経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 日本デザイン学会 第56回春季研究発表大会に来ています | TOP | クライアントとユーザの関係 >>
名古屋B級グルメの旅


 27日(金)夕方。名古屋駅5・6番線ホーム「住よし」にて、かき揚きしめん。おお、これから名古屋のB級グルメを堪能するぞ〜。

 夜遅く錦の「だるま」で生ビール。つまみは味が濃くて2品ぐらいでギブアップ。
 いや〜、隣の人の名古屋弁がうるさいのなんのって。(笑)これが3日間続くのかい?

 食べている隙間に学会で発表する。ウソ

 28日(土)発表後の打ち上げに「伏見のうまいもん舎 山」で手羽先揚げを食べる。味の濃さに、4人で4〜5品でお腹一杯。
 「山」は世界の山ちゃんの系列店なので、手羽はスパイシーで美味しいが、そんなに食べれるものでもありませんでした。

 名古屋デザインセンタービルに行ってみるが、夜中なので何も見れず。当たり前だ。

 「錦三ハイボール酒場」で角ハイボール1杯300円を飲む。

 ホテル近くに戻りスペインバルの「Bar Espana2」でティント・デ・ベラーノ2杯。それでぐっすり・・・。

 29日(日)朝ごはんはホテルで和定食。サバの塩焼きでご飯二杯。旅に出ると、なぜか朝ごはんがすすむ。この時点でお腹パンパン。
 栄までバスで出て「コメダ珈琲店」でサマージュース(甘夏みかん)」と「シロノワール小」でお茶。
 シロノワールとは、この店の名物で暖かいデニッシュにソフトクリームが乗っていて、それにメープルシロップをかけて食べる。小さいサイズを食べたが、甘さで頭が痛くなった。

 昼に錦で櫃まぶしを食べようとkojicozy親子も行った老舗「いば昇」に向かうも日曜定休で断念。(涙)

 すぐ隣の味噌煮込うどん「山本屋本店」は、もう名古屋の八丁味噌はつらいのでパス。ランチで1575円は高い。うどんだよ・・・。夜は2千円以上します。

 やむなく名古屋駅まで移動して名鉄百貨店9階の「まるや本店」に行くも、大行列で断念。
 エスカ地下街に行き「備長」に入る。ここも行列だったが、一人だったのでカウンター席が空いていてすんなり着席。

 最後のお茶づけは煎茶ではなく出汁をかけるタイプ。私は煎茶か番茶の方がさっぱりして好きだけど。うなぎが関東のうなぎよりもカリッとしてました。これが櫃まぶしの特徴かな。

 最後に学会風にまとめ。
□名古屋の食べ物は、味が濃くてどうも私には合わないみたい。
□多分マヨネーズの消費量も日本一ではないか?
□名古屋にはきっと住めないと強く思う。トホホ

※注:これは個人の味覚や嗜好の問題で、名古屋の食文化を否定するものではありません。
※関連情報:オカケンブログ(この人達も食っとる)

posted by アサノ | 00:31 | 今月の地方めし | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/1119
トラックバック
Search this site