経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< (株)コンセントの講座 第1回目  | TOP | 第4回アックゼロヨン・アワード >>
第1回ビジョン提案型デザイン手法シンポジウム
 今週19日金曜日に「日本人間工学会第50回全国大会記念 第1回ビジョン提案型デザイン手法シンポジウム」が田町のキャンパスイノベーションセンターで行われます。湘南国際村であった合宿は行けなかったので、これは是非参加したいと思います。申込みはしてあるし、後は午前中の授業が終わったら学生に捕まらないうちに速攻で学校を出ること。新幹線で行くのは自分に心苦しい・・・。

 日本人間工学会アーゴデザイン部会では、これまでにユニバーサルデザインの方法論
やユビキタス時代におけるユニバーサルデザイン方法論の調査研究に取り組んできました。
また、合宿研究会では、2007年には「ペルソナ法」、2008年には「構造化シナリオ手法」、
2009年度には、「ビジョン提案型デザイン手法」のワークショッ プを開催しました。

この手法は、これから時代における便利で使いやすい商品やサービスの創出に役立つ
手法と確信しております。この機会に、下記要領で開催される第1回シンポジウムに
是非ご参加ください。

※満員となりました。今後はキャンセル待ちとなります。
8月20日にも第2回を予定しているのでふるっってご参加ください。

□タイトル
日本人間工学会第50回全国大会記念 
第1回ビジョン提案型デザイン手法シンポジウム

□開催日時
6月19日(金)13:30-18:30

□主催
日本人間工学会アーゴデザイン部会

□共催
HCD-Net

□定員
60名(先着順)

□参加費
会員2000円(アーゴデザイン部会、日本人間工学会、HCD-Net)
非会員4000円

※ キャンセル待ちの方が発生いたしますので、
6月15日以降のキャンセルは参加費の半額、
当日のキャンセルは全額いただきます。

□資料
ビジョン提案型デザイン手法の概要の資料配布(別途販売しません)

□内容
13:30- 13:30 
ご挨拶、上田義弘(富士通(株))
13:35-15:15 
ビジョン提案型デザイン手法の概要
・ビジョン提案型手法の概要、山崎和彦(千葉工業大学)
・本質的価値の抽出手法の概要、山崎和彦(千葉工業大学)
・ペルソナと構造シナリオ手法の概要と活用、郷健太郎(山梨大学)、柳田宏治(倉敷芸術科学大学)
15:25-16:20
ビジョン提案型デザイン手法の事例
・事例の概要、早川誠二((株)リコー)
・イヤスクの事例、伊藤潤(ソニー)予定
・おもてなしコーヒーメーカーの事例、吉井誠 (株式会社アイ・エス・ティ)
・カートリッジコーヒーの事例、森田善和(株式会社富士通エフサス)
16:20-16:40
ビジョン提案型デザイン手法の今後の展開、高橋克実((株)ホロンクリエイト)
17:00-18:30
交流会

posted by アサノ | 00:55 | HCD関連情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site