依存症・離脱症状を抜け出せるのだろうか?

 そういえば、一番最初にこのことを自分で「禁断の眠剤」と呼んでいたな。本当にその通りだった。

 

◇ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌611日目(減薬09日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌610日目(減薬08日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌609日目(減薬07日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌608日目(減薬06日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌607日目(減薬05日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌606日目(減薬04日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌605日目(減薬03日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌604日目(減薬02日目)

2020年06月:ベンゾジアゼピン系の依存症との闘い日誌603日目(減薬01日目)

 

コロナウィルスとの闘い

2020年06月:コロナウィルスとの闘い日誌602日目(発症52日目)

2020年06月:コロナウィルスとの闘い日誌601日目(発症51日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌600日目(発症50日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌599日目(発症49日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌598日目(発症48日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌597日目(発症47日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌596日目(発症46日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌595日目(発症45日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌594日目(発症44日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌593日目(発症43日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌592日目(発症42日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌591日目(発症41日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌590日目(発症40日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌589日目(発症39日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌588日目(発症38日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌587日目(発症37日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌586日目(発症36日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌585日目(発症35日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌584日目(発症34日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌583日目(発症33日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌582日目(発症32日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌581日目(発症31日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌580日目(発症30日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌579日目(発症29日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌578日目(発症28日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌577日目(発症27日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌576日目(発症26日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌575日目(発症25日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌574日目(発症24日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌573日目(発症23日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌572日目(発症22日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌571日目(発症21日目)

2020年05月:コロナウィルスとの闘い日誌570日目(発症20日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌569日目(発症19日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌568日目(発症18日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌567日目(発症17日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌566日目(発症16日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌565日目(発症15日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌564日目(発症14日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌563日目(発症13日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌562日目(発症12日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌561日目(発症11日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌560日目(発症10日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌559日目(発症9日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌558日目(発症8日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌557日目(発症7日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌556日目(発症6日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌555日目(発症5日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌554日目(発症4日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌553日目(発症3日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌552日目(発症2日目)

2020年04月:コロナウィルスとの闘い日誌551日目(ついに発症!

2020年04月:坐骨神経痛回復日誌549日目(やはりコロナに罹っていたか?)

2020年04月:坐骨神経痛回復日誌546日目(久しぶりに不安でまんじりともしない夜)

 

坐骨神経痛回復日誌

2020年04月:坐骨神経痛回復日誌543日目(全身麻酔と酸素吸入)

2020年04月:坐骨神経痛回復日誌542日目(急遽コロナで退院することに)

2020年04月:坐骨神経痛回復日誌540日目(手術の為に入院しました)

posted by アサノ | 07:33 | 病院好き | comments(0) | - |
Search this site