経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< Webサイト評価ワークショップ 終了 | TOP | 中国のデザイン系大学 >>
宮崎駿は新古典主義である


 夏休み特集ネタ。
 先日「崖の上のポニョ」を観たら、水に沈んだ道路などが出てきて。
 今まで観た「カリオストロの城」や「天空の城ラピュタ」などを含めて、新古典主義の影響が強いと感じた。

 そう思っていたら、我が家の書棚にこんな本が。「死都ーネクロポリス」(廃版)。表紙からしてラピュタでしょ。

 これなんかは「カリオストロの城」。

 ラピュタにはこんな風景が。

 「新古典主義」についておさらい。

 新古典主義とは一言でいうならば古典古代(ギリシア・ローマ)の美術を自分たちの美術の規範しにしようという運動であった。そのきっかけとなったのは18世紀前半に行われた、火山の噴火で埋没したローマ時代の町、ヘルクラネウムとポンペイの遺跡の発見である。発掘された遺品を版画の挿絵で紹介した画集が相次いで出版され、人々は工芸品や絵の中にその形を真似た。

はてなキーワードより引用


 アニメも奥が深い!

posted by アサノ | 00:14 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/1175
トラックバック
Search this site