経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 平成21年度 入学式と花見 | TOP | リコール商品 後編 >>
鶏のトサカのダイアグラム


 先週の教科書編集会議で小池先生や上平先生に教わった事。
 「ナイチンゲールは何をした人でしょう?」
 「赤十字を作った。」
 「ブー!」


 実は近代統計学の祖であり、看護学に統計を取り入れ、英国陸軍病院の環境改善に取り組んだ人だったのです。
 上記のダイアグラムは「鶏のトサカ」と呼ばれる有名なもので。当初戦死者というのは、戦場で負傷し疲労と栄養失調から死に至ると考えらていたが、実は不衛生な野戦病院での院内感染が主だったという統計を分かりやすくしたものです。

 インフォメーショングラフィックスの祖でもあったのですね。

△このサイトに詳しい
http://www.florence-nightingale-avenging-angel.co.uk/japanese/index.htm

 年度の初めに、経験則で「これはこんなものだ。」と思い込まないで、「きちんと統計から真実を見つけて対処しよう。」という話の資料として取り上げました。
 ナイチンゲールが、その統計から打った手立てが凄い。こういうのを実装能力と言う。

ナイチンゲール、時期別・生涯の仕事一覧
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Sakura/8452/naitinngerusigotoitirann.htm

 仕事はこうでなくっちゃ。
posted by アサノ | 01:42 | 情報デザイン | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site