経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 中国のデザイン系大学 | TOP | 市場好き 07年台湾高雄 >>
三宿でご苦労さま会

 先日開講した「(株)コンセントのWeb講座」を担当していただいた(株)コンセントの皆さんと打ち上げ会を行う。。
 場所は三宿の「座○楽」。社長の長谷川さんもお忙しい中ご参加くださいました。

 三宿の「座○楽」さんは、カミヒラ先生お薦めのお店。焼酎が店内の壁に所狭しと1000本ぐらい並んでいる。

 「こんな感じが飲みたい。」というとマスターが選んでくれます。「くさい芋焼酎」と「香りの高い芋焼酎」とのリクエストに、ちゃんと違う焼酎が出てきた。
 私は芋焼酎の「初恋」というのが飲みやすくて美味しかった。「くじら」は味見させてもらったら、しっかりとした飲みくち。あとは酔っ払って憶えておらず。

 料理は何を頼んでも美味い。私はほろ苦い「わた入りスルメ炙り」が好き。

 写真は「薩摩赤軍鶏のたたき」。甘い刺身醤油で食べると、今まで知らなかった食感がする。
 お店の中は、12〜15人ぐらい入れば満席の落ち着いた空間。

 外部の方の授業について話していて。学生は授業で100回ぐらい言っていても、外部の方から同じことを聞くと「初めて聞きました。」とか言って失礼しちゃう。(笑)という教員側の話をしたら。
 長谷川さんが「外部の人間からインスパイアされることはあっても、日常的に学んでいないことは身につかない。」「教員とは不毛だと思いつつも、教え続けることが大切。」というようなことを話されて、激しく納得。

教育とはこういう仕組みが必要ということだね。
1)日常的に教え続ける(内省)
2)外部の人間からインスパイアされる機会を与える(体験)

 おお、ちゃんと反省会になっとる。

 コンセントのみなさま、本当にお疲れさまでした。また是非次年度も講座をお願い致しますね♪
posted by アサノ | 00:28 | B級グルメ | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site