経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
脳震盪後遺症回復日誌300日目(侵襲とは)

 URL:https://www.fnn.jp/posts/00047530HDK/201908021417_MEZAMASHITelevision_HDK

 8月5日(月)、最近ニュースでネプチューンの名倉潤さんが、ヘルニアによるうつ病を発症し2か月休養を発表したというのを聞いた。

 そこで耳慣れない「侵襲」という言葉が出て来て、何だろうと思ったら。

 侵襲とは、「病気」「怪我」だけでなく「手術」「医療処置」のような、「生体を傷つけること」すべてを指す。
 なぜなら、病態であれその治療であれ、侵襲に対する生体の反応は同じであり、それを知らずして(侵襲を以て)人を治療することはできないからである。Wikipedia
 要するに、手術も怪我も身体にとっては、ダメージを与えるという意味では同じということなのだ。
 これは分かるな〜。人は体に一度メスを入れると体力が一割減ると言う。
 体力が減るならまだ良いが、私のようになんらかの後遺症が残るようなものであったら、うつ病にもなるわな。

 テレビでゲストに「キンタロー」が出て、頸椎ヘルニアの話をしていたが、今でも右手の痺れは残ると言う。

 私も結局は頸椎損傷で、整形外科の先生からは「手術をするほどじゃない」と言われたのでほっとしているが。

 左手の麻痺は未だに良くならず、苦しい思いをしている。

 昨日も、明け方目が覚めて咳が出て寝付けなくなった時に、突然すさまじい不安感に苛まれて、寝床にいられず早朝の京都の街をうろついた。そうしないと息が出来ないのだ。

 そのまま事務所に行き、ソファで少し休んでうつらうつら出来たので、事なきを得たのであるが。

 こういう突然の発作や、眠れないというものは今でも時々起きる。

 騙しながら付き合って行くしかないのは、かなりのストレスではある。

 

◇脳震盪後遺症回復日誌

2019年08月:脳震盪後遺症回復日誌300日目(侵襲とは)

2019年07月:脳震盪後遺症回復日誌267日目(鍼に行って来た)

2019年06月:脳震盪後遺症回復日誌247日目(食後高血糖を疑う)

2019年05月:脳震盪後遺症回復日誌230日目(症状が固定して来た)

2019年05月:脳震盪後遺症回復日誌204日目(台北で気功治療を受けた)

2019年04月:脳震盪後遺症回復日誌184日目(地獄からの生還)

2019年03月:脳震盪後遺症回復日誌154日目(揺り戻しか)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌133日目(再び整体へ)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌126日目(目の回復状況)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌125日目(紀平梨花 左手薬指亜脱臼)

2019年01月:脳震盪後遺症回復日誌109日目(整体に行ってみた)

 

◇デパス減薬日誌

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(人間ドックに行って来た)

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(ひとつの区切り)

2019年01月:デパス減薬日誌88日目(これは脳震盪の後遺症なんじゃないか)

2018年12月:デパス減薬日誌78日目(南の島に行って思ったこと)

2018年12月:デパス減薬日誌63日目(ぶり返した)

2018年11月:デパス減薬日誌48日目(海外出張してきた)

2018年11月:デパス減薬日誌38日目(そうは問屋が卸さなかった)

2018年11月:デパス減薬日誌32日目(うつ病の野良猫はいない)

2018年11月:デパス減薬日誌27日目(運動療法に努める)

2018年10月:デパス減薬日誌18日目(流れに身を任せる)

2018年10月:デパス減薬日誌16日目(三歩進んで二歩下がる)

2018年10月:デパス減薬日誌14日目(光明が見えてきた) 

2018年10月:デパス減薬日誌12日目(物忘れが激しすぎる)

2018年10月:デパス減薬日誌10日目(仕事はしてます)

2018年10月:デパス減薬日誌8日目(出張で京都に来た)

2018年10月:デパス減薬日誌5日目(世界はドラッグであふれている)

2018年10月:デパス減薬日誌4日目(離脱症状がつらい)

2018年10月:減薬に変更した

2018年10月:断薬をしようと思ったきっかけ

2018年08月:病再び

 

posted by アサノ | 07:33 | 病院好き | comments(0) | trackbacks(0) |
脳震盪後遺症回復日誌267日目(鍼に行って来た)

IMG_2919.jpg

 7月03日(水)267日目、久しぶりの成城学園に来た。

 ここにあるのが今をときめくおしゃれスーパー「成城石井」の創業の地。w

IMG_2910.JPG

 ここに、もう30年以上通っている鍼の治療院がある。

 先日漢方薬の先生と話していて「鍼はいいかもよ?」と言われたので、久しぶりに来てみた。

 私の主治医は先代のおばあさん先生だったのだが、最近では息子の嫁が跡を継いで腕を振るっている。

 ここで施術して貰うと、その時は「なんだ、全然かわんねーな。」と思うのだが、2〜3日経ってふと気が付くと痛みが消えていたみたいな経験を何度もしている。

 今回も、耳鳴りが小さくなって、左手の麻痺も痛くなくなり、右側のお尻から腰にかけての痛みも少なくなった。

 朝起き上がるのが辛かったが、全然快調だ。

 先生曰く「リンパ腺がだいぶ詰まっていた。」んだそうである。

 なんだ、最初からここに来れば良かったのかも。w

 

◇脳震盪後遺症回復日誌

2019年07月:脳震盪後遺症回復日誌267日目(鍼に行って来た)

2019年06月:脳震盪後遺症回復日誌247日目(食後高血糖を疑う)

2019年05月:脳震盪後遺症回復日誌230日目(症状が固定して来た)

2019年05月:脳震盪後遺症回復日誌204日目(台北で気功治療を受けた)

2019年04月:脳震盪後遺症回復日誌184日目(地獄からの生還)

2019年03月:脳震盪後遺症回復日誌154日目(揺り戻しか)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌133日目(再び整体へ)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌126日目(目の回復状況)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌125日目(紀平梨花 左手薬指亜脱臼)

2019年01月:脳震盪後遺症回復日誌109日目(整体に行ってみた)

 

◇デパス減薬日誌

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(人間ドックに行って来た)

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(ひとつの区切り)

2019年01月:デパス減薬日誌88日目(これは脳震盪の後遺症なんじゃないか)

2018年12月:デパス減薬日誌78日目(南の島に行って思ったこと)

2018年12月:デパス減薬日誌63日目(ぶり返した)

2018年11月:デパス減薬日誌48日目(海外出張してきた)

2018年11月:デパス減薬日誌38日目(そうは問屋が卸さなかった)

2018年11月:デパス減薬日誌32日目(うつ病の野良猫はいない)

2018年11月:デパス減薬日誌27日目(運動療法に努める)

2018年10月:デパス減薬日誌18日目(流れに身を任せる)

2018年10月:デパス減薬日誌16日目(三歩進んで二歩下がる)

2018年10月:デパス減薬日誌14日目(光明が見えてきた) 

2018年10月:デパス減薬日誌12日目(物忘れが激しすぎる)

2018年10月:デパス減薬日誌10日目(仕事はしてます)

2018年10月:デパス減薬日誌8日目(出張で京都に来た)

2018年10月:デパス減薬日誌5日目(世界はドラッグであふれている)

2018年10月:デパス減薬日誌4日目(離脱症状がつらい)

2018年10月:減薬に変更した

2018年10月:断薬をしようと思ったきっかけ

2018年08月:病再び

 

posted by アサノ | 07:31 | 病院好き | comments(0) | trackbacks(0) |
脳震盪後遺症回復日誌247日目(食後高血糖を疑う)

P1055844.JPG

 06月13日(木)247日目。

 テレビで観ていたら「隠れ低血糖」というのをやっていた、食後のもの凄い眠気と鉛のように重い体はかくれ糖尿病(食後高血糖)なのではないかと疑う?  

IMG_2518.jpg 

 翌06月14日(金)より福岡に出張だ。

 美食の街への出張という最悪のタイミングだが、試しに昼食は糖質を減らして行こうと思う。

 福岡到着後、昼ごはんは博多ラーメンでも無くごぼ天うどんでもなく。w

 いきなりステーキでごはん無しのサラダとステーキだけにしたら、その後のセミナーで眠くならなかった。w

 今後は出来るだけ糖質を減らしてみようと思う。

 

◇現在の症状

・耳鳴り大きい

・左手から中指にかけての麻痺強い(神経痛になるのが怖い)

・日に何度か襲ってくる鉛のように重い体

・もの凄い眠気と不眠の繰り返し

 

◇脳震盪後遺症回復日誌

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌133日目(再び整体へ)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌126日目(目の回復状況)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌125日目(紀平梨花 左手薬指亜脱臼)

2019年01月:脳震盪後遺症回復日誌109日目(整体に行ってみた)

 

◇デパス減薬日誌

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(人間ドックに行って来た)

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(ひとつの区切り)

2019年01月:デパス減薬日誌88日目(これは脳震盪の後遺症なんじゃないか)

2018年12月:デパス減薬日誌78日目(南の島に行って思ったこと)

2018年12月:デパス減薬日誌63日目(ぶり返した)

2018年11月:デパス減薬日誌48日目(海外出張してきた)

2018年11月:デパス減薬日誌38日目(そうは問屋が卸さなかった)

2018年11月:デパス減薬日誌32日目(うつ病の野良猫はいない)

2018年11月:デパス減薬日誌27日目(運動療法に努める)

2018年10月:デパス減薬日誌18日目(流れに身を任せる)

2018年10月:デパス減薬日誌16日目(三歩進んで二歩下がる)

2018年10月:デパス減薬日誌14日目(光明が見えてきた) 

2018年10月:デパス減薬日誌12日目(物忘れが激しすぎる)

2018年10月:デパス減薬日誌10日目(仕事はしてます)

2018年10月:デパス減薬日誌8日目(出張で京都に来た)

2018年10月:デパス減薬日誌5日目(世界はドラッグであふれている)

2018年10月:デパス減薬日誌4日目(離脱症状がつらい)

2018年10月:減薬に変更した

2018年10月:断薬をしようと思ったきっかけ

2018年08月:病再び

 

posted by アサノ | 07:37 | 病院好き | comments(0) | trackbacks(0) |
脳震盪後遺症回復日誌230日目(症状が固定して来た)

IMG_213.jpg

 05月27日(月)230日目。

 いつも行く漢方の先生の所に行って来ました。

 整形外科の方は、いくら通っても電気をかけるだけで、診察を受けると「だんだん良くなって来た。」しか言わないので、もう通うのをやめました。平日昼間に行くのは相当な負担なのです。

 これからは、漢方・整体の二本立てで行こうと思っています。

 その理由は、どうも症状が固定してきたようなのです。

 現在の症状は

 ・耳鳴り(また大きくなってきた)

 ・左手の麻痺(結構痛くて、日に何回かものを取り落とす)

 ・地の底に引き込まれるような疲労感(体力が半日持たない)

 ・左目の異物感(目が疲れると症状が出る)

 ちょっと手詰まりというか、このまま慣れて行くしかないのか?

IMG_7782.JPG

 前回採った血液の検査では、肝臓の数値(ALP値)が悪い。

 肝臓はアルコールだけでは無くて、身体の障害が全て負担になるそうである。

 骨折してもALP値は悪くなるそうだ。

 今回の処方は体力回復と夜寝れるようにというもの。

 これで1か月試してみる。

 漢方薬はそれぞれの人に合う薬草を見つけるのが大変だ。

 

PS:

 上の写真で、先生の右側にビデオカメラが見えるでしょうか?

 有名な先生なので、今日はTV取材が入っていて、急遽私も患者役で出演。w

 「もっと病んだ顔をしましょうか?」と聴いたら「そのままで結構です」だそうでした。ww

 前夜「白い巨塔」を観たばかりだったので、もう少し演じたかった。www

 

◇脳震盪後遺症回復日誌

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌133日目(再び整体へ)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌126日目(目の回復状況)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌125日目(紀平梨花 左手薬指亜脱臼)

2019年01月:脳震盪後遺症回復日誌109日目(整体に行ってみた)

 

◇デパス減薬日誌

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(人間ドックに行って来た)

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(ひとつの区切り)

2019年01月:デパス減薬日誌88日目(これは脳震盪の後遺症なんじゃないか)

2018年12月:デパス減薬日誌78日目(南の島に行って思ったこと)

2018年12月:デパス減薬日誌63日目(ぶり返した)

2018年11月:デパス減薬日誌48日目(海外出張してきた)

2018年11月:デパス減薬日誌38日目(そうは問屋が卸さなかった)

2018年11月:デパス減薬日誌32日目(うつ病の野良猫はいない)

2018年11月:デパス減薬日誌27日目(運動療法に努める)

2018年10月:デパス減薬日誌18日目(流れに身を任せる)

2018年10月:デパス減薬日誌16日目(三歩進んで二歩下がる)

2018年10月:デパス減薬日誌14日目(光明が見えてきた) 

2018年10月:デパス減薬日誌12日目(物忘れが激しすぎる)

2018年10月:デパス減薬日誌10日目(仕事はしてます)

2018年10月:デパス減薬日誌8日目(出張で京都に来た)

2018年10月:デパス減薬日誌5日目(世界はドラッグであふれている)

2018年10月:デパス減薬日誌4日目(離脱症状がつらい)

2018年10月:減薬に変更した

2018年10月:断薬をしようと思ったきっかけ

2018年08月:病再び

 

posted by アサノ | 07:32 | 病院好き | comments(0) | trackbacks(0) |
脳震盪後遺症回復日誌204日目(台北で気功治療を受けた)

IMG_7624.JPG

 05月01日(令和元年初日)、204日目。

 GWにかけて台湾に来ていた。

 そこで以前から気になっていた気功の先生を予約して来てみた。

 東京にいる時にメールして予約を取り、台北のMRT淡水線圓山駅の近くです。

IMG_7626.JPG

 診察と施術は「えっ、それだけ?」っていうぐらい簡単でした。

 「首がずれていたので治しておいた、頭の中は触れないので足の指のツボを刺激した。」とのことでした。

 足の親指のツボ押しが悲鳴を上げるぐらい痛かった、左側が特に痛いのは左に障害が集中しているからだと。

 「これで効かなければ、鍼か漢方薬だな。」とおっしゃられて終了。

 歩いて30分から1時間で血が巡ってくると効いてくるという。

 診察と施術で3000TWD(約1万円)

 その日はあまり実感はなかったのだが、翌日飛行機に乗っていたらフッと耳鳴りが消えていたのに驚いた。

IMG_7497.JPG

 どのような治療でもそうだが、劇的に効くものというのは無くて、時間をかけて治して行くものだ。

 宗元堂の南側には、漢方薬の問屋街「迪化街」がある。

 街中に漂う漢方薬の匂いを嗅ぐと、なんだか体調が良くなるような気がする。

 身体を少しずつ変えて行こう。

 

◇宗元堂

 http://www.tabitabi-taipei.com/html/data/10116.html

 

◇脳震盪後遺症回復日誌

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌133日目(再び整体へ)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌126日目(目の回復状況)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌125日目(紀平梨花 左手薬指亜脱臼)

2019年01月:脳震盪後遺症回復日誌109日目(整体に行ってみた)

 

◇デパス減薬日誌

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(人間ドックに行って来た)

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(ひとつの区切り)

2019年01月:デパス減薬日誌88日目(これは脳震盪の後遺症なんじゃないか)

2018年12月:デパス減薬日誌78日目(南の島に行って思ったこと)

2018年12月:デパス減薬日誌63日目(ぶり返した)

2018年11月:デパス減薬日誌48日目(海外出張してきた)

2018年11月:デパス減薬日誌38日目(そうは問屋が卸さなかった)

2018年11月:デパス減薬日誌32日目(うつ病の野良猫はいない)

2018年11月:デパス減薬日誌27日目(運動療法に努める)

2018年10月:デパス減薬日誌18日目(流れに身を任せる)

2018年10月:デパス減薬日誌16日目(三歩進んで二歩下がる)

2018年10月:デパス減薬日誌14日目(光明が見えてきた) 

2018年10月:デパス減薬日誌12日目(物忘れが激しすぎる)

2018年10月:デパス減薬日誌10日目(仕事はしてます)

2018年10月:デパス減薬日誌8日目(出張で京都に来た)

2018年10月:デパス減薬日誌5日目(世界はドラッグであふれている)

2018年10月:デパス減薬日誌4日目(離脱症状がつらい)

2018年10月:減薬に変更した

2018年10月:断薬をしようと思ったきっかけ

2018年08月:病再び

 

posted by アサノ | 07:35 | 病院好き | comments(0) | trackbacks(0) |
脳震盪後遺症回復日誌184日目(地獄からの生還)

IMG_159.jpg

 04月11日(木)184日目、大阪に来ている。

 前回の154日目からの1か月間は地獄の日々で、頭がくらくらして道を真っ直ぐ歩けず、体中が筋肉・関節が痛くて痛くて。

 まるで激しい運動をした翌日のような状態がずっと続いていた。

 恐ろしくなって漢方薬を飲むのをやめて、身体から抜けるのを待っているのだが、まるで好転しないでいた。

 年度末のいちばん忙しい時に、本当に辛かった。

 なにせ、原因が脳震盪ではなく薬のせいなのだから自業自得みたいなもので、なんで半年経ってこんな目にという気持ち。

IMG_157.jpg

 こちらに来る2日前に漢方薬の先生の所にも行って来た。

 とりあえず薬を抜こうということで1週間分の下剤を貰った。

 街中でお腹が痛くなったらどうしよう。ww

 大阪では整体の先生の所に来て、1か月間の状態を伝える。

 治る過程は螺旋のように、楽になったり症状が出たりしながらなのだという。

 施術して貰った後は、かなり楽になったのでもう少し頑張ってみよう。

 もう少し気候が良くなれば自律神経も整ってくるだろう。

 

◇04月25日(木)より台湾に行ってきます。

 念願の宗元堂楊先生の気功整体&マッサージを施術していただくことになりました。

 楽しみだな〜。

 

◇脳震盪後遺症回復日誌

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌133日目(再び整体へ)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌126日目(目の回復状況)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌125日目(紀平梨花 左手薬指亜脱臼)

2019年01月:脳震盪後遺症回復日誌109日目(整体に行ってみた)

 

◇デパス減薬日誌

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(人間ドックに行って来た)

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(ひとつの区切り)

2019年01月:デパス減薬日誌88日目(これは脳震盪の後遺症なんじゃないか)

2018年12月:デパス減薬日誌78日目(南の島に行って思ったこと)

2018年12月:デパス減薬日誌63日目(ぶり返した)

2018年11月:デパス減薬日誌48日目(海外出張してきた)

2018年11月:デパス減薬日誌38日目(そうは問屋が卸さなかった)

2018年11月:デパス減薬日誌32日目(うつ病の野良猫はいない)

2018年11月:デパス減薬日誌27日目(運動療法に努める)

2018年10月:デパス減薬日誌18日目(流れに身を任せる)

2018年10月:デパス減薬日誌16日目(三歩進んで二歩下がる)

2018年10月:デパス減薬日誌14日目(光明が見えてきた) 

2018年10月:デパス減薬日誌12日目(物忘れが激しすぎる)

2018年10月:デパス減薬日誌10日目(仕事はしてます)

2018年10月:デパス減薬日誌8日目(出張で京都に来た)

2018年10月:デパス減薬日誌5日目(世界はドラッグであふれている)

2018年10月:デパス減薬日誌4日目(離脱症状がつらい)

2018年10月:減薬に変更した

2018年10月:断薬をしようと思ったきっかけ

2018年08月:病再び

 

posted by アサノ | 07:27 | 病院好き | comments(0) | trackbacks(0) |
脳震盪後遺症回復日誌154日目(揺り戻しか)

IMG_1175.jpg

 03月12日(火)、154日目。

 なんだか眩暈がするようになり、身体の節々が痛くてたまらない。

 微熱が10日間近く続くので漢方の先生の所に行ったら。

 焦って強い薬を出してしまったかもしれないと言う。

 強い薬をやめて、ゆっくり効く漢方に変えて貰った。

IMG_1182.jpg

 03月13日(水)、155日目。

 出張で大阪に行ったついでに、整体の先生の所に行ってきた。

 身体が治る過程で「もどり」みたいに、障害を受けた時に戻るように症状が出ることがあるという。

 治る過程だから、そのうち良くなるという。

 どちらの先生も、本当か?ww

 

◇脳震盪後遺症回復日誌

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌133日目(再び整体へ)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌126日目(目の回復状況)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌125日目(紀平梨花 左手薬指亜脱臼)

2019年01月:脳震盪後遺症回復日誌109日目(整体に行ってみた)

 

◇デパス減薬日誌

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(人間ドックに行って来た)

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(ひとつの区切り)

2019年01月:デパス減薬日誌88日目(これは脳震盪の後遺症なんじゃないか)

2018年12月:デパス減薬日誌78日目(南の島に行って思ったこと)

2018年12月:デパス減薬日誌63日目(ぶり返した)

2018年11月:デパス減薬日誌48日目(海外出張してきた)

2018年11月:デパス減薬日誌38日目(そうは問屋が卸さなかった)

2018年11月:デパス減薬日誌32日目(うつ病の野良猫はいない)

2018年11月:デパス減薬日誌27日目(運動療法に努める)

2018年10月:デパス減薬日誌18日目(流れに身を任せる)

2018年10月:デパス減薬日誌16日目(三歩進んで二歩下がる)

2018年10月:デパス減薬日誌14日目(光明が見えてきた) 

2018年10月:デパス減薬日誌12日目(物忘れが激しすぎる)

2018年10月:デパス減薬日誌10日目(仕事はしてます)

2018年10月:デパス減薬日誌8日目(出張で京都に来た)

2018年10月:デパス減薬日誌5日目(世界はドラッグであふれている)

2018年10月:デパス減薬日誌4日目(離脱症状がつらい)

2018年10月:減薬に変更した

2018年10月:断薬をしようと思ったきっかけ

2018年08月:病再び

 

posted by アサノ | 07:36 | 病院好き | comments(0) | trackbacks(0) |
脳震盪後遺症回復日誌133日目(再び整体へ)

IMG_084.jpg

 02月19日(火)、再び谷町六丁目の整体に来るために、東京から直接大阪に来た。

 あいにくの雨で、気持ちがどんよりする。

IMG_085.jpg

 1か月前の施術により、明らかに効果が出ているので、先生に対する信頼感が生まれて来た。

 こういう治療方法は、施術者の能力は重要だが、患者との相性も結果に大きく係わる。

 私は30代の時に腰痛に悩み、ありとあらゆる治療を受けて、大病院に1週間ぐらいの検査入院しても治らなかった時があり。

 父に薦められて行ってみた成城学園の鍼治療院で一発で治ったことがある。

 おばあさんの先生で「あなたは体が敏感だから、鍼は刺さないでつつくだけなの。」とおっしゃっていたことを思い出す。

 今回の整体の先生も、強く揉みしだいたり押すことは無い、柔らかく擦るように押すだけだ。

 鍼の時と同じで、施術が終わった後は「これで効くのかな?」と思うのだが。

 家に帰って2〜3日してふと気が付くと、辛かった場所が和らいでいるのである。ww

IMG_086.jpg

 谷町六丁目は面白い街だ。

 少し余裕が出て来たのか、周りが見えて来た。

IMG_087.jpg

 Xデザイン学校で教えている人の何人かも近くに住んでおり。

 東京で言うと下北沢や阿佐ヶ谷みたいな、家賃が安くて若い人がお店を出せるような土地らしい。

01.jpg

 京都への帰りがけに、北浜のなじみのコーヒー屋さんで好きなエチオピアの豆を買った。

 「風呂に入った後に損したというやつはいない」というが、まさにそういう気持ち。

 出来るだけ頑張って通ってみよう。

 

◇脳震盪後遺症回復日誌

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌133日目(再び整体へ)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌126日目(目の回復状況)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌125日目(紀平梨花 左手薬指亜脱臼)

2019年01月:脳震盪後遺症回復日誌109日目(整体に行ってみた)

 

◇デパス減薬日誌

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(人間ドックに行って来た)

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(ひとつの区切り)

2019年01月:デパス減薬日誌88日目(これは脳震盪の後遺症なんじゃないか)

2018年12月:デパス減薬日誌78日目(南の島に行って思ったこと)

2018年12月:デパス減薬日誌63日目(ぶり返した)

2018年11月:デパス減薬日誌48日目(海外出張してきた)

2018年11月:デパス減薬日誌38日目(そうは問屋が卸さなかった)

2018年11月:デパス減薬日誌32日目(うつ病の野良猫はいない)

2018年11月:デパス減薬日誌27日目(運動療法に努める)

2018年10月:デパス減薬日誌18日目(流れに身を任せる)

2018年10月:デパス減薬日誌16日目(三歩進んで二歩下がる)

2018年10月:デパス減薬日誌14日目(光明が見えてきた) 

2018年10月:デパス減薬日誌12日目(物忘れが激しすぎる)

2018年10月:デパス減薬日誌10日目(仕事はしてます)

2018年10月:デパス減薬日誌8日目(出張で京都に来た)

2018年10月:デパス減薬日誌5日目(世界はドラッグであふれている)

2018年10月:デパス減薬日誌4日目(離脱症状がつらい)

2018年10月:減薬に変更した

2018年10月:断薬をしようと思ったきっかけ

2018年08月:病再び

 

posted by アサノ | 07:35 | 病院好き | comments(0) | trackbacks(0) |
脳震盪後遺症回復日誌126日目(目の回復状況)

P1090546.JPG

 2019年02月12日(火)、第126日目。

 いつもお世話になっている芝大門の病院に行って来た。 

 前日先生が八千草薫のすい臓がんの説明でテレビに出ていたせいか、初診の患者さんが待合室にあふれてた。ww

 人間ドックのデータを見て貰いながら、先月処方して貰った漢方薬の効き具合を相談。

 視力の落ち込みに関しては、こういう衝撃を受けると一時的に下がるので、そのうち元に戻るだろうと。

 夜になると視力が極端に落ちるのが減って来たのは、漢方薬では無いがビタミンA錠剤の投与が効いたらしい。

 多分、身体が何かの原因で大量にビタミンAを消費してしまったので、目に影響(いわゆる鳥目)になった。

 ビタミンA欠乏症は、大きなけがや重いやけどなどをして、血液中のたんぱく質が急激に減少した時にも起こるそうだ。

 ビタミンAの錠剤を3倍に処方して貰った。

 こういう風に、原因から症状・処方を説明して貰うと、凄く良く分かるし安心する。

 失明の恐怖から解放されたのは本当に嬉しい。

 人の苦しみを少しでも軽くする仕事は尊いものだ。

 

 ■現状

 ・耳鳴りの減少:整体で首の緊張が取れたから

 ・目が見えるようになって来た:漢方医にビタミンA不足を見つけて貰った

 ・左手薬指麻痺強くなる:整形外科理学療法で首牽引の後遺症(これが一番長く先が見えない)

 

◇脳震盪後遺症回復日誌

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌133日目(再び整体へ)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌126日目(目の回復状況)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌125日目(紀平梨花 左手薬指亜脱臼)

2019年01月:脳震盪後遺症回復日誌109日目(整体に行ってみた)

 

◇デパス減薬日誌

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(人間ドックに行って来た)

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(ひとつの区切り)

2019年01月:デパス減薬日誌88日目(これは脳震盪の後遺症なんじゃないか)

2018年12月:デパス減薬日誌78日目(南の島に行って思ったこと)

2018年12月:デパス減薬日誌63日目(ぶり返した)

2018年11月:デパス減薬日誌48日目(海外出張してきた)

2018年11月:デパス減薬日誌38日目(そうは問屋が卸さなかった)

2018年11月:デパス減薬日誌32日目(うつ病の野良猫はいない)

2018年11月:デパス減薬日誌27日目(運動療法に努める)

2018年10月:デパス減薬日誌18日目(流れに身を任せる)

2018年10月:デパス減薬日誌16日目(三歩進んで二歩下がる)

2018年10月:デパス減薬日誌14日目(光明が見えてきた) 

2018年10月:デパス減薬日誌12日目(物忘れが激しすぎる)

2018年10月:デパス減薬日誌10日目(仕事はしてます)

2018年10月:デパス減薬日誌8日目(出張で京都に来た)

2018年10月:デパス減薬日誌5日目(世界はドラッグであふれている)

2018年10月:デパス減薬日誌4日目(離脱症状がつらい)

2018年10月:減薬に変更した

2018年10月:断薬をしようと思ったきっかけ

2018年08月:病再び

 

posted by アサノ | 07:29 | 病院好き | comments(0) | trackbacks(0) |
脳震盪後遺症回復日誌124日目(紀平梨花 左手薬指亜脱臼)

kihira.jpg

 02月10日(日)、124日目。

 07日にフィギュアスケートの紀平梨花選手が四大陸選手権の練習時に転倒して左手薬指を亜脱臼し、その後の競技に支障をきたしているという。

 その話を、日曜日朝のサンデーモーニングで、元阪急で日本一の盗塁王になった福本豊氏が「彼女ぐらい完成されたアスリートは、一ヶ所でも故障すると全身のバランスが崩れる。」と言っていた。 

 これはとても分かる気がする、彼女はジャンプする時には左手をぎゅっと握らないと跳べないそうだ。

 仕事でもスポーツでも、Aのことを直すにはAではなく、BCDEを直すと良くなるのだがその逆だ。

 私も、今回の脳震盪はきっかけで、それによって全身のバランスが崩れたのかもしれない。

 そういう意味では整体に行って、身体のバランスを直すのは良いことなのだろう。

 

◇この1か月で良くなって来たこと

 ・耳鳴りが小さくなって来た

 ・夜目が見えなくなることが減って来た

 ・5年間ぐらい痺れて感覚が無かった足の指10本に感覚が戻って来た

 

◇まだ調子が悪いこと

 ・地中に引きずり込まれるような疲労感

 ・寝るのに強い不安感

 ・健忘(先日も買ったばかりのネックウォーマーをどこで無くしたか覚えていない)

 ・恐ろしいほど酒に弱くなった(缶ビール1つで酔っぱらう)

 

 一進一退だが、いつかは良くなるだろう。

 

◇脳震盪後遺症回復日誌

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌133日目(再び整体へ)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌126日目(目の回復状況)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌125日目(紀平梨花 左手薬指亜脱臼)

2019年01月:脳震盪後遺症回復日誌109日目(整体に行ってみた)

 

◇デパス減薬日誌

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(人間ドックに行って来た)

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(ひとつの区切り)

2019年01月:デパス減薬日誌88日目(これは脳震盪の後遺症なんじゃないか)

2018年12月:デパス減薬日誌78日目(南の島に行って思ったこと)

2018年12月:デパス減薬日誌63日目(ぶり返した)

2018年11月:デパス減薬日誌48日目(海外出張してきた)

2018年11月:デパス減薬日誌38日目(そうは問屋が卸さなかった)

2018年11月:デパス減薬日誌32日目(うつ病の野良猫はいない)

2018年11月:デパス減薬日誌27日目(運動療法に努める)

2018年10月:デパス減薬日誌18日目(流れに身を任せる)

2018年10月:デパス減薬日誌16日目(三歩進んで二歩下がる)

2018年10月:デパス減薬日誌14日目(光明が見えてきた) 

2018年10月:デパス減薬日誌12日目(物忘れが激しすぎる)

2018年10月:デパス減薬日誌10日目(仕事はしてます)

2018年10月:デパス減薬日誌8日目(出張で京都に来た)

2018年10月:デパス減薬日誌5日目(世界はドラッグであふれている)

2018年10月:デパス減薬日誌4日目(離脱症状がつらい)

2018年10月:減薬に変更した

2018年10月:断薬をしようと思ったきっかけ

2018年08月:病再び

 

posted by アサノ | 07:36 | 病院好き | comments(0) | trackbacks(0) |
Search this site