経験デザインと食のエスノグラフィーを語る私的なブログ
さらばベトナム・インドシナ半島
IMG_2785.JPG
 5月08日、おはようございます。
 今日でこの旅行も最終日。
IMG_2790.JPG
 ホテルの朝食は、パンとフルーツが取り放題。
IMG_2787.JPG
 それに頼むとフォーとか出て来る。w
IMG_2866.JPG
 パンケーキはイマイチ美味しくない。ww
IMG_2869.JPG
 出発のための荷物はこれだけ。
 ご苦労さまでした。
IMG_2793.JPG
 路上床屋の腕はなかなかのものである。w
IMG_2870.JPG
 ホテルを出て、ハノイ大聖堂にご挨拶。
IMG_2871.JPG
 カンボジアから直接帰国ではなく、ハノイで2泊休養したのは良かった。
 旅は慣れている街でワンクッション休んでから帰ると、体力的なダメージが残り難いと思う。
IMG_2872.JPG
 大聖堂からエアポートバスの乗り場までは、歩いて10分ぐらいだ。
IMG_2873.JPG
 昨夜の 「CONG CAPHE」。
IMG_2874.JPG
 ここは朝ごはんも食べれたんだ。
 いいお店でした。
 またハノイに来たら寄ろう。
IMG_2875.JPG
 ベトナム航空のエアポートミニバスに乗る。
 ハノイ・ノイバイ国際空港までは2US$で行く。
IMG_2877.JPG
 但し満席にならないと出発しないので、時間に余裕が無い時は使わない方が良いかも。
 タクシーだと15〜20US$取るのじゃないかな?
IMG_2879.JPG
 無事ノイバイ国際空港に到着。
IMG_2881.JPG
 きれいな空港です。
IMG_2882.JPG
 「Vietnamobile
IMG_2883.JPG
 空港でデータ通信専用プリペイドSIMが購入できます。
 5GBで300円ぐらい。w
 今回は短期でほとんどWiFiのあるホテル暮らしだったので必要なかったが。
 長期のツーリストには良いかも。
 私は海外はiPhoneじゃなくて、盗難や紛失のリスクも含めて中身が空っぽ(iCloud連携なし)のiPad mini(SIMフリー)を持って行っています。
IMG_2885.JPG
 広くて、新しい建物を増築していた。
IMG_2888.JPG
 最後にバインミーを食おう。
IMG_2887.JPG
 世界中、空港の食い物は高くてまずい。w
IMG_2891.JPG
 もう全然お金を持っていなかったので、小銭で食べれるものを探したら。
 メニューの一番安いところに「インスタントラーメン」というのがあった。w
IMG_2894.JPG
 全然美味いよ!
 これで充分。w

 いやはや、楽しかった旅もこれで終わり。
 すげ〜!楽しかったぞ。

2014年GWインドシナ半島旅行アーカイブ
タイ編
4月30日:1日目バンコク到着
4月30日:1日目スクンビット界隈
カンボジア編
5月05日:6日目シェムリアップの朝
5月06日:7日目さらばカンボジア
ベトナム編
5月06日:7日目ハノイに到着
5月07日:8日目ハノイで朝の散歩
posted by アサノ | 06:48 | 2014年GW インドシナ半島横断 | comments(0) | trackbacks(0) |
2014年GW インドシナ半島の旅 8日目ハノイで打ち上げ
IMG_2803.JPG
 夜になり、この旅最後の夜の打ち上げに出る。
 昨日空港で5000円両替して100万ドンぐらい持っているのだが、まだ17万ドンしか使っていない。
 明日はエアポートバスに$2(4万ドン)あれば良いので、今夜のうちに使い切らねば。ww
IMG_2800.JPG
 まずは、街の食堂に来ちゃうのが貧乏人。w
IMG_2801.JPG
 東南アジアの食堂では、ライスに選んだ2種類ぐらいのオカズを乗せて貰って食べるのだが。
 今夜は「ライスいらないいらない。」w
 オカズをこれとこれとこれ!みたいに食べたいだけ選んで大人買いしてみた。
IMG_2798.JPG
 お店の人が「えっ!いいんですか?」みたいな感じで。w
 奥の席に陣取り、ビールを飲みながらぱくつく。
IMG_2795.JPG
 ビールも、もう1本追加!
 でも8万ドン(約400円)しか使えなかった。ww
IMG_2802.JPG
 店を出たらボロ雑巾のような若者ツーリストがいた。
 こういう旅をする若者は嫌いでは無い。てか、好きである。w
IMG_2805.JPG
 夜の街を撮影していたら。
 後ろから誰かがパンツをツンツンするので振り向くと。
IMG_2806.JPG
 可愛いお嬢ちゃんがいた。w
IMG_2825.JPG
 ハノイ大聖堂の周辺に来た。
IMG_2820.JPG
 道端には若者がみっしり。w
IMG_2826.JPG
 なんで、こんなにいるんだ?
IMG_2818.JPG
 良さげなカフェがあったので入ってみよう。
IMG_2819.JPG
 「CONG CAPHE
IMG_2807.JPG
 ここは、なかなか素敵なお店だ。
IMG_2810.JPG
 外には若者が沢山いるのに、この中は空いてる。
IMG_2812.JPG
 初めてハノイでましなモヒートを飲んだ。
 2杯飲んで14万ドン。
 まだまだ60万ドンぐらい残っている。
IMG_2828.JPG
 若者たちがどんどん、バイクで集まってくる。
IMG_2829.JPG
 バイクの駐輪が混雑しており。
IMG_2833.JPG
 それを整理する人達がいるのだが。
 指図しているオネエサンが男前でかっこいい。
IMG_2834.JPG
 こういうテキパキしたかっこ良さって、東南アジアの他の国ではめったに見ないよな〜。
 流石ベトナムって感じで感心した。
IMG_2840.JPG
 さてさて、次はどこに行こうか?
IMG_2841.JPG
 ふと、灯りの点いているドアを覗いたら歯医者さんだった。
 こんな夜遅くまでやっているのか?
IMG_2851.JPG
 おお、なんとなく怪しげなお店発見!
 Clubか?
IMG_2852.JPG
 「LA BOMBA LATINA THE LATIN EXPLOSION」
 キューバの軍事顧問団の置き土産か。w
IMG_2846.JPG
 ここでもモヒート。
IMG_2845.JPG
 ラテンダンスを踊り狂う若者たち。
 ちょっとドン引き。w
IMG_2844.JPG
 隣の席にいた女の子達と仲良くなる。
 なんでも誕生日を、二人で祝っていたらしい。
IMG_2848.JPG
 早速、合流してどんちゃん騒ぎ。ww
 これで、残ったお金もだいぶ目減りしたはず。
 帰国後、某△天のエリちゃんに「どうして、どこに行っても知らない人と仲良くなるんですか!」と飽きれられた。w
IMG_2855.JPG
 お腹が空いたので、フォー屋に入る。
IMG_2854.JPG
 もうかなりへべれけで。。
IMG_2858.JPG
 つけ麺風フォーを食べたが。
 頼んだものは全然違うものだった。ヒック・・
IMG_2860.JPG
 更にバーに入り、とどめに1杯。
IMG_2861.JPG
 もう訳が分からなく酔っぱらっており、1杯に10万ドンぐらい払っていた気がする。
 ウェイトレスの女の子に「おつりはあげるよ。」みたいな。。
IMG_2864.JPG
 夜道をフラフラ歩いて帰る。
IMG_2865.JPG
 ああ、面白かった。
 お財布もスッカラカンだ。ww

2014年GWインドシナ半島旅行アーカイブ
タイ編
4月30日:1日目バンコク到着
4月30日:1日目スクンビット界隈
カンボジア編
5月05日:6日目シェムリアップの朝
5月06日:7日目さらばカンボジア
ベトナム編
5月06日:7日目ハノイに到着
5月07日:8日目ハノイで朝の散歩

posted by アサノ | 06:37 | 2014年GW インドシナ半島横断 | comments(0) | trackbacks(0) |
2014年GW インドシナ半島の旅 8日目更にディープゾーンへ
DSC02239.JPG
 白人の多いマーマイ通りから移動。
DSC02240.JPG
 生活感漂う北に向かう。
DSC02241.JPG
 ベトナム人はバゲット好きだよね。
 ラーメン食いながらバゲットを齧る。w
DSC02242.JPG
 「ドンスアン市場」まで来た。
DSC02243.JPG
 そこから西に向かう。
DSC02244.JPG
 線路の高架にぶつかるので、そこを左折。
DSC02245.JPG
 高架沿いのアメ横みたいなものか。w
DSC02247.JPG
 道が開けて来ると。
DSC02248.JPG
 犬肉屋が並ぶ一帯に出る。
DSC02249.JPG
 初めて見た時は、遠目で子豚かと思ったが。
DSC02250.JPG
 近くで見たら「犬だ!」でした。w
DSC02251.JPG
 まあ、中国人も犬肉好きだし。。
DSC02252.JPG
 昼間から犬肉で一杯か。。
DSC02254.JPG
 この辺りは、絶対観光客は来ない。w
DSC02256.JPG
 相変わらずのバイク天国。
DSC02257.JPG
 ホンダガールが手を振っている。
 目ざといというか。w
DSC02259.JPG
 この景色だけなら、ミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の前と変わらん。w
DSC02260.JPG
 宇宙人の干物?
DSC02261.JPG
 ラーメンに入れて食べていた。
 何だろう?
DSC02274.JPG
 ちょっと賑やかな方に戻って来た。
DSC02275.JPG
 以前、ここの2階のテラスで飲んだことあるな。
DSC02277.JPG
 本当にベトナム人はカフェが好きだ。
DSC02278.JPG
 ホテルの近くに戻って来たよ。
DSC02280.JPG
 欧米人はピザが好きだ。
 死ぬ前に食べたいモノのトップらしい。w
DSC02281.JPG
 この店では、カンボジアで25$で買ったノースフェィスのシャツが40$で売ってた。
 それがGDPの差か。

2014年GWインドシナ半島旅行アーカイブ
タイ編
4月30日:1日目バンコク到着
4月30日:1日目スクンビット界隈
カンボジア編
5月05日:6日目シェムリアップの朝
5月06日:7日目さらばカンボジア
ベトナム編
5月06日:7日目ハノイに到着
5月07日:8日目ハノイで朝の散歩

posted by アサノ | 06:27 | 2014年GW インドシナ半島横断 | comments(0) | trackbacks(0) |
2014年GW インドシナ半島の旅 8日目ハノイ第3のバッグパッカー街MaMay通
DSC02201.JPG
 ハノイには、バックパッカーが集まる安宿通りが3つある。
 1)Yên Thái‎通り
 2)ハノイ大聖堂裏ゴーヒュエン通り
 3)Ma May通り
 の3か所である。
DSC02200.JPG
 36通りの一番東側に位置する「Ma May通り」に来てみた。
DSC02199.JPG
 この辺りが一番西洋人が多いかもしれない。
DSC02202.JPG
 カオサンみたいに、外にテラス席が並んでいないので、意外と静かだ。
DSC02205.JPG
 ちょっとアンティークな建物もある。
DSC02206.JPG
 ファクトリーアウトレットのお店が。
 ベトナムもファストファッションの生産国だからね。
DSC02207.JPG
 通りを北に向かって歩いて行く。
DSC02208.JPG
 外人向けバーがあった。
DSC02212.JPG
DSC02213.JPG
 おお、かっこいい木陰だ。
DSC02214.JPG
 「tripadvisor」の看板が。
 有名な「SINHCAFE TOURIST 」のオフィスもここか。
 ベトナム縦断の格安バスもここでチケットが買える。
DSC02216.JPG
 木陰に並ぶカフェ街を通り抜けて。
 ター・ヒエン通りにやって来た。
DSC02220.JPG
 ター・ヒエン通りは、最近人気のプレイスポット。
DSC02230.JPG
 外人向けのバーもちらほらある。
DSC02237.JPG
 古い路地を20世紀初めの状態に復元し、石畳が敷き直した。
DSC02223.JPG
 通りの西側と東側では建築様式が異なり、西側の偶数番地はベトナム式、東側の奇数番地がフランス式の建築になっている。
DSC02227.JPG
 ないなに、カエル?コウモリ??
DSC02229.JPG
 いい感じの通りでしょ。
DSC02233.JPG
 昼間は外に地元の若者や西洋人がたむろしており。
 夜にはバーに人が集まる。
DSC02234.JPG
 ハノイ旧市街36通りの中でも、今一番おしゃれなスポットではないかな。
DSC02236.JPG
 ベトナムのいわゆる自家製ビールを出す「ビアホイ」が沢山ある。
 マーマイ通りの安ホテルから歩いて5分ぐらいだ。
DSC02239.JPG
 ハノイに来たら、夜はここに遊びに来るといいよ。
 大聖堂からだと歩いて15分ぐらいかかるかも。

2014年GWインドシナ半島旅行アーカイブ
タイ編
4月30日:1日目バンコク到着
4月30日:1日目スクンビット界隈
カンボジア編
5月05日:6日目シェムリアップの朝
5月06日:7日目さらばカンボジア
ベトナム編
5月06日:7日目ハノイに到着
5月07日:8日目ハノイで朝の散歩

posted by アサノ | 06:04 | 2014年GW インドシナ半島横断 | comments(0) | trackbacks(0) |
2014年GW インドシナ半島の旅 8日目ハノイの子ども事情
DSC02173.JPG
 少しホテルで休んでからまた出てきた。
DSC02170.JPG
 ハノイ大聖堂の前はカフェが沢山ある。
DSC02169.JPG
 この人達、いったい何をして働いているのだろか?ww
DSC02172.JPG
 ここは、ちょっと高級なお店。
DSC02174.JPG
 5月7日は水曜日だから、学校帰りの子どもがいっぱい歩いている。
DSC02175.JPG
 下校時間なのだろうか、凄い子どもの数だ。
DSC02178.JPG
 なんだか看板持ってる子がいるぞ。
DSC02179.JPG
 小学生だね。
DSC02180.JPG
こちらはJKが買い食い中。
DSC02181.JPG
 こういうのは世界共通か。w
DSC02182.JPG
 もうスマホ持ってるんですね。
DSC02183.JPG
 いや〜、みんな持ってるは。
DSC02184.JPG
 日本語で「カワイイ!」と言ったら振り向いてくれた。
 世界共通語らしい。w
DSC02187.JPG
 更に「36通り」の方に歩いて行くと。
DSC02188.JPG
 いたいた、また小学生が。
DSC02189.JPG
 集団下校なのだろうか?
DSC02191.JPG
 そこにバイクの大群が!
DSC02192.JPG
 ババババ!!
DSC02194.JPG
 おお、お迎えか。
DSC02195.JPG
 みんな、どんどん乗って帰って行く。
DSC02196.JPG
 小学校から、お迎え場所まで集団下校だったのだろうか?
DSC02197.JPG
 危ない気もするが・・・。w
DSC02265.JPG
 しばらく歩いて行くと、また別の学校のJKがいた。
DSC02266.JPG
 中学生っぽいのもいるな。
DSC02267.JPG
 ここの子は、電動アシスト自転車で帰って行く。
DSC02268.JPG
 ハノイのJKは電動アシスト自転車乗っている子が多い。
DSC02270.JPG
 こっちにもいた。
DSC02271.JPG
 買い食いか。w
DSC02272.JPG
 学校の横で路上床屋は合理的だよね。w

2014年GWインドシナ半島旅行アーカイブ
タイ編
4月30日:1日目バンコク到着
4月30日:1日目スクンビット界隈
カンボジア編
5月05日:6日目シェムリアップの朝
5月06日:7日目さらばカンボジア
ベトナム編
5月06日:7日目ハノイに到着
5月07日:8日目ハノイで朝の散歩
5月07日:8日目更にディープゾーンへ
5月07日:8日目ハノイで打ち上げ
5月08日:9日目さらばベトナム・インドシナ半島

posted by アサノ | 06:14 | 2014年GW インドシナ半島横断 | comments(0) | trackbacks(0) |
2014年GW インドシナ半島の旅 8日目世界の辺鄙な床屋で髪を切る(ハノイ)
DSC02103.JPG
 5月07日、朝の散歩から帰り、ホテルで一休みしてからまた出てきた。
DSC02101.JPG
 改めてベトナムコーヒーを飲む。
 外国人だと「ちゃんとコンデンスミルク入れてね。」と言わないと普通のが出てくるから気をつけよう。
DSC02105.JPG
 どこの国でも子どもはかわいい。w
DSC02142.JPG
 ハノイ大聖堂裏の安宿街。
DSC02144.JPG
 大聖堂の横の私が泊まっているプチホテル街、1本平行した安宿街、もう1本平行したバックパッカー街がある。
DSC02146.JPG
 「美味しいわよ、うふふ」
DSC02156.JPG
 そろそろ、お昼ごはん時か。
DSC02129.JPG
 食べてる食べてる。
DSC02133.JPG
 おお!みんな食べてるね。
DSC02134.JPG
 「君もどうだい。」ww
DSC02165.JPG
 そうだ、髪の毛を切らなくちゃ。忘れてた。
DSC02216.JPG
 第3のバックパッカー街「マーマイ通り」に来た。
DSC02218.JPG
 ちょっと、お洒落な路上床屋だ。w
DSC02248.JPG
 線路際の犬肉屋。
DSC02249.JPG
 この辺りは、かなりディープゾーン。w
DSC02254.JPG
 場末ですな。
DSC02253.JPG
 坊主専門か?
DSC02271.JPG
 36通りの学習塾街に来た。
DSC02272.JPG
 おお、ここでは子どもが刈られてる。w
DSC02273.JPG
 おかあさん同伴だね。
DSC02279.JPG
 特製ポニーテール用ヘルメット。w
DSC02130.JPG
 またハノイ大聖堂裏のバックパッカー街に戻って来た。
DSC02160.JPG
 今日はよく歩くな〜。
DSC02159.JPG
DSC02161.JPG
 こういう街には必ず安い床屋があるはず。w
DSC02162.JPG
 どれどれ。
DSC02155.JPG
 おっ!あった。
DSC02149.JPG
 いいじゃん。
 ここで切ろう。
DSC02150.JPG
 お願いしま〜す。
DSC02151.JPG
 英語が分からないみたいで、部屋の奥に聞きに行った。w
DSC02152.JPG
 ちゃんと屋内の店はあるようだが、気持ちが良いから外に椅子があるのか。
DSC02153.JPG
 ありがとうございました。
 60000ドン(約300円)なり。
DSC02167.JPG
 ホテルに戻ってシャワーを浴びよう。
 かなり、ちゃんと出来ているね。
 上手すぎると冒険にならないんだけどな。w

◇辺鄙な床屋アーカイブ
2010年8月:台湾で一番遠い町台東で床屋に行く
2011年5月:マカオの下町で床屋に行く
2011年8月:ホーチミン市ゴーヴァンナム通りの青空床屋
2012年8月:世界遺産ジョージタウンで床屋に行く
2013年8月:ハノイの旧市街で床屋に行こう
2014年4月:世界の辺鄙な床屋で髪を切る(ハノイ)


2014年GWインドシナ半島旅行アーカイブ
タイ編
4月30日:1日目バンコク到着
4月30日:1日目スクンビット界隈
カンボジア編
5月05日:6日目シェムリアップの朝
5月06日:7日目さらばカンボジア
ベトナム編
5月06日:7日目ハノイに到着
5月07日:8日目ハノイで朝の散歩
5月07日:8日目ハノイで打ち上げ
5月08日:9日目さらばベトナム・インドシナ半島

posted by アサノ | 06:15 | 2014年GW インドシナ半島横断 | comments(0) | trackbacks(0) |
2014年GW インドシナ半島の旅 8日目ハノイで朝の散歩
DSC01976.JPG
 おはようございます。
 ハノイの朝は「ハノイ大聖堂の見える部屋にしてね。」と取った部屋で目覚める。w
DSC01979.JPG
 ハノイ大聖堂裏の小道は、ヨーロッパ風のプチホテルが並ぶ。
 割りとリーズナブルなので、お薦めだと思う。
DSC01992.JPG
 朝の散歩に出てみよう。
DSC01993.JPG
 ここが泊まっているホテルね。
DSC01995.JPG
 ベトナムらしからぬ通り道。w
DSC01997.JPG
 ハノイの市民はコーヒーが好き。
DSC02003.JPG
 ハノイ大聖堂まで来た。
DSC02006.JPG
 ベトナム人はホンダのカブに乗っているというのは過去の話。w
DSC02009.JPG
 ばあちゃんですら、携帯で話しながら歩いている。
DSC02011.JPG
 電動アシスト自転車に乗ったJK発見!
 話しかけたら、恥ずかしがりながらVサイン。ww
DSC02014.JPG
 カフェにたむろする人々。
DSC02015.JPG
 ハノイ大聖堂の周りはカフェが多い。
DSC02016.JPG
 僕もコーヒー飲みたいな。
DSC02017.JPG
 とことこ、大聖堂から南に向かって5分ぐらい歩く。
DSC02018.JPG
 お風呂椅子に座ってコーヒーを飲むのが一般的なスタイルみたいだね。
DSC02020.JPG
 ハノイ大聖堂から10分弱ぐらい南に歩くと、ベトナム航空のオフィスがある。
DSC02022.JPG
 こちらは歩道に張り出したテーブルで朝食中の人多数。
DSC02024.JPG
 ベトナム航空のオフィスの向かい側に、エアポートミニバスの乗り場。
DSC02025.JPG
 昨夜着いたのもここで。
 帰りもここから乗れば良いのか、確認に来たのだ。
DSC02027.JPG
 ミニバスとタクシーがあるのを確認して、ミッション終了。
 これで2ドル残してあれば、とりあえずは日本に帰れることになる。w
DSC02029.JPG
 さてさて、やることも済んだので、どうしようかな〜。
DSC02030.JPG
 今度は東に向かって歩く。
DSC02031.JPG
 ハノイはフランス統治時代の建物が沢山残っている。
DSC02032.JPG
 ベトナム戦争当時、あれだけ米軍が北爆をしたのに壊れないものなのですね。
DSC02034.JPG
 ホアンキエム湖の畔に出た。
 今ここ。
DSC02035.JPG
 湖畔には朝からブラブラする人多数。
DSC02036.JPG
 「亀の島」というとか。
DSC02041.JPG
 東岸の方に本屋街がある。
DSC02042.JPG
 神保町みたいで、良いものだ。
DSC02043.JPG
 なぜか本屋街があると、文化的な香りがする。
 それにカフェがあればなおさらだ。w
DSC02044.JPG
 朝食屋さん。
DSC02048.JPG
 靴の問屋街もある。
 この近くに美味しい「ブン・ヘオ・ヌオン(豚ひき肉焼団子と生野菜のフォー)」のお店があったのだが。
 閉店したのか、まだ開いてないのか?残念だな〜。
DSC02049.JPG
 まったく売る気のない花屋。w
DSC02050.JPG 
 ホアンキエム湖から北上する。
DSC02051.JPG
 この辺りは、いわゆる「36通り」という旧市街。
 様々な問屋が固まって街区を作っている、迷路のような場所だ。
DSC02052.JPG
 慣れなければ、絶対に目的地には辿り着かない。ww
DSC02059.JPG
 流石に疲れたので、カフェで休もう。
DSC02061.JPG
 メニューを見たらベトナムコーヒーが無い。
 不味いアメリカンコーヒーを飲まされた。w
 これは東南アジア各地であることだが、ネイティブなコーヒーや紅茶の方が美味しいのに、わざわざ高い値段でアメリカンタイプのものを出す。
 舶来信仰みたいなものなのか?
DSC02062.JPG
 入り口が分かりにくいが Hong Ngoc 2 Hotel 近くの旅行代理店の角を曲がると Yên Thái‎通りがある。
DSC02063.JPG
 この路地が、ハノイに3か所ある安宿街の一つである。
DSC02065.JPG
 私が初めてハノイを訪れた2011年に泊まった「リトルハノイDX」は廃業しているみたいだ。
DSC02066.JPG
 本当に庶民の生活がある路地である。
DSC02067.JPG
 よく朝ごはんを食べたフォー屋さん。
DSC02068.JPG
 未だに古タイヤから作っているホーチミンサンダル屋さん。
DSC02069.JPG
 安宿が並ぶ。「CHARMING HOTEL
DSC02070.JPG
 私たちがイメージするベトナムの市井の生活がここにはある。
DSC02072.JPG
 大好きな路地裏だ。
DSC02073.JPG
 よく「ベトナム人はこすからい」とか「すぐだまそうとする」とか言われるが。
 この路地にはそんなことが無い。
DSC02074.JPG
 彼らは「観光客」という存在も意識していないのではないか。w
DSC02076.JPG
 まあ、観光客向けの店も無いが。w
DSC02083.JPG
 美容院の軒先で肉を切って売る人。w
 朝だけの場所借りなのだろう。
DSC02084.JPG
 路地を抜けるとハンダ大通りに出る。
DSC02085.JPG
 流石に2時間ぐらい歩いていると腹減ってきたな。
DSC02095.JPG
 ここは有名な「ブンボー・ナム・ボー」のお店。
DSC02094.JPG
 売り物は1種類。
 大抵こういう専門店は美味い。w
DSC02092.JPG
 ブン・ボーは55000ドン(約300円弱)。
DSC02087.JPG
 お店はいつもいっぱいだ。
DSC02091.JPG
 汁なし麺のようなものに、辛い調味料や酢を入れて調整する。
DSC02090.JPG
 美味い美味い。
 そろそろホテルに帰って、一休みするか。

2014年GWインドシナ半島旅行アーカイブ
タイ編
4月30日:1日目バンコク到着
4月30日:1日目スクンビット界隈
カンボジア編
5月05日:6日目シェムリアップの朝
5月06日:7日目さらばカンボジア
ベトナム編
5月06日:7日目ハノイに到着
5月07日:8日目ハノイで朝の散歩
5月07日:8日目ハノイの子ども事情
5月07日:8日目ハノイ第3のバッグパッカー街MaMay通り
5月07日:8日目ハノイで打ち上げ
5月08日:9日目さらばベトナム・インドシナ半島

posted by アサノ | 06:07 | 2014年GW インドシナ半島横断 | comments(2) | trackbacks(0) |
2014年GW インドシナ半島の旅 7日目ハノイに到着
IMG_2744.JPG
 7日目の夜。無事シェムリアップからハノイ・ノイバイ空港に到着。
IMG_2745.JPG
 空港から市内までは、タクシーだと高いのでエアポートミニバス(2ドル)で移動。
 こいつは満席になるまで出発しないし、ぎゅうぎゅう詰めの社内は現地民だらけなので女性の一人旅はお勧めしません。
IMG_2747.JPG
 ハノイ市内までは結構時間がかかるし、降ろされる場所もベトナム航空のオフィス前なので、ホテルの場所を知らないと夜道に放り出されることになるから注意。w
IMG_2748.JPG
 私はホテルまで歩いて10分ぐらい。
IMG_2753.JPG
 ハノイ大聖堂が目印だ。
IMG_2754.JPG
 薄暗い路地を覗くと、こんなに人が。ww
IMG_2756.JPG
 ハノイ大聖堂の裏は、こじゃれたプチホテル街になっている。
 場所的にも安全だし、どこに行くにも便利でお勧め。
IMG_2763.JPG
 ハノイでの宿は「IMPRESSIVE HOTEL」。
 デラックス・シティービューで6000円/2泊ぐらいだったと思う。
IMG_2758.JPG
 こざっぱりとした部屋。
IMG_2759.JPG
 シャワーもちゃんとお湯が出ます。w
IMG_2765.JPG
 2ブロックぐらい裏にバックパッカー街あるので、夕食に出てきた。
IMG_2768.JPG
 何を食べようか。。
IMG_2769.JPG
 とりあえず、ビール。
IMG_2771.JPG
 ミートボールのフォー。
 ビールと合わせて50000ドン(250円)なり。
IMG_2773.JPG
 ベトナムの人は、お風呂のプラスティック椅子みたいなのが好きだ。
 どこにでも座っちゃう。w
IMG_2774.JPG
 薄暗い路地を覗くと。
IMG_2776.JPG
 ドバーっと人が居る。
 眼がいいんだよね。
 ほとんど真っ暗闇で、ご飯食べてます。w
IMG_2777.JPG
 バックパッカー通りと私のいるプチホテル通りの間に、安ホテルの通りがある。
IMG_2778.JPG
 なんだか物足りなかったので、深夜営業してるおばちゃんの店でビールを飲む。
IMG_2779.JPG
 つまっみの類が無いので、またフォー。w
 ここでも50000ドン(250円)。
 空港で5000円(1,000,000ドン)両替したのに、まだ500円(100,000ドン)しか使っていない。ww
IMG_2782.JPG
 ゲーセンで少し遊んで、早く寝ようっと。

2014年GWインドシナ半島旅行アーカイブ
タイ編
4月30日:1日目バンコク到着
4月30日:1日目スクンビット界隈
カンボジア編
5月05日:6日目シェムリアップの朝
5月06日:7日目さらばカンボジア
ベトナム編
5月06日:7日目ハノイに到着
5月07日:8日目ハノイで朝の散歩
5月07日:8日目ハノイの子ども事情
5月07日:8日目ハノイ第3のバッグパッカー街MaMay通り
5月07日:8日目ハノイで打ち上げ
5月08日:9日目さらばベトナム・インドシナ半島

posted by アサノ | 06:15 | 2014年GW インドシナ半島横断 | comments(0) | trackbacks(0) |
2014年GW インドシナ半島の旅 7日目さらばカンボジア
IMG_2704.JPG
 明け方のアンコールワットとタ・プロームを見て、ひと眠りして起きて来た。
IMG_2699.JPG
 カンボジア最後の食事は、オールドマーケット向かいにあるレストラン。
IMG_2700.JPG
 カレーとチャーハン美味しかった。
IMG_2698.JPG
 隣に、日本語の看板をかかげたツアーデスクがあった。
 普段はカフェらしい。
IMG_2697.JPG
 値段を見ると、かなり良心的なので初めての方はいいかもしれない。
 「クロマーツアーズ」とな。
 こういうインターンシップもあった。学生だったら6か月ぐらいいいかも。w
IMG_2709.JPG
 ホテルに帰って荷造りをして、フロントに来ると。
IMG_2708.JPG
 スカーフをプレゼントしてくれました。
 「ゴールデンテンプルヴィラ」の皆さん、ありがとう。
IMG_2710.JPG
 玄関まで送ってくれた。。
IMG_2711.JPG
 頼んでおいたトゥクトゥクで空港へ向かう。
IMG_2712.JPG
 ホテルから市内と反対側に来たら、意外と安宿やカフェが沢山あった。
IMG_2713.JPG
 夜は、パブストリートなんか行かないでこっちに来れば良かったかな。
IMG_2715.JPG
 徐々に田舎道になって来て。
IMG_2717.JPG
 国土を走るよりは、こちっの方が全然楽しいぞ。
IMG_2719.JPG
 牛に道を譲る。ww
IMG_2720.JPG
 なんだか名残り惜しいな〜。
IMG_2723.JPG
 カンボジアは、来るまでは思ってみなかったぐらい広大な平野が続く。
IMG_2725.JPG
 インド牛ってやつか。
IMG_2726.JPG
 これが最後の見納め。
IMG_2729.JPG
 シェムリアップ国際空港に到着。
IMG_2730.JPG
 ガ〜ン!ここがカンボジアか?
IMG_2733.JPG
 カンボジアでは外貨の稼げるシェムリアップを、首都プノンペンよりも優先的に開発しているらしい。
IMG_2734.JPG
 カンボジアで免税店。。
IMG_2737.JPG
 カンボジアからタイへのポイペトの国境などは、貧乏なカンボジアの娘たちをタイに送る人身売買の温床と言われた所なのに。
 時代は変わるんだね。
IMG_2739.JPG
 ベトナム航空でハノイに向かいます。
IMG_2742.JPG
 飛行機もきれい。w
 これより帰国するまで、ハノイのプチホテルで3日間休養する予定だ。
 さらばカンボジア。

2014年GWインドシナ半島旅行アーカイブ
タイ編
4月30日:1日目バンコク到着
4月30日:1日目スクンビット界隈
カンボジア編
5月05日:6日目シェムリアップの朝
5月06日:7日目さらばカンボジア
ベトナム編
5月06日:7日目ハノイに到着
5月07日:8日目ハノイで朝の散歩
5月07日:8日目世界の辺鄙な床屋で髪を切る(ハノイ)


posted by アサノ | 06:18 | 2014年GW インドシナ半島横断 | comments(0) | trackbacks(0) |
2014年GW インドシナ半島の旅 7日目樹木に飲み込まれたタ・プローム
DSC01820.JPG
 アンコールワットの夜明けを見てから、トゥクトゥクで田舎道を走る。
DSC01821.JPG
 先ほどまであんなにいた観光客は、朝ごはんを食べにホテルに帰ったのか。w
 こんなコースを通って「タ・プローム」へ。
DSC01823.JPG
 自転車に乗っている子が多い。
 一般的な交通機関なんだね。ほとんど平地だし。
DSC01824.JPG
 石の壁が見えてきた。
DSC01827.JPG
 今回の最後の目的地「タ・プローム」に到着。
DSC01828.JPG
 昨日の「ベン・メリア」はラピュタのモデルと言われたが、この「タ・プローム」は、アンジェリーナ・ジョリーの映画「トゥームレイダー」の撮影が行われたので有名な場所。
DSC01829.JPG
 駐車場からしばらく歩く。
DSC01833.JPG
 まだ朝早いので、観光客がいないのがうれしい。
DSC01837.JPG
 日中は凄い人だそうだ。
 私の前には、この3人だけ。
DSC01840.JPG
 いきなり凄い樹木が。
DSC01842.JPG
 なななんだ。。
DSC01846.JPG
 壁には巨神兵。
DSC01853.JPG
 この樹木はガジュマル(榕樹)らしい。
DSC01858.JPG
 徐々に遺跡に食い込み肥大化して破壊しつくす。
DSC01860.JPG
 寺院と榕樹が一つに生き物のように絡み合っている。
DSC01861.JPG
 誰もいない遺跡をずんずん奥まで進んで行く。
DSC01863.JPG
 ますます、凄い光景が。
DSC01868.JPG
 最近の調査では、この榕樹が実は遺跡の崩壊を支えているのではないかという学説もあるそうだ。
DSC01871.JPG
 最深部までやって来た。
DSC01880.JPG
 これは凄い景色だ。
DSC01884.JPG
 朽ち果てた石像。
DSC01886.JPG
 榕樹は根は凄いが枝がほとんど無い。
DSC01889.JPG
 だから余計に植物らしさが無いんだな〜。
DSC01893.JPG
 どう見ても生き物だよ。
DSC01894.JPG
 裏口まで来た。
DSC01898.JPG
 少女に会った。
 本物の人間なのか、森の妖精なのか。
DSC01899.JPG
 消え入るような声で「キャンディ。。」と言う。
 可哀想だが、持ってないよ。ごめんね。
DSC01906.JPG
 奥の方は、まったく修復されておらず。
DSC01911.JPG
 昼なお暗い。
DSC01916.JPG
 樹に埋没した仏像。
DSC01917.JPG
 このタ・プローム自体が一つの生命体のような気がして来た。
DSC01919.JPG
 ここに来た人間を、この生き物化した遺跡が捕り込んで栄養とし、更に増殖するのではないかという気になってきた。
DSC01921.JPG
 映画であれば一番最初に食われるのは、こいつらお気楽アメリカ青年と決まっている。w
DSC01925.JPG
 気持ちが悪くなってきたぞ。。
DSC01927.JPG
 巨神兵の目に赤い光が点らないうちに、この場を去ろうか。
DSC01928.JPG
 このジャングルで、こんな栄養があるはずが無いじゃないか。
DSC01930.JPG
 急に怖くなって来た、と思ったら雨がシトシト降り出して来た。
DSC01931.JPG
 おお、急に降りが強くなってきた。
DSC01932.JPG
 廃墟の中で雨宿りをする場所を探す。
DSC01933.JPG
 狭い廃墟の中に、観光客が10名ぐらい集まって来た。
 他に雨宿りできる場所が無いのだ。
DSC01934.JPG
 まるで、タ・プロームが人を食うために集めたような。。
DSC01935.JPG
 気持ちが悪くて、雨の中を外に飛び出す。
DSC01937.JPG
 ハァハァ言って、走って駐車場に戻って来た。
DSC01939.JPG
 子どもも走る走る。
DSC01943.JPG
 やっと駐車場に戻って来て、ホッとした。
DSC01946.JPG
 オジサンのトゥクトゥクに乗って、シェムリアップに戻る。
DSC01949.JPG
 シェムリアップ近郊は平坦なので、自転車は便利だ。
DSC01960.JPG
 博物館に寄ってもらう。
DSC01952.JPG
 ここには遺跡から移動した、原型を留める仏像が収蔵されている。
DSC01953.JPG
 きれいな建物だ。
DSC01954.JPG
 貴重な収蔵品だ。
DSC01955.JPG
 遺跡の仏像にはほとんど頭部が無いからね。
DSC01958.JPG
 細い突起物のある仏像は欠損しやすいのだ。
DSC01959.JPG
 欠落した頭部は、盗掘者の恰好の獲物になるために、この博物館に集められたという。
DSC01962.JPG
 オールドマーケットで終点。
 オジサンありがとう。
 早朝からのチャーターで9US$だそうだ。お礼に1$追加。
DSC01974.JPG
 お腹が空いたので、マーケットの食堂で朝ごはん。
DSC01972.JPG
 これはなんだ?
DSC01971.JPG
 汁なし麺みたいだね。
DSC01970.JPG
 美味しかった。
 ホテルに帰って、少し寝るか。
 遺跡に食べられなくて良かった。ww

2014年GWインドシナ半島旅行アーカイブ
タイ編
4月30日:1日目バンコク到着
4月30日:1日目スクンビット界隈
カンボジア編
5月05日:6日目シェムリアップの朝
5月06日:7日目さらばカンボジア

posted by アサノ | 06:29 | 2014年GW インドシナ半島横断 | comments(0) | trackbacks(0) |
Search this site