経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
2017年秋 深セン・香港出張 6日目さらば香港

IMG_2805.JPG

 9月26日(火)の朝。

 おはようございます

IMG_2807.JPG

 今日は最終日。

IMG_2814.JPG

 朝ごはんを食べたら空港に向かいます。

IMG_2816.JPG

 ヒルサイドエスカレーターの下には、庶民の朝ごはんの屋台が沢山ある。

IMG_2828.JPG

 とても好きな界隈だ。

 「威記粥店

 近くにある「龍記飯店」のガチョウのロースト飯も美味しいよ。

IMG_2823.JPG

 香港の朝ごはんは、やはりお粥ですかね。w

IMG_2826.JPG

 おじさん!よろしく〜。w

IMG_2822.JPG

 美味しいので、お汁粉みたいな小豆のお粥というかスープも頼んじゃった。w

IMG_2837.JPG

 もう1軒屋台でアイスミルクティーを飲んで。

 中環の街に下りる。

IMG_2841.JPG

 香港国際空港に到着。

IMG_2844.JPG

 充電器w

IMG_2851.JPG

 ここから関空に向かい。

 大阪のホテルに泊まって、翌日から仕事。

 東京に帰れるのはいつになるのだろう。ww

IMG_2855.JPG

 東南アジアのハブ空港である、シンガポール空港、タイのバンコク空港と比較すると、香港空港は分かり易くて安心だ。

IMG_2849.JPG

 この空港は周囲が海。

IMG_2858.JPG

 さらば世界最大の人口を持つ「珠江デルタ」の都市たち。

 凄く勉強になったよ〜。

 

◇2017年秋 深セン・香港出張

9月21日(木):1日目深セン到着

9月22日(金):2日目これがシェア自転車か

9月22日(金):2日目深センの山の手「侨城東街」

9月22日(金):2日目深センのSOHO「OCT-LOFT 華僑創意文化園」

9月22日(金):2日目深センの秋葉原「華強北」

9月22日(金):2日目東門町美食街

9月23日(土):3日目世界最大の複製画生産地大芬油画村(1)

9月24日(日):4日目さらば深セン
9月24日(日):4日目初めてビクトリアピークに登る
9月24日(日):4日目SOHOで香港の夜を満喫
9月25日(月):5日目香港大学
9月25日(月):5日目西營盤で飲茶
9月25日(月):5日目太古の超密集アパート
9月25日(月):5日目SOHOで打ち上げ
9月26日(火):6日目さらば香港
posted by アサノ | 07:26 | 2017年秋 深セン・香港出張 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年秋 深セン・香港出張 5日目SOHOで打ち上げ

IMG_2763.JPG

 9月25日(月)、夕方近く海怡半島から上環に戻って来た。

IMG_2762.JPG

 歩き回ってお腹が空いたので「牛筋麺」を食べよう。

IMG_2761.JPG

 柔らかく煮込まれた牛の筋肉。

IMG_2759.JPG

 香港では何を食べてもミルクティー。w

IMG_2758.JPG

 美味い!

IMG_2764.JPG

 上環にはこの手のお店が何軒もある。

IMG_2765.JPG

 中環よりは、ちょっと庶民的。

IMG_2766.JPG

 坂を上がって来るとハリウッドロードの手前に「摩羅上街(キャット・ストリート)」がある。

IMG_2767.JPG

 一種のどろぼう市みたいな所で。

IMG_2776.JPG

 本物だか偽物だか盗品だか分からないものを売っていた場所。

IMG_2777.JPG

 今では観光客向けのバッタ市みたいな感じだ。w

IMG_2780.JPG

 それにしても、これは酷い。w

IMG_2781.JPG

 観光客が冷やかして歩くには格好の場所だろう。

IMG_2772.JPG

 もう少しちゃんとした古美術品が欲しければ、一段上がった「荷李活道(ハリウッドロード)」に行けば良い。

IMG_2768.JPG

 そちらに行けば、高級な古美術商が並ぶ。

IMG_2769.JPG

 ちょっと僕らには手が出ないお店。w

IMG_2779.JPG

 左が漢で右が秦の兵馬俑ですかね?

IMG_2783.JPG

 中環の方に戻ろうか。

IMG_2785.JPG

 おお!子どもの集団下校だ。

IMG_2784.JPG

 これをフィリピン人のメイドさんが迎えに来るんだね。

IMG_2786.JPG

 朝コーヒーを飲んだ「Classified Sheung Wan」にロールスロイスが停まってる。さすが香港w

IMG_2787.JPG

 ヒルサイドエスカレーターに乗る。

 オーストラリア式のお総菜屋さん。

IMG_2789.JPG

 お金がある時は泊まる、「羅便臣道(ロビンソンロード)」の「Bishop Lei Internationar House」.

 ここのビクトリアベイを見下ろすオーシャンビューの部屋はいいよ。w

IMG_2790.JPG

 その先まで歩いて行くと。

IMG_2791.JPG

 高速道路の下に遊歩道があって、中環方面に降りれる。

IMG_2797.JPG

 夜になってSOHOに出て来た。

IMG_2793.JPG

 昨夜目をつけていたクラフトビール屋さん。

 「Craft Brew & Co

IMG_2794.JPG

 ハンバーガーでかい!w

IMG_2802.JPG

 いい気持でぶらぶら歩き。

IMG_2803.JPG

 ハリウッドロードの中環寄りには観光地化したランカイフォンよりはスノッブなバーが数軒並んでる。

IMG_2804.JPG

 私ももう少し飲んで帰ろうか。

IMG_2800.JPG

 香港に来たらモヒートだよね。w

 

◇2017年秋 深セン・香港出張

9月21日(木):1日目深セン到着

9月22日(金):2日目これがシェア自転車か

9月22日(金):2日目深センの山の手「侨城東街」

9月22日(金):2日目深センのSOHO「OCT-LOFT 華僑創意文化園」

9月22日(金):2日目深センの秋葉原「華強北」

9月22日(金):2日目東門町美食街

9月23日(土):3日目世界最大の複製画生産地大芬油画村(1)

9月24日(日):4日目さらば深セン
9月24日(日):4日目初めてビクトリアピークに登る
9月24日(日):4日目SOHOで香港の夜を満喫
9月25日(月):5日目香港大学
9月25日(月):5日目西營盤で飲茶
9月25日(月):5日目太古の超密集アパート
9月25日(月):5日目SOHOで打ち上げ
9月26日(火):6日目さらば香港
posted by アサノ | 07:21 | 2017年秋 深セン・香港出張 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年秋 深セン・香港出張 5日目太古の超密集アパート

IMG_2741.JPG

 9月25日(月)の午後。

IMG_2742.JPG

 今回の香港で来たかった場所に来た。

IMG_2744.JPG

 「太古の超密集アパート」である。

 満島ひかり嬢もMVで使っておられる。w

IMG_2747.JPG

 「九龍城」無き後、如何にも香港らしい風景である。

IMG_2749.JPG

 もの凄いアパートである。w

P1030021.JPG

 地下鉄の「太古」駅を降りて、少し「英皇道(King's Road)」を中環方面に戻ったところにある。

 湾曲した巨大な古いアパートが左手に目に入る。

P1030023.JPG

 これはなにしろ凄いとしか言いようが無い。w
P1030054.JPG

 いったいどういう人が住んでいるのだろうか?

P1030051.JPG

 1階に行列が出来てるお粥屋さんがあった。

IMG_2755.JPG

 食べてみよう。

IMG_2754.JPG

 熱くて汗だくだく。w

P1030028.JPG

 再び戻って、アパートの内側を眺める。

P1030034.JPG

 いつの頃から住み続けているのだろうか?

P1030039.JPG

 外壁は朽ち果てているが。

P1030040.JPG

 一軒一軒はそれほど汚くない。w

P1030041.JPG

 隣には近代的な高層マンション。

P1030043.JPG

 サッシ類は新しいですね。

P1030056.JPG

 「英皇道(King's Road)」はトラムが走っている。

P1030057.JPG

 古いトラムもラッピング。w

P1030067.JPG

 「船塢里(Shipyard Lane)」の駅からトラムに乗って。

P1030068.JPG

 中環方面に戻ろう。

P1030072.JPG

 GUCCIのラッピング。w

P1030074.JPG

 香港の街に妙に合う。w

P1030077.JPG

 「金鐘(Admiralty)」でトラムを降りて。

01.jpg

 香港大学に向かう「港島線(ネイビー)」と同じように新しく伸びた「南港島線(グリーン)」に乗って、香港島の南側に行ってみよう。

P1030079.JPG

 終点の「海怡半島站(South Horizons Station)」に到着。

P1030080.JPG

 高層マンションが並んでいるらしい。

P1030081.JPG

 おお!

P1030082.JPG

 南シナ海に面しているから、台風の時とかは凄そう。w

P1030083.JPG

 のんびりとした景色、香港の喧騒を離れて静かに暮らしたい金持ちが住むのか?

P1030086.JPG

 小さな島が点在する。

 海怡半島は、結構内海なのかもしれない。

P1030091.JPG

 一昔前は小さな港だったのだろう。

P1030093.JPG

 いつの間にか高層マンションが林立し。

P1030094.JPG

 地下鉄まで通っちゃった訳だ。

 香港はまだまだ開発されて行くんだね。

 

◇2017年秋 深セン・香港出張

9月21日(木):1日目深セン到着

9月22日(金):2日目これがシェア自転車か

9月22日(金):2日目深センの山の手「侨城東街」

9月22日(金):2日目深センのSOHO「OCT-LOFT 華僑創意文化園」

9月22日(金):2日目深センの秋葉原「華強北」

9月22日(金):2日目東門町美食街

9月23日(土):3日目世界最大の複製画生産地大芬油画村(1)

9月24日(日):4日目さらば深セン
9月24日(日):4日目初めてビクトリアピークに登る
9月24日(日):4日目SOHOで香港の夜を満喫
9月25日(月):5日目香港大学
9月25日(月):5日目西營盤で飲茶
9月25日(月):5日目太古の超密集アパート
9月25日(月):5日目SOHOで打ち上げ
9月26日(火):6日目さらば香港
posted by アサノ | 07:23 | 2017年秋 深セン・香港出張 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年秋 深セン・香港出張 5日目香港大学

IMG_2638.JPG

 9月25日(月)の午前中。

IMG_2637.JPG

 「荷李活道(ハリウッドロード)」を西に向かう。

IMG_2639.JPG

 香港島の中腹を中環から上環にかけて、下の「皇后大道中(クィーンズロード)」と並行してトラバース状に走る道である。

IMG_2640.JPG

 中環から上環にかけては、西洋人が一番先に住み着いた地域。

 どことなく西洋的な雰囲気があって、好きなエリアだ。

IMG_2641.JPG

 この辺りに来ると必ず寄る「Classified Sheung Wan」というお洒落なバー&カフェ。

IMG_2646.JPG

 香港や台湾の若手俳優で映画化された日本製コミック「頭文字D THE MOVIE」は、いまだにリスペクトされてる。ww

 群馬県の話なのに、日本語しゃべる人が一人も出てこない。ww

IMG_2648.JPG

 ちょっと怪しげな古美術品店が並ぶ「摩羅上街(キャット・ストリート)」を通ったが、まだ店が開いてないや。

IMG_2649.JPG

 ちゃんとした古美術商は、この一段上の「荷李活道(ハリウッドロード)」に並んでます。w

IMG_2651.JPG

 観光地ですね。w

IMG_2652.JPG

 「上環(ションワン)」の街に降りて来た。

IMG_2653.JPG

 香港の中心商業地区でお洒落なショップやバーが並ぶ「中環(セントラル)」よりは庶民的な食堂とかも多い。

201606130029157bf.png

 最近「上環」までだった地下鉄が西に向かって「堅尼地域」まで3駅伸びた。

 「西營盤」は最近若者たちが集まるスポットらしい。w

IMG_2655.JPG

 今回の出張目的は深圳の「OCT-LOFT 華僑創意文化園」のスタートアップ企業と、この香港の「香港大学」研究室である。

IMG_2656.JPG

 初めて来たが、東大よりもワールド大学ランキングでは上だそうだ。

IMG_2657.JPG

 この大学もスタバがある。w

IMG_2658.JPG

 流石に香港ではそんなにキャンパスは広く無いようだ。

IMG_2661.JPG

 こういうの大学ぽくっていいね。w

 「雨傘革命」の記憶も新しいね。

IMG_2666.JPG

 多分、こちらが大学の正面かも。

 近代的な校舎の方に地下鉄駅が出来ちゃったので、まるで裏側みたいだ。

IMG_2667.JPG

 この辺りは英国領時代をしのばせる。

IMG_2668.JPG

 日本人の学生も、アメリカやヨーロッパばかり留学しないで、香港や台湾、シンガポールの大学に行くと良いと思う。

 最近は西洋偏重では世界が読めないからね。

 今後の人脈もアジアで作った方が良いと思う。

IMG_2669.JPG

 コロニアルな。。。

IMG_2672.JPG

 ここが小さいけれど般含道(Bonham Rd)に面した香港大学正門(イーストゲート)。

IMG_2673.JPG

 ちなみに、ここの女子学生は皆さん長身で髪が長くスタイルが良い。w

IMG_2678.JPG

 帰りがけに博物館に寄って行こう。

IMG_2674.JPG

 う〜ん、誰もいない。。

IMG_2675.JPG

 漢時代の「灰陶加彩婦人俑」ですかね。

IMG_2677.JPG

 もう昼か。。

 「西營盤」が近いから歩いて行こうかな。

 

◇2017年秋 深セン・香港出張

9月21日(木):1日目深セン到着

9月22日(金):2日目これがシェア自転車か

9月22日(金):2日目深センの山の手「侨城東街」

9月22日(金):2日目深センのSOHO「OCT-LOFT 華僑創意文化園」

9月22日(金):2日目深センの秋葉原「華強北」

9月22日(金):2日目東門町美食街

9月23日(土):3日目世界最大の複製画生産地大芬油画村(1)

9月24日(日):4日目さらば深セン
9月24日(日):4日目初めてビクトリアピークに登る
9月24日(日):4日目SOHOで香港の夜を満喫
9月25日(月):5日目香港大学
9月25日(月):5日目西營盤で飲茶
9月25日(月):5日目太古の超密集アパート
9月25日(月):5日目SOHOで打ち上げ
9月26日(火):6日目さらば香港
posted by アサノ | 07:28 | 2017年秋 深セン・香港出張 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年秋 深セン・香港出張 4日目SOHOで香港の夜を満喫

IMG_2603.JPG

 9月24日(日)の夜、ビクトリアピークから降りて来て。

 晩ごはんを食べる為にSOHOにやって来た。

IMG_2602.JPG

 一人なので、まるで一昔前の香港映画に出てくるような食堂に入った。

IMG_2599.JPG

 なんだか分からない私に、おじさんが薦めてくれたシイタケ焼きそば。

 それと、香港に来たら毎食ミルクティー。w

IMG_2620.JPG

 SOHOは好きだな〜。

 「中環至半山自動扶梯ヒルサイド・エスカレーター)」の途中にある。

IMG_2617.JPG

 通りに面したバーで、ヒルサイド・エスカレーターから降りてくる人たちを眺めながら、何杯かモヒートを飲んだ。

 香港のモヒートは日本のものよりミントの葉がワサワサ多いので美味いんだよね。w

IMG_2623.JPG

 いい気持で、クラフトビールの店があるというので来てみた。

IMG_2624.JPG

 ハンバーガーか、明日来てみよう。。

IMG_2626.JPG

 いいな〜、怪しい路地。w

IMG_2627.JPG

 香港のこういう景色が好き。

IMG_2628.JPG

 「荷李活道(ハリウッドロード)」の画廊。

IMG_2629.JPG

 香港の画廊は、深圳大芬油画村の画廊とは月とスッポンぐらいクオリティが違う。

 対象が違うのだろうが、たまには近いのだから見に来た方が良い。w

IMG_2632.JPG

 ホテルはバーやクラブが林立する「蘭桂坊(ランカイフォン)」のすぐ近くなのだが。

 最近は通俗的でお洒落じゃ無くなったので、パスして寝よう。w

 

◇2017年秋 深セン・香港出張

9月21日(木):1日目深セン到着

9月22日(金):2日目これがシェア自転車か

9月22日(金):2日目深センの山の手「侨城東街」

9月22日(金):2日目深センのSOHO「OCT-LOFT 華僑創意文化園」

9月22日(金):2日目深センの秋葉原「華強北」

9月22日(金):2日目東門町美食街

9月23日(土):3日目世界最大の複製画生産地大芬油画村(1)

9月24日(日):4日目さらば深セン
9月24日(日):4日目初めてビクトリアピークに登る
9月24日(日):4日目SOHOで香港の夜を満喫
9月25日(月):5日目香港大学
9月25日(月):5日目西營盤で飲茶
9月25日(月):5日目太古の超密集アパート
9月25日(月):5日目SOHOで打ち上げ
9月26日(火):6日目さらば香港

 

 

◇怪しい路地好きアーカイブ(海外編)


台湾

 

カンボジア
香港SOHO2017年9月

韓国
ソウル江南
posted by アサノ | 07:27 | 2017年秋 深セン・香港出張 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年秋 深セン・香港出張 4日目初めてビクトリアピークに登る

IMG_2583.JPG

 9月24日(日)の夕方。

 ホテルに荷物を置いて出て来た。

IMG_2584.JPG

 実は香港は何度も来ているのだが、ビクトリアピークには登ったことが無かった。w

P1020970.JPG

 なんでもピークトラムが調子悪いらしく、バスで代替輸送。

P1020971.JPG

 香港島のビル群を眼下に見ながら、徐々に高度を上げて行く。

P1020973.JPG

 ぐるっと回って香港島の裏側に出た。

 「The Victoria Peak(大平山山頂)」

P1020981.JPG

 狭い香港の人々にとって、涼しくて広々としたビクトリアピークの高台は超高級住宅地なのだ。

P1020982.JPG

 ピークに到着。

P1020986.JPG

 明日は向こう側の海岸に行ってみようかな。

P1020987.JPG

 ショッピングモールのピークタワー。

P1020990.JPG

 この辺りにも高級住宅が。

P1020991.JPG

 おお!下界はごみごみしているの〜。w

P1020994.JPG

 香港島は、英国領になった後に西洋人が住居を構えました。

 それが上環と中環です。

P1030004.JPG

 その後、ビクトリアピーク中腹に半山区という高級住宅街が出来て。

 続いて避暑地や混みあった不潔な街から逃れるように、ビクトリアピーク上部が西洋人のための超高級住宅街になって行ったそうです。

P1030005.JPG

 おお!大勢の人がいる。

P1030008.JPG

 夕陽を待ち受けているらしい。

P1030010.JPG

 と思っていたら、だんだん暗くなって来た。

P1030013.JPG

 高層ビルに明かりが点り。

P1030016.JPG

 これが100万ドルの夜景ってやつでしょうか。

P1030017.JPG

 ジャ〜ン!

P1030019.JPG

 ジャジャジャジャーン!!

 名所って馬鹿にならない。ww

IMG_2596.JPG

 よし、下山のバスが混む前に帰ろう。w

 

◇2017年秋 深セン・香港出張

9月21日(木):1日目深セン到着

9月22日(金):2日目これがシェア自転車か

9月22日(金):2日目深センの山の手「侨城東街」

9月22日(金):2日目深センのSOHO「OCT-LOFT 華僑創意文化園」

9月22日(金):2日目深センの秋葉原「華強北」

9月22日(金):2日目東門町美食街

9月23日(土):3日目世界最大の複製画生産地大芬油画村(1)

9月24日(日):4日目さらば深セン
9月24日(日):4日目初めてビクトリアピークに登る
9月24日(日):4日目SOHOで香港の夜を満喫
9月25日(月):5日目香港大学
9月25日(月):5日目西營盤で飲茶
9月25日(月):5日目太古の超密集アパート
9月25日(月):5日目SOHOで打ち上げ
9月26日(火):6日目さらば香港
posted by アサノ | 07:25 | 2017年秋 深セン・香港出張 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年秋 深セン・香港出張 4日目さらば深セン

IMG_2451.JPG

 9月24日(日)旅4日目の朝、おお!ザーザー降りの雨だ。

IMG_2452.JPG

 今日は深圳から香港に移動する日。

IMG_2453.JPG

 同じ中国内を移動するにもイミグレーション通るんだね。

 この手前で中国元を香港ドルに両替できる。

IMG_2454.JPG

 外国人レーンです。

IMG_2455.JPG

 深圳羅湖站から香港の紅磡站に向かう地下鉄に乗る。

 1時間半の電車旅だ。

IMG_2460.JPG

 国境って感じだ。。

IMG_2461.JPG

 さらば深圳。

IMG_2465.JPG

 地下鉄に乗り。

IMG_2467.JPG

 なんだか異世界から現実世界に戻る気持ち。ww

IMG_2468.JPG

 香港ホンハム駅に到着。

 文明社会というと深圳が違うかという訳ではないが、自分の常識の通用する世界に帰って来た気分。w

IMG_2469.JPG

 でも、ここにも大陸の人達の集団。ww

IMG_2471.JPG

 おお!帰って来た感満載。ww

IMG_2475.JPG

 「尖沙咀(チムサーチョイ)」まで来ると、帰って来た感が高まる。

IMG_2481.JPG

 高層ビルも深圳とは何かが違うんだよね。

IMG_2484.JPG

 この密集したビルとか好きだな〜。

 重慶大廈か美麗都大廈と称される魔窟ビルに来た。

IMG_2501.JPG

 「重慶大廈」は両替でおなじみだけど「美麗都大廈」はあまり来ないな〜。

 こちらの方が治安が良いので、女性には人気?らしいが。。

IMG_2487.JPG

 こういうどろどろさが香港の魅力だ。

IMG_2486.JPG

 必ずある床屋。w

IMG_2492.JPG

 上の階に上って来ると。

 重慶大廈(チョンキンマンション)を舞台にした有名な映画「Chungking Express 重慶森林」。

IMG_2489.JPG

 貸室の案内が出てるが、まったく窓の無い部屋も多い。

 上の方の階に上ると激安ゲストハウスや、こういうお部屋がある。

IMG_2493.JPG

 シャッターが閉まっているのは、今日が日曜日のせいなのか本当に営業していないのか。。

 夜は全部閉まってしまうらしい。

IMG_2495.JPG

 両替商は重慶マンションの方が多いですね。

IMG_2496.JPG

 競争が無いとレートが良くならない。

IMG_2498.JPG

 人気のクッキー屋「ジェニーベーカリー 」がある。

IMG_2488.JPG

 そこだけは、今風の男女が群がっていた。

IMG_2503.JPG

 さてさて、これから人混みの尖沙咀から香港島に渡ります。

IMG_2508.JPG

 地下鉄で行けばすぐなんだけど、やっぱ1回はスターフェリーでしょ。w

IMG_2527.JPG

 ほんの10〜15分ぐらいの航路だけど。

 気持ちいんだよね。

IMG_2528.JPG

 やはり九龍半島側から香港島に向かった方が気持ちがいい。

IMG_2530.JPG

 げっ!しばらく来ない間に旺角にあったApple Storeが中環(セントラル)に移ってる。でかいw

IMG_2535.JPG

 初めて韓国の「慰安婦像」の本物を見た。

IMG_2540.JPG

 いやこれは、いつものことながら凄い。

IMG_2546.JPG

 今日は日曜日だったので、フィリピンのメイドさん達が集まっておしゃべりしたり持って来たお弁当食べたりする世界中で見る光景だ。

IMG_2547.JPG

 でも以前に比べると、段ボールで囲ったりとか、ものものしくなったね。

IMG_2553.JPG

 大好きな「中環至半山自動扶梯(ヒルサイド・エスカレーター)」に乗って。

IMG_2557.JPG

 いつもならこのエスカレーターで香港島のビジネス街中環から、英国植民地時代の建築物が立ち並ぶ荷李活道(ハリウッドロード)を横切り、ソーホーを抜けて高台の高級住宅地半山区(ミッドレベルズ)に向かうはずだが。

IMG_2558.JPG

 この辺りも香港ぽい光景である。

IMG_2562.JPG

 なにしろ、狭くて活気があるのが香港だ。

IMG_2565.JPG

 今回は蘭桂坊(ランカイフォン)近くに泊まるので、荷李活道(ハリウッドロード)で降りて山の中腹をトラバース気味に歩く。

IMG_2567.JPG

 途中でお腹が空いたので、焼きそばとアイスティー。

IMG_2569.JPG

 どれどれ、この辺りかな?

IMG_2570.JPG

 この辺りだ。

IMG_2571.JPG

 小さいとはいえキャリーバッグ持って登るのはきついな。

IMG_2572.JPG

 おお!ここだここだ。

IMG_2573.JPG

 「香港外国記者會

 レストランがあるそうですが、ドレスコードがあるらしい。ww

IMG_2576.JPG

 その向かいにある「Mini Hotel Central」が今宵の宿。

 立地的には絶妙な位置にあって、値段も香港にしてはリーズナブルだが。。

IMG_2577.JPG

 部屋は狭い。。

IMG_2582.JPG

 香港の安宿は狭いのが常識だし、窓が開放的なのでよしとしよう。w

IMG_2579.JPG

 窓からの眺めはいいよ。

IMG_2581.JPG

 荷物を置いたらビクトリアピークでも行ってみるか。

 意外と香港を観光旅行したことが無かったのだ。w

 

◇2017年秋 深セン・香港出張

9月21日(木):1日目深セン到着

9月22日(金):2日目これがシェア自転車か

9月22日(金):2日目深センの山の手「侨城東街」

9月22日(金):2日目深センのSOHO「OCT-LOFT 華僑創意文化園」

9月22日(金):2日目深センの秋葉原「華強北」

9月22日(金):2日目東門町美食街

9月23日(土):3日目世界最大の複製画生産地大芬油画村(1)

9月24日(日):4日目さらば深セン
9月24日(日):4日目初めてビクトリアピークに登る
9月24日(日):4日目SOHOで香港の夜を満喫
posted by アサノ | 07:20 | 2017年秋 深セン・香港出張 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年秋 深セン・香港出張 3日目世界最大の複製画生産地大芬油画村(2)

IMG_2363.JPG

 9月23日(土)の午後、もう一つの大芬油画村へ歩いてやってきた。

IMG_2364.JPG

 先ほどまでいた油画村が生産工場なら、こちらはさしずめ販売拠点のようなものだろう。

 2km弱ぐらいかな。

IMG_2365.JPG

 笑えるのは、絵画教室が軒を並べていることだ。

 絵画が産業になれば、その教育機関が出来るのは自明の理か。w

IMG_2366.JPG

 絵画ビジネスで成功した親は子どもにも絵を習わせるのか?

IMG_2367.JPG

 ショールームが立ち並ぶ。

IMG_2371.JPG

 ここでも描いている人がいるね。

IMG_2373.JPG

 さながら絵画のスーパーマーケット。

IMG_2376.JPG

 大通りに沿って歩いて行くと。

IMG_2377.JPG

 なぜか小さな旅社が沢山ある。

IMG_2378.JPG

 なんでだろう?

 単人房はシングルで、夫妻房はダブル、双人房はツインルームか?

IMG_2375.JPG

 豪華房108元(エアコンとPC付き)、棋牌房(チェス盤がある?)138元。ww

IMG_2380.JPG

 おお!もしかしてあれは?

IMG_2379.JPG

 これが有名な時速80劼阿蕕い走る車椅子(認可上)というやつか。w

 安全性が一切無いらしい。w

IMG_2381.JPG

 こちらは電動自転車。

 音も無くかなりのスピードで走る。

IMG_2382.JPG

 周りは高層住宅がずらり。

IMG_2383.JPG

 おお!原創油画城とは、模写ではなくオリジナルの絵画を売っているらしい。

IMG_2384.JPG

 ちょっと楽しみですね。

IMG_2385.JPG

 おお!こちらですね。

IMG_2386.JPG

 美大の教室みたいだ。w

IMG_2389.JPG

 この人は結構上手いね。

 そこには必ずQRコード。w

 油画村で模写を描いて腕を磨き、徐々に路地裏から屋根付きアトリエへ、そして模写ではないオリジナルを描いて画商に認められる。

 そういうサクセスモデルがあるんだね。

IMG_2390.JPG

 すげ〜、ヘタな絵もある。

 私でもここなら食っていけるかもしれない。w

IMG_2391.JPG

 外には成金趣味のセンスの悪い彫刻が。w

IMG_2392.JPG

 深圳市内に戻って来た。

IMG_2394.JPG

 高層ビルが天を衝く。

IMG_2397.JPG

 へ〜、パナソニックもあるんだ。

IMG_2401.JPG

 高層ビルが乱立するね。

IMG_2402.JPG

 なんと!金色のビル。w

IMG_2403.JPG

 今日は歩き疲れたので、映画でも観ようかな。

IMG_2405.JPG

 そっピングモールの中にスケートリンクがあった。

IMG_2411.JPG

 なんでも規模が大きい。w

IMG_2412.JPG

 へ〜!テスラを売ってる。

IMG_2413.JPG

 こちらでは結構走っているのを見る。

 ステイタスになってるんだね。

IMG_2418.JPG

 京基100(442m、深圳市、中国)世界で17位の高さ。

IMG_2420.JPG

 カフェで一休み。

 今日は歩いたな〜。

IMG_2428.JPG

 疲れたので、マンゴーかき氷食べに来た。

IMG_2422.JPG

 凄いね。

 中国にこんなにマンゴーがあるんだ?

IMG_2430.JPG

 ホテルに一度戻って、また出て来た。

IMG_2432.JPG

 今夜は深圳最後の夜なので、出来るだけローカルなものを食べよう。

IMG_2434.JPG

 羊串。。クミンの香り

IMG_2435.JPG

 四川料理。

IMG_2437.JPG

 こういう屋台はいいね。

IMG_2439.JPG

 おお!辛いんだよね。

 ビールが進む。w

IMG_2441.JPG

 3日いると慣れて来て楽しくなる。

IMG_2442.JPG

 ホームレスのばあちゃんが、プラスティックのカップを持って廻っている。

 なんだか合理的だな。。

IMG_2446.JPG

 次は豚足屋だ。

IMG_2445.JPG

 豚足でビールが飲みたいのに、弁当にしやがった。ww

IMG_2448.JPG

 フルーツを食べながらホテルに戻る。

 

◇2017年秋 深セン・香港出張

9月21日(木):1日目深セン到着

9月22日(金):2日目これがシェア自転車か

9月22日(金):2日目深センの山の手「侨城東街」

9月22日(金):2日目深センのSOHO「OCT-LOFT 華僑創意文化園」

9月22日(金):2日目深センの秋葉原「華強北」

9月22日(金):2日目東門町美食街

9月23日(土):3日目世界最大の複製画生産地大芬油画村(1)

9月24日(日):4日目さらば深セン
posted by アサノ | 07:28 | 2017年秋 深セン・香港出張 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年秋 深セン・香港出張 3日目世界最大の複製画生産地大芬油画村(1)

P1020823.JPG

 9月23日(土)3日目の午前中、地下鉄に乗って深圳郊外の「大芬」という駅まで来た。

P1020825.JPG

 郊外の集合住宅が立ち並ぶ地域という感じか。

P1020828.JPG

 駅前には大きなスーパーやショッピングモールがあり。

 日本なら老人が沢山いそうだが、ここは子どもばかり。w

 今日は「大芬油画村(Dafen Oil Painting Village)」という世界最大の複製画生産地を目指してやって来た。

P1020835.JPG

 駅から10分程度歩いて、路地を覗くとなにやらそれらしいたたずまいが。。

P1020842.JPG

 どうもこの辺りらしい。

P1020848.JPG

 おお!いたいた。w

P1020849.JPG

 路地裏が全てアトリエになってるのか?

P1020852.JPG

 なんでも、ここには8000人近い画家がいるそうで。

P1020856.JPG

 世界のホテルやレストランに飾られる複製画の60%約100万枚以上が大芬で生産されているのだという。

P1020860.JPG

 我々が美術大学で習った模写法というのは一般的に「グリッド法」というのっ学ぶのだが。

 この人たち、いきなりスマホで原画を見て、このでかいの描いてるんだ?ww

P1020861.JPG

 この人は屋根のあるアトリエでお茶を飲みながら描いている成功者ですね。

P1020862.JPG

 こちらは路地裏で、明日は自分も屋根や壁やドアのあるアトリエを持ちたいと思いながら絵を描く若者。

P1020867.JPG

 この子もスマホで原画見てますね。

P1020871.JPG

 確かに路地という路地に画家がいる。w

P1020873.JPG

 画材屋さんもあります。

P1020875.JPG

 絵描きが集まれば資格認定機関とか出来るんだね。ww

P1020876.JPG

 油画村というが、ほとんどがアクリル系の絵の具使ってますね。当然かw

P1020878.JPG

 ここの商品?は確かに売れると思う。

 絵そのものの価値ではなく、飾ってきれいかを追求してるからだ。

P1020886.JPG

 この人は自分のギャラリーまで持ってますね。

 一番の成功モデルか?

P1020888.JPG

 こういうところは日本の画材屋さんと変わらないですね。

P1020890.JPG

 美術書専門店もありました。

P1020889.JPG

 美術書よりは「絵の描き方」みたいなノウハウものが多いのが特徴か?

P1020882.JPG

 この人もタブレットで顧客の写真を見ながら肖像画描いてます。

 アトリエで子育てしながらだから、成功者の部類なんですかね。

 座っている椅子もいいのです。

P1020893.JPG

 肖像画は技術が出るので、上手い人は儲かるのかも。

 初心者は技術のバレない抽象画からかな?

P1020894.JPG

 今回見た中では、この人が一番上手かった。

 全体的には、日本の美術大学の油絵科低学年レベルか趣味の絵画教室レベルの人が圧倒的に多い。

P1020897.JPG

 油画村の中心に広場があった。

P1020901.JPG

 親子が日向ぼっこ。

P1020902.JPG

 深圳に来て目につくのは子ども。

 日本より明らかに子どもが多い。

 日本なら公園にいるのは老人だもんね。。

P1020905.JPG

 どうも一番の成功者らしい。

 中国の人は顔出し好きだよね。

 それだけ人の波に飲み込まれてはいけない競争社会なんだと思うが。

P1020907.JPG

 世界中どこでもアートな香りはウェアハウスだよね。w

P1020909.JPG

 中に入ってみましょうか。

P1020911.JPG

 カフェ併設のようだ。

P1020913.JPG

 市場の中央にはダビンチ?

P1020919.JPG

 珍しい古い建物があった。

P1020917.JPG

 現代中国の都市では珍しいね。

 昔から建っていたのだろうか?

P1020926.JPG

 更に奥まで歩いていくと。

 なにしろ広い

P1020927.JPG

 「配画設計中心(Art Decoration Design Center)」要するに画商というか、アートコーディネーターですね。

 ここでそういう商売はかしこい。w

P1020928.JPG

 書も中国の主要輸出物だ。

P1020931.JPG

 作品をスマホで撮って、すぐに送るのか?

P1020933.JPG

 一番奥まで来ると、緑に囲まれた落ち着いた小道が現れる。

P1020935.JPG

 これ可笑しい。ww

 路地にぼろいソファとテレビと飲み物クーラー。
 営業なのか休憩所なのか。。

P1020939.JPG

 搬出風景

P1020947.JPG

 この辺りは落ち着いているね。

P1020951.JPG

 アトリエというよりは画商街か?

P1020953.JPG

 美術館がありました。

P1020957.JPG

 やっていた展覧会が面白くて。

P1020958.JPG

 巨匠なんだけど、やたらどんな画風でも描ける。

 しかもすさまじい多作。ww

P1020959.JPG

 いかにも「大芬油画村」の一番の成功者って感じだ。ww

 この村に来て思ったことは。

 昨日の「OCT-LOFT 華僑創意文化園」や特に「華強北」でも感じたのであるが。
 個人がスモールに起業するシステムが出来上がっていることである。
 まったく絵の素人同然であっても、それこそ周辺業務から始めて、路地裏のアトリエでスマホの原画をコピーする仕事から身を起こし。
 肖像画や個性のある売れる絵が描けるようになれば、屋根も壁もドアもついたアトリエに移り、更に自分のギャラリーを持つまでになる。
 そのビジネスモデルのピラミッドが非常に分かり易く作られているのが興味深い。
 更にここで学んだのは、絵画だけに限らず殆どの顧客がクオリティを求めていないということだ。
 到底日本人には考えられないビジネスモデルだな〜と、感服した次第。。w

P1020967.JPG

 お腹空いたので「蘭州拉面」というウィグル系のお店があったの入ってみた。

P1020965.JPG

 これは食い切れんわ。。

 油画村では普通に現金が使えました。

 

◇2017年秋 深セン・香港出張

9月21日(木):1日目深セン到着

9月22日(金):2日目これがシェア自転車か

9月22日(金):2日目深センの山の手「侨城東街」

9月22日(金):2日目深センのSOHO「OCT-LOFT 華僑創意文化園」

9月22日(金):2日目深センの秋葉原「華強北」

9月22日(金):2日目東門町美食街

9月23日(土):3日目世界最大の複製画生産地大芬油画村(1)

9月24日(日):4日目さらば深セン
posted by アサノ | 07:27 | 2017年秋 深セン・香港出張 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年秋 深セン・香港出張 2日目東門町美食街

IMG_2297.JPG

 9月22日(金)の夜、夕食に出て来た。

IMG_2299.JPG

 2日目になり、少しは深圳の街にも慣れて来た。

IMG_2302.JPG

 一人旅なのでレストランに入ってもいろいろ食べれないので、屋台村を探してやって来たのだ。

 ネットで調べたら「東門町美食街」が良いらしかったので来てみた。

IMG_2305.JPG

 なに?このでかいイカの足。。。

 こんなイカ日本にいないよね〜。

IMG_2311.JPG

 これは辛いのを選んで焼いてもらうのか?

IMG_2326.JPG

 指さしておばちゃんに入れて貰うのか?

IMG_2313.JPG

 もう、なんか日本のスケール感と違うから笑える。。

IMG_2315.JPG

 焼き餃子もあるんですね。

IMG_2316.JPG

 これはカニ?

IMG_2320.JPG

 これだけのペースで中国人が地球上の生物を食い尽くしてると思うと、少し戦慄する。w

IMG_2323.JPG

 私もイカ焼き食べてみようか。

IMG_2325.JPG

 柔らかくて美味しい。

IMG_2327.JPG

 次の店では焼き餃子と辛い麺類。

IMG_2329.JPG

 何だろうね?

IMG_2330.JPG

 「蕨根粉」って書いてある。。

 ワラビの粉で作った冷麺らしい。

IMG_2332.JPG

 そういえば私の中国体験というのは、もうかれこれ10年以上前に東北地方の大連に通っていてからなのだが。

 当時は5つ星ホテルに泊まり、通訳運転手付きで、毎夜高級レストランと日式クラブばかりだった。

IMG_2333.JPG

 その後は香港や台湾はよく行くが、中国本土は10年ぶりぐらいである。

 その間に爆発的な経済成長で、どこに行っても高層ビルだらけになった。

 ある意味、そのおかげで街も清潔になり治安も良くなったので、こういう庶民の中に溶け込んだ旅が出来るようになったんだね。

IMG_2335.JPG

 そいうえば、現金が通用しない深圳でこの屋台村は現金が使えて助かった。

 あまりの客の多さに、スマホ決済がまだるっこしいのだろうか。

 向こう側の男性と、手前の女性は現金を入れるプラスティックのカゴを持ってる。

 一応はQRコードも貼ってある。w

IMG_2338.JPG

 お腹もいっぱいになったので外に出て来た。

 「東門歩行街」という分かり易い名前。w

IMG_2341.JPG

 人がいるね〜。

IMG_2343.JPG

 深圳は30年間で人口が30万人から1400万人に増え。

 65才以上の人口が2%しかいない若い都市だ。

IMG_2349.JPG

 「人類史上最速で成長する都市」と言われるのもうなずける。

 まったく高齢者を見かけない、若者と子どもの街だ。

IMG_2357.JPG

 誤解無きように言っておくが。

 中国の少子高齢化は「21世紀なかごろ 中国高齢者人口はアメリカ人口超える」と言われるぐらい日本と同じに深刻である。

 若者が多いのは、ここが経済特区の深圳だからだ。

IMG_2358.JPG

 およよ見たことあるような店舗だが「New bunren」ってスペル間違ってないか。ww

 危うく買いそうになるかと思うと、結構価格は高いんだよね。

 

◇2017年秋 深セン・香港出張

9月21日(木):1日目深セン到着

9月22日(金):2日目これがシェア自転車か

9月22日(金):2日目深センの山の手「侨城東街」

9月22日(金):2日目深センのSOHO「OCT-LOFT 華僑創意文化園」

9月22日(金):2日目深センの秋葉原「華強北」

9月22日(金):2日目東門町美食街

9月23日(土):3日目世界最大の複製画生産地大芬油画村(1)

9月24日(日):4日目さらば深セン
posted by アサノ | 07:24 | 2017年秋 深セン・香港出張 | comments(0) | trackbacks(0) |
Search this site