経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 京都6日目 郊外をドライブ | TOP | 京都7日目 帰京 >>
京都6日目 最後の晩餐

 明日は帰るので、最後の晩餐。娘が函館でお世話になった未来大の名塚さんを誘って再び「おにかい」にやってきました。

 あいかわらず艶々して美味しい煮野菜達。

 炙りタコのマリネ。私は酸っぱいものが好き。

 煮レタス。シャキシャキして美味い。レタスは軽く茹でると本当に美味しくなります。沖縄じゃおでん屋さんで茹でてくれるものね。

 じゃことねぎの卵焼き。とろとろ

 とうもろこし炙り焼きウニしょうゆ。他には、冷たい茄子と豚肉、塩さば、焼きそば、などなどを堪能。

 2軒目はワインバー「sayura」。知り合いのお店はホッとします。

 最後は京都市役所裏の「エル・フォゴン」にて、ハモン・セラーノで軽く1杯。

 赤ワインのソーダ割り。ごちそうさまでした。 

 夜の京都を散策、今日は涼しかったね。こんなに膨大な歴史的遺産と現代が共存している素敵な街は、世界中探してもこの京都とパリとローマぐらいだろう。

 一週間お疲れさまでした。

 本日の講義、「ペルソナは役にたつのか」。
posted by アサノ | 23:27 | 2008年夏 親子京都合宿 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/1160
トラックバック
Search this site