経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 南満州鉄道の旅 5日目 終点大連にて | TOP | IASDR 2009 >>
南満州鉄道の旅 6日目 大連空港より帰国

 最終日、大連空港より中国南方航空で帰る。時間にすれば3時間半のフライト。中国人は日本に観光旅行するためには10万元(150万円)のデポジットがいるので、航空券は買えても遊びにはなかなか来れないそうです。仕事や留学では必要なし。

 おお、この写真は「ペルソナ」の講義をする時にキャリーバックの話で使おう。分かる人だけ分かる話。(笑)

 いろいろな会社の携帯電話に対応した充電器。「加油」は給油とか充電とか、がんばれ!という意味。

 お疲れさまでした。今回の印象としては、もう中国の拝金主義の進み具合にうんざりしたっていう感じ。少し前までは「頑張れば金持ちになれる!」みたいな熱気があったけど。今は「俺達金持ち♪」みたいな成金趣味がプンプン。それが一部の金持ちじゃなくて、普通の人にも広がってますね。
 以前赤ん坊を抱いた乞食が座っていた人民路には「大連時代広場」というロデオドライブみたいなブランドショップが並んじゃった・・・。
 ポルシェのカイエンなんかごろごろ走ってるし、こんなとこでどうするんだというアウディR8も何度か見た。頑張って働いたり勉強されている中国の方も多いのだと思いますが、短期間の断片的な見方で恐縮です。ただ街の雰囲気というか、機運みたいなものは明らかに感じる。あい変らず、世界中のコンクリートが無くなってしまうぐらいのもの凄い建築ラッシュだしね。よくあれだけ建築技師がいるものだ。

体重推移:
8月  9日 73.1kg
8月14日  73.2kg
あれだけ食べた割には太らなかったね。

持って行った中国東北地方関係の本:
・ハルピン 大地の子 山崎豊子
・牡丹江  赤い月 なかにし礼
・長春    チャーズ中国革命戦をくぐり抜けた日本人少女 遠藤誉
・瀋陽    虎口からの脱出 景山民夫

こういう昭和の話は遠くなり、日本と中国の関係は変わって行くのでしょう。
中国動漫新人類 日本のアニメと漫画が中国を動かす 遠藤誉
posted by アサノ | 00:13 | 2009年夏 南満州鉄道の旅 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/1195
トラックバック
Search this site