経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
サービスデザインワークショップ2018:Vol.1 台北ステージ

P1010421.JPG

 今年もXデザイン学校主催「サービスデザインワークショップ2018:Vol.1 台湾ステージ」が行われます。

P1010355.JPG

■サービスデザインワークショップ2018:Vol.1 台湾ステージ
■日時:2018 年06 月02 日(土)〜03 日(日)
■会場:台北
■主催:株式会社X デザイン研究所(東京)・儀式設計林事務所(台北)
■定員:日本人15 名:台湾人15 名 計30 名
■参加資格:UX/サービスデザインの実務経験者・教育コース受講者(中級レベル)
■参加費:2 万円(通訳・消耗品・会場費)
■言語:英語・中国語・日本語(日本語⇔中国語の通訳をお願いしています)
■集合・解散:現地にて(航空券・ホテル予約は各自でお願いいたします)

■タイムスケジュール:
06 月02 日(土)
09:00-12:00 台灣科技大學工業設計系 DITLDESIGN Lab 唐玄輝先生
<住所:台北市大安區基隆路四段43 號>
11:00-12:00 デザインファーム見学:方略BUSINESS MODELS INC
<住所:台北市松山區敦化北路207 號9 樓之1>
13:30-13:40 午後の会場:方略BUSINESS MODELS INC
14:00-14:20 浅野 智 文化観察講義
14:20-14:40 佐藤啓一郎 IoT/UX講義
14:50-15:10 台湾サービスデザイン実践事例1
15:10-15:30 台湾サービスデザイン実践事例2
15:30-15:50 台湾サービスデザイン実践事例 3(林)
16:00-17:50 サービスデザイン実践事例(参加者一人ずつ5 分の発表)
17:50-18:00 終了
19:00-21:00 Meet Up (場所未定)

06 月03 日(日)
08:50-09:00 会場集合:悠識數位
<住所:台北市中山區松江路158 號11 樓之1>
09:00-09:20 山崎和彦 サービスデザイン講義 
09:20-09:40 林先生 ワークショップ説明
09:40-10:00 林先生 儀式デザイン講義
10:00-13:00 体験旅行フィールドワーク調査( fieldwork)
13:00-15:00 儀式化Customer Journey Map のデザイン作成
15:00-15:50 各チーム発表、説明
15:50-16:00 Q&A
 

IMG_8087.JPG

 昨年は無かったデザインファーム訪問も企画されており、なかなか無い機会だと思います。

 今回は「方略BUSINESS MODELS INC」楽しみです。

IMG_8185.JPG

 

◇申し込みはこちら⇒https://peatix.com/event/379936/

 

◇サービスデザインワークショップ2017:Vol.2東京ステージ

 12月08日(金):1日目 コンセント社訪問

 12月09日(土):2日目 フィールドワークとKA分析

 12月10日(日):3日目 パターン分析とサービスデザイン

 

◇サービスデザインワークショップ2017:Vol.1台北ステージ

 03月30日(木):準備編 6月に台北でワークショップを行います

 06月11日(日):番外編 フィールドワーク・トレーニング(日本)

 06月23日(金):1日目 打合せ

 06月24日(土):2日目AM フィールドワーク

 06月24日(土):2日目PM Meetup

 

◇2016年秋 ISIDC チェンマイ アーカイブ

 05月18日(水):ISODC 2016(タイ・チェンマイ)に向けてそろそろ始動

 10月31日(月):1日目チェンマイ到着

 10月31日(月):1日目ワローロット市場とピン側左岸

 10月31日(月):1日目全員集合

 11月01日(火):2日目ISIDC初日

 11月01日(火):2日目チェンマイ大学芸術学部

 11月01日(火):2日目チェンマイでクラフトビール

 11月02日(水):3日目午前中は旧市街散歩

 11月02日(水):3日目ISIDC2日目

 11月02日(水):3日目タイ式焼き鳥で一杯

 11月03日(木):4日目パーイへツーリング(前編)

 11月03日(木):4日目パーイへツーリング(後編)

 11月03日(木):4日目ISIDC3日目中締め

 11月04日(金):5日目ソンテウを貸し切ってチェンマイ観光(前編)

 11月04日(金):5日目ソンテウを貸し切ってチェンマイ観光(後編)

 

◇2015年秋台湾サービスデザインツアー・アーカイブ

 【速報】HCD-Net台湾サービスデザインツアーに行って来ました

 09月18日(金):1日目台北到着
 09月19日(土):2日目市場好き(台北雙連朝市

 09月19日(土):2日目淡水に行ってきた(海岸編)

 09月19日(土):2日目淡水に行ってきた(山手編)

 09月19日(土):2日目淡水に行ってきた(街編)

 09月19日(土):2日目全員集合して龍山寺とモンガ探検
 09月20日(日):3日目高鐵で台南に移動

 09月20日(日):3日目台南観光

 09月20日(日):3日目明日からの本番に向けて壮行会

 09月21日(月):4日目斗六へ汽車で移動

 09月21日(月):4日目国立雲林科技大学でプレゼンテーション

 09月21日(月):4日目国立雲林科技大学でディスカッション

 09月21日(月):4日目斗六でAirbnb古民家に泊まる

 09月22日(火):5日目斗六から台北に移動

 09月22日(火):5日目台北デザインファーム巡り遊石設計

 09月22日(火):5日目台北デザインファーム巡り方略

 09月23日(水):6日目台北観光

 09月23日(水):6日目九份に行って来た

 09月23日(水):6日目基隆夜市と西門町で打ち上げ

 09月24日(木):7日目西門町のリノベホテル

posted by アサノ | 07:27 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
パナソニックデザインセンターで報告会

IMG_0910.jpg

 4月2日(月)19:00、パナソニックAP社東京デザインセンター(浜松町)に来ています。

 私は出張先の京都から直行。w

IMG_0900.jpg

 今日は、Xデザイン学校で2017年度にパナソニックさんから頂いていた課題の報告会である。

IMG_0903.jpg

 面白かったのは、パナソニック側が全員プロダクトデザイナーで、報告するXデザイン学校側はヤフー、リクルート、マネーフォワードといったほぼWebサービス系の職種。

IMG_0904.jpg

 パナソニックの既存のアセットを、如何にサービスとして料理出来たのか?

IMG_0908.jpg

 4チームの発表は、それ自体がすぐ事業化出来るものではないのだが。

 今までのグッズドミナントな発想をしてきたメーカーさんには、とても示唆に富んだ提案だったのではないでしょうか。

 特にWebサービス系では当然のことのサブスプリクションモデルがサービスを実現するためには切っても切れない関係であること。

 その為には、フィンテックに対する取り組みがメーカーにも必要になって来るという事だ。

 今まさに、グッズドミナントロジックからサービスドミナントロジックへの転換が求められているのだ。

IMG_0918.jpg

 終了後は、浜松町といえば芝大門の「ホルモン焼夏冬」だ。

IMG_0924.JPG

 そして、どんな場所でも「Xのポーズ!」。w

 

posted by アサノ | 07:25 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
ソーシャルクリエイティブ・イニシアチブ

DSCF0267.JPG

 3月27日(火)。

DSCF0269.JPG

 東京ミッドタウンに来ました。

DSCF0270.JPG

 来てみたら、思いがけない桜が満開で。

DSCF0272.JPG

 ちょうどFuji X-E3を持っていたので。

DSCF0274.JPG

 バシャバシャ撮りまくる。w

DSCF0275.JPG

 東京の桜は満開だ。

DSCF0276.JPG

 そうだ!私は何をしに来たんだっけ?w

DSCF0284.JPG

 今日はこれ「ソーシャルクリエイティブ・イニシアチブ」のプレイベントに参加だ。

DSCF0285.JPG

 私も発起人に名を連ねているので。。

DSCF0288.JPG

 コンセント長谷川さんの基調講演。

DSCF0291.JPG

 山ちゃんがかたっぱしから集めて、いったい何だかよく分からずに集まった人々。w

DSCF0292.JPG

 どうも「デザインを通じて社会を良くしよう」という集まりらしいと分かった。w

DSCF0298.JPG

 続いてスギダラケでおなじみの若杉さんの九州弁での基調講演。

 何度か聞いたことがあるが、面白いだけじゃなくて大切なことが沢山詰まっている。

DSCF0300.JPG

 そして次々と贅沢なメンバーのLTが続くが。。

 全員話が長い。w

DSCF0302.JPG

 まあ、もともと各自1時間は話を聴かないといけないスピーカー達なので。

 やむを得ない状態ではある。w

 ・渡邉 賢太郎【SUSANOO】
 ・井登 友一 【インフォバーン】
 ・上田 義弘 【富士通デザイン】
 ・西村 真里子【HEART CATCH Inc. 】
 ・江渡 浩一郎【産業技術総合研究所 】
 ・玄正 慎【Coaido】
 ・富田 誠【東海大学】

 ・芹澤 孝悦【plantio】

DSCF0305.JPG

 西村さんなどは、売れっ子アイドルよろしく、しゃべったら走って会場を出て行った。

DSCF0327.JPG

 今日の感想としては、こんな贅沢なLTは東京のほんの一部でしか聴くことが出来ない。

 課題解決したいなら「現場と本場(by 孫泰蔵)」

DSCF0328.JPG

 江戸時代のことわざで「田舎三年、都の昼寝」というのがある。

 田舎で死に物狂いで勉強しても、それは知識でしかない。

 都で昼寝というのは、勉強ではなく同じ志を持つ人とのアナログなやり取りを通じた「腹落ち」なのである。

DSCF0332.JPG

 これを東大の中原さんは「インプット(input)」と「適度なスループット(throughput)」と呼んでいる。

 「十分なインプット(input)」とは、「自己の外部から、世の中の最先端を走る知識を、十分仕入れること」を意味します。
 一方、「適度なスループット(throughput)」とは、「外部からたくわえた知識を自分のなかで咀嚼したり、他人と対話しながら、自分の腹におとすこと」をいいます。

 http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/8657

DSCF0339.JPG

 今回はムサビの新学科「造形構想学部クリエイティブイノベーション学科(新設)」のお披露目もあり。

 長澤忠徳学長の音頭で乾杯!

DSCF0335.JPG

 ありがとうございました。

 次回は私もしゃべるらしい。

 その前に、企業から儲ける話じゃなくて、社会を良くするサービスを何かやっておかないと。ww

 この時会場で藤元健太郎さんとお話しした時に「ここに来ている人のようにアンラーン出来ていれば。。。」みたいな話があって。

 ソーシャルと同時に「アンラーン」も大事だよね。

 私は常々「必殺技を捨てないと成長しない」と言っているが、まさにその通りだと思う。
 藤元さんに言わせれると、あと5年ぐらいで日本の古い成功体験を持った人間がほぼ引退するので、そこからだいぶ日本は良くなるそうだ。ww
 カメラは「FUJIFILM X-E3とXF16-55mmF2.8」が随分慣れてきた感じだ。w
posted by アサノ | 07:22 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
Xデザイン学校大阪分校公開講座:UX/サービスデザインの今とみらいを考える

IMG_4398.JPG

 3月23日(土)、グランフロント大阪のヤフーさんにて。

IMG_4395.JPG

 今年からスタートする「Xデザイン学校大阪分校」のオープンイベントである「公開講座:UX/サービスデザインの今とみらいを考える」に登壇中。

IMG_4400.JPG

 講義はいつもの概論なので、その後にやったアンカンファレンス式のディスカッションの話題を。

01.jpg

 アンカンファレンスのディスカッションを行うことで、講演の焼付けを行いたいのだ。

IMG_4409.JPG

 キーノートの話から、参加者全員が議論したい事柄をポストイットに書いて。

 スタッフがグルーピングする。

IMG_4412.JPG

 そのグループにタグをつけて、誰かがディスカッションのオーナーになり、メンバーを募る。

IMG_4415.JPG

 自分の興味のあるタグ(テーマ)に集まって議論しよう。

IMG_4418.JPG

 ここはメンバーが多いね。w

 大勢が興味のあるテーマはなんだ?
 そういえば、今回は若手の大学の先生が多かったな〜。
 大学ももう「ダブルループ・ラーニング」にシフトしないとまずいもんね。

IMG_4419.JPG

 今回は福岡から3名も来て下さって頂ていたし、名古屋から参加のテシくんはもうかれこれ5〜6年ぐらい私の追っかけをしている。w

 それでも毎回新たな学びがあるという。

 人は一度聞いただけでは16%しか理解しないというが、この男は6回(96%)以上聞いてる気がする。ww

IMG_4421.JPG

 このディスカッションの効果は。

 一方通行の講演とは違って、自分の興味のある事柄を人と議論することによってリフレクション(省察)を行うことだ。

IMG_4423.JPG

 先日、敬愛する東大の中原先生が書いていたブログにこういうのがあった。

 

 「良質なアウトプット」を行うために必要なものは、「十分なインプット」と「適度なスループット」を確保することです。 
ここで「十分なインプット(input)」とは、「自己の外部から、世の中の最先端を走る知識を、十分仕入れること」を意味します。
一方、「適度なスループット(throughput)」とは、「外部からたくわえた知識を自分のなかで咀嚼したり、他人と対話しながら、自分の腹におとすこと」をいいます。

良質のアウトプットは「出がらしのお茶っ葉」からは生まれない!?

IMG_4401.JPG

 議論の途中で簡単な飲み物とスナックが出るのは、カンファレンスのコーヒーブレイクの名残なのか、頭をフル回転させるためにカフェインと糖質を脳に与える効果狙いか。w

IMG_4426.JPG

 今回は各チームのプレゼン(アウトプット)が凄く良かった。

IMG_4428.JPG

 アンカンファレンスが、適度なスループット「外部からたくわえた知識を自分のなかで咀嚼したり、他人と対話しながら、自分の腹におとすこと」となったのかもしれない。

IMG_4429.JPG

 アンケートをじっくり書くというのも、実は統計的なデータが欲しいのではなくて、セミナー全体の体験を省察して欲しいからなのである。

 本講座の掟に「ブログを書くまでがワークショップ」と「セミナーは懇親会のチケット」というのがある。

 どちらも学んだことを「外化(頭の中身を外に出す」ことによって、より深い省察を行って下さい。

 

◇参加者のブログ

・スタッフ高橋さん:職人進化論。UX概論2018

・スタッフの池田さん:『UX/サービスデザインの今とみらいを考える』に参加してきました。

・スタッフ米田さん:【参加の外化】Xデザイン学校大阪分校公開講座

・スタッフ長野さん:Xデザイン学校大阪分校公開講座に参加しました

・近畿大学山縣先生:経営学部の学生にUX / サービスデザインを学んでもらおうと考え、仕組んでる訳

・成安造形大学由井先生:春の講座でAmbitionに出会った話し。・・・

・福岡大学森田先生:Xデザイン学校大阪分校公開講座:UX/サービスデザインの今とみらいを考える に参加

 

◇Xデザイン学校大阪分校ベーシックコース受講申し込み

posted by アサノ | 07:26 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年度 Xデザイン学校 最終発表会

DSCF0074.JPG

 2月17日(土)の朝から。

IMG_0316.jpg

 紀尾井町のヤフー!本社にて。

IMG_0315.jpg

 2017年度Xデザイン学校の最終発表会が行われた。

DSCF0080.JPG

 午前中は、研究主体のアドバンスコースの発表。

DSCF0079.JPG

 6件の発表が、各チーム20分間で行われる。

DSCF0084.JPG

 2年間かけたテーマを発表するチームも。

DSCF0088.JPG

 午前と午後の間は、私と山崎先生と交代で入学説明会もこなす。

 夜になって気が付いたら、朝から何も食べてなかった。ww

DSCF0089.JPG

 午後はプロジェクト主体のベーシックコース。

DSCF0091.JPG

 2017年度は、パナソニックAP社デザインセンターと楽天トラベルさんからお題を頂いてのプロジェクトだ。

DSCF0093.JPG

 アクティングアウトを体験ムービーを作って来たチームもあり。

DSCF0096.JPG

 アクティングアウトをするチームもあり。

DSCF0098.JPG

 かなりレベルの高い発表が続く。

DSCF0104.JPG

 昨年の前半は、上手く歯車が噛み合わず、テーマを咀嚼するのにも苦労しました。

DSCF0117.JPG

 でも、最後は素晴らしい発表まで漕ぎつけた君たち。

DSCF0134.JPG

 卒業証明書を渡すことが出来ました。

DSCF0143.JPG

 1年間お疲れさまでした。

DSCF0145.JPG

 最後はお約束の「エックス!」。w

 

◇Xデザイン学校 2017年度 ベーシックコース アーカイブ

05月20日(土):第1回 ブートキャンプ

06月17日(土):第2回 ビジネスインタビュー

07月15日(土):第3回 UXリサーチ設計

08月19日(土):第4回 UXリサーチのための認知科学入門

09月24日(土):第5回 ペルソナ作成と上位下位関係分析

10月14日(土):第6回 構造化シナリオ法

11月11日(土):第7回 ペーパープロトタイプ
12月09日(土):第8回 体験プロトタイプ
01月13日(土):第9回 アクティングアウト
02月17日(土):第10回 最終発表会
posted by アサノ | 07:25 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
Xデザイン学校大阪分校公開講座:UX/サービスデザインの今とみらいを考える

cover-WCXh2DWTIF46ba2iOVWMvAyrN6VjQTP7.png

 すっかり忘れていたが、3月24日(土)に大阪でセミナーを開きます。

 関西の方で、ご興味がある方はどうぞ。

 

 ■趣旨:
 毎年大阪でお話をさせて頂いておりますUX/サービスデザイン概論を、今年も開催したいと思います。
 サービスデザインの導入から実践的な活用な時代となり、エモーショナルな顧客体験作りのサービスデザイン、IoTやAIを活用したサービスデザイン、共創型のサービスデザイン、サービスデザインのプラットフォームなど、これからのサービスデザインとして考慮すべきことが変化してきています。
 今回は、UX/サービスデザインの今と未来についてお話しするとともに、後半は「UX/サービスデザインを自分の未来に如何に活かすか」、参加者の皆さまと一緒に考えるためにアンカンファレス方式のワークショップを行いたいと考えています。

 また、最後に Xデザイン学校大阪分校2018年度コース説明会もあわせて開催します。みなさまのお越しをお待ちしています。

 ■タイトル:Xデザイン学校大阪分校公開講座:UX/サービスデザインの今とみらいを考える
 ■日時:3月24日(土)13:00-18:00(開場12:30)
 ■会場:ヤフー株式会社 大阪グランフロントオフィス
 ■住所:大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 タワーA 37階
 ■主催:株式会社経験デザイン研究所
 ■共催:ヤフー株式会社
 ■協力:Xデザイン学校
 

 ■プログラム:
 13:00-15:30 UX/サービスデザイン概論
 ・講師:浅野智(Xデザイン研究所共同創業者CEO/経験デザイン研究所代表)
 16:00-17:45 ディスカッションワークショップ
 17:45-18:00 Xデザイン学校大阪分校2018年度コース説明会
 ■定員:100名
 ■参加費:5000円

 

 ■申し込み:https://peatix.com/event/351114/

 

 ◇Xデザイン学校大阪分校2018年度ベーシックコース応募サイト

  (3月24日より募集開始)
posted by アサノ | 07:27 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
Xデザイン学校公開講座:サービスデザインのみらいを考える

DSCF0012.JPG

 1月30日(火)の18:30より。東京ミッドタウン5F・デザインハブにある「武蔵野美術大学デザイン・ラウンジ」にて。

DSCF0010.JPG

 「Xデザイン学校公開講座:サービスデザインのみらいを考える」を行いました。

 今回は2018年度の募集説明会も兼ねているので、定員70名が無料です。

DSCF0014.JPG

 本日の登壇者は。

 ・大崎優(コンセント)
 ・坂田一倫(Pivotal Labs Tokyo)
 ・坂本貴史(日産)
 ・村越悟(アクセンチュア)
 という、超豪華な組み合わせ。
 無料で、しかも一人の持ち時間が30分程度というのはもったいなさ過ぎる。両方の意味でw

DSCF0019.JPG

 トップバッターのコンセント大崎さんからは、凄く良い資料を頂きました。

 サービスデザインを俯瞰するには最適な資料だ。

DSCF0024.JPG

 続いて、最近転職してから表舞台に全然出てきていなかったPivotal Labs Tokyo坂田さん。

DSCF0034.JPG

 昨年、電撃的にデジタルマーケティングの会社から車の自動車メーカーに転職された坂本さん。

 「車がデバイス化する」というのを、分かってはいたが更に具体的に教えて頂いた印象。

DSCF0045.JPG

 最後の村越さんも、昨年デザインファームから外資系コンサルティング会社に移られたばかり。

 金融がデジタル化することによっての変化とチャンスの話。

 皆さん、先へ先へと生きてるな〜、という感動。。

DSCF0054.JPG

 ディスカッションの予定が、時間が押して名刺交換タイムに移行。w

 その後の懇親会が楽しかった。

 

◇2018年01月30日(火):Xデザイン学校公開講座「サービスデザインのみらいを考える

posted by アサノ | 07:28 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
Xデザイン学校公開講座 in 大阪 ヤフー大阪

IMG_3992.JPG

 12月23日(土)、ヤフー大阪にて2日目。

IMG_3991.JPG

 今回は社会人の方が多く、学生は各チーム2名。

IMG_3989.JPG

 社会人の中には大学の若手教員がなんと4名。

 大学教員もWS形式の授業を行わないといけない時代だよね。

IMG_3993.JPG

 出来るだけ学生さんに発表して貰おう。

IMG_3996.JPG

 昨日の学内調査→KAカードの作成→価値マップの作成。いまここ

IMG_4001.JPG

 びっちり過ぎて、なんでグループの台紙を不定形にしているのか分かっていない。ww

IMG_4002.JPG

 人はカードとカードの位置関係を考えずにスクェアに配置する。

 そうすると価値ではなくカテゴリーで分けてしまう。

 位置関係を意識する為に台紙を不定形にするのだが、ただ角を落とすだけで中のカードは小ぎれいに並んでいることが多いので気をつけたい。ww

IMG_4004.JPG

 昨日の近畿大学からグラフィックレコーディングに取り組んで貰っている常葉ガールズ。

IMG_4003.JPG

 昨日のアゥエーな環境から、少しは意識高い系が集まる場所に来たのでホッとしたか。

 オーディエンスに媚びることなく、常に実験を重ねる姿勢は見習いたいものである。

 ただの議事録をイラストで描くだけの、インチキグラフィックレコーダーに爪の垢でも煎じて飲ませたい。

IMG_4008.JPG

 価値マップからパターン化を試みて、そこからサービスを創るという荒業。ww

IMG_4009.JPG

 何とか間に合って、学生の発表まで漕ぎつけた。

IMG_4011.JPG

 今回は連続ものでは無いので、ベタ褒めして好感度を上げて終了。w

IMG_4013.JPG

 グランフロント大阪から一番近い懇親会場の定番「げん気」へ直行。

IMG_4014.JPG

 私は明日は東京でフォーカスグループインタビューがあるので、1時間程度でおいとまさせて頂きました。

IMG_4015.JPG

 別にこの店は特別美味しいわけじゃないし、粉ものばかりなんですが。

IMG_4016.JPG

 すぐ帰るので、インスタ映えだけで選びました。

 私が帰った後はそれでも結構盛り上がって頂けたようでした。w

 12月の繁忙期にこんなイベント入れて自殺行為だったと反省しました。。

 

Xデザイン学校in大阪 2017

12月22日(金):近畿大学

12月22日(金):夜の難波見物

12月23日(土):ヤフー大阪

posted by アサノ | 07:26 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
Xデザイン学校公開講座 in 大阪 近畿大学

P1070685.JPG

 12月22日(金)、近畿大学東大阪キャンパス

 経営学部の山縣先生のご依頼で、学生・社会人混合のサービスデザインワークショップを開催。

 いわゆる大阪の南に位置する河内方面。

P1070684.JPG

 新しく出来たまるで蔦屋書店のような「図書館・アカデミックシアター」。

P1070700.JPG

 まずは学生と社会人混合チームで学内をフィールドワーク。

P1070690.JPG

 なんと!図書館内にカフェスペースが。w

P1070707.JPG

 私も一杯。。

P1070708.JPG

 学生・社会人の混合WSは、互いに学びがある。

 特に社会人の方が、凝り固まった頭を解すことや、自らの知見を学生に説明することで学びの焼付けになるものだ。

P1070709.JPG

 今回は静岡常葉大学の未来デザイン研究会の女子にグラフィックレコーディングをお願いした。

 東京の意識高い系セミナーなのでは引っ張りだこだが、こういうアウェーな環境で如何に認知されることが出来るか? 

 ライオンは常に子ライオンを千尋の谷に突き落とすのだ。w

P1070710.JPG

 昨年来た時よりはやる気のある学生が集まったのか?はたまた社会人を投入した成果か、なかなか勘がよろしい。P1070713.JPG

 時間が足りない分は、明日のヤフーに持ち越しだ。w

 

Xデザイン学校in大阪 2017

12月22日(金):近畿大学

12月22日(金):夜の難波見物

12月23日(土):ヤフー大阪

posted by アサノ | 07:28 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
Xデザイン学校2018年度受講生 募集開始

01.jpg

 明日よりXデザイン学校2018年度受講生の募集が始まる。

02.jpg

 1年間を通じて、UX/HCD/デザイン思考/サービスデザイン/デザインビジネスを学ぶスクール形式の講座で。

 年々企業さんからまとまって研修目的で参加されるケースが増えている。

03.jpg

 講師陣は、多分今の日本では最も先端的で充実しているのではないかな。

04.jpg

 出願期間は、2108年02月16日(金)から26日(月)の24:00までである。

 ヤフー本社(紀尾井町)で行われる講座以外に、公開講座海外合宿オフィスアワーでの相談がのあるのも魅力だよ。

 

 ◇カタログ2018:http://xdlab.jp/pdf/xdesign_catalog.pdf

 ◇募集要項2018:http://xdlab.jp/pdf/2018_xdesign.pdf

 

 ◇2018年度コース募集要項/申込 
 ・ベーシックコース:http://kokucheese.com/event/index/502478/ 
 ・マスターコース:http://kokucheese.com/event/index/502476/ 
 ・アドバンスコース:http://kokucheese.com/event/index/502477/ 
 

posted by アサノ | 07:19 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
Search this site