経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 中国はTwitterをブロック | TOP | 南満州鉄道の旅 3日目 長春から瀋陽へ >>
南満州鉄道の旅 2日目 ハルピンから長春

 黒龍江省の首都ハルピン市に、昨夜遅くに着きました。

 ハルピンのシンボルロシア正教の「ソフイアスカヤ寺院」。総レンガ作りです。

 内部は、現在は礼拝に使われておらず、観光用の展示施設になっており、敬虔な気持ちになれないので、ちょっと興ざめ。

 前庭で花嫁さん発見。ハルピンは白系ロシアの人が多かったのでハーフが多く、美人が多いので有名だそうです。

 街を流れる松花江の岸辺。インドのガンガーみたい。

 バチモンのぬいぐるみ屋群発見。笑える偽者多し。

 ロシア料理の店に行く。確かに街中にはロシア人が多い。

 結構本格的で美味しかったです。ハルピンビールも美味い!

 ハルピンの繁華街「中央大街」を散歩。左のビルは日本の旧松浦洋行の建物。

 道端でアイスクリームを捨てて掃除のおばさんに怒られる若者達。こういうのは、いずこも同じ。

 ハルピン駅より長春行きの列車に乗る。

 チチハルから吉林行きの快速列車。いわゆるローカル列車の旅です。

 ハルピン名物ソーセージとハルピンビールを買い込むのがお薦め。

 約3時間半の汽車旅、見える景色は日本の北海道みたい。
 もうすぐ終戦記念日ですが、この大地でも1945年の8月9日にソ連が突如侵攻してきて、32万人の日本人開拓団のうち帰国できたのは11万人だそうです。そういう思いを胸に、車窓の景色を眺めています。

 長春に着いたら、田舎料理の店で夕食。

 味付けがさっぱりしているのと、野菜中心なので胃にもたれず、正解。ホテルに入り、LAN環境が無いので速攻で寝た。

 明日は瀋陽だ。
posted by アサノ | 22:45 | 2009年夏 南満州鉄道の旅 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/1190
トラックバック
Search this site