経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 六本木→原宿 多摩美めぐり | TOP | 勝手に打ち上げ >>
武蔵工大小池研×専修大上平研卒展「TAKE OFF」

 日曜日、横浜みなとみらいの運河縁にあるBankART Studio NYK に武蔵工大小池研と専修大上平研の合同卒展を見に行ってきた。

 1929年に建てられた銀行の建物がギャラリーになっています。

 おお、広々として良い会場ですね。

 天井が高く、のびのびとした気持ちになります。

 前日の六本木AXISの展覧会が、コンセプトボードがほとんど無くて、作品の意図が伝わらず残念だったのに対して、ここは贅沢なスペースがあります。

 情報デザインの成果物は、見ただけだと全然なんだか分からないものが多いので、コンセプトボードが大切です。更に説明を聞いて納得します。

 1年間見てきた「コミュニティバス」のプロジェクトも、そろそろ全貌が見えてきてホッとする。もの凄い量のフィールドワークをこなしてきた山田さんお疲れさま。

 13時より上平先生と小池先生が基調講演。

 多摩美大吉橋先生とトークセッションが行われました。会場は寒いので、皆コート姿です。

 私も前に座って少しお話しをしてしまいました。いまいちまとまらない話ですいません。

 その後は、学生さん達の発表が続きます。

 うちのゼミの卒業生ユキちゃんも来ていました。お久しぶり!
posted by アサノ | 08:30 | 情報デザイン | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site