経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< グッドデザインエキスポ2009に行ってきました | TOP | 第4回情報デザインフォーラム参加してきました >>
怪しい路地好き(新宿歌舞伎町)

 未来大の院生がインターンに上京してきているというので、OBが飲み会をしたいと言う。こいつら集合時間、場所、店まで決めないで「行きましょう。」とメールだけよこしやがる。俺は幹事か?
 折角休みの日をつぶして飲みに行くなら、行ったことの無いところにしようと。以前コンセントの長谷川さんに教えてもらった新宿歌舞伎町の怪しい中華料理屋に行ってみることにした。

 歌舞伎町風林会館近くの路地を入ると、奥にかすかに店がありそう。こういう雰囲気は好きだな〜。

 おお、あったあった。「上海小吃(シャンハイシャオツー)」というお店。

 怪しい子どもがお出迎え。

 入り口を入るとこんな感じ。右のこの人が店長の玲子さん。
 彼女以外の店員さんは、ほとんど日本語を解さないが「フーヤン(服務員)」と呼ぶと飛んでくる。
 間違っても「シャオジェ(小姐)」と呼んではいけない。水商売のおねーちゃんみたいな意味だから。

 院生が「火鍋」を食べたことがないというので、暑いが注文。お味はかなりネイティブ。
 現役デザイナーのOBと話すと。学生時代はデザインプロセスを学んで来たけれど、実務に就くとほとんどそういう余裕は無くなって右から左にデザインしてると言う。
 それは当然のことで、それじゃプロセスはいらないのかというと、勘のよいデザイナーは無意識にプロセスの一部を自然とこなしているものだ。
 更に自分のデザインを語る時には、プロセスに当てはめて話した方が誰にでも理解しやすい。
 日常の業務に追われるからといってプロセスの勉強を怠ると、壁にぶつかった時に、乗り越える筋道がつかず苦労するものだ。
 だから時間のある学生のうちに、しっかり勉強して血肉化しておくのだよ。

 なんだか日本人が「中国ってこんな感じ。」と思うようなインテリア。食事中黒いスーツ姿の中国人の一団が入ってきたが、それ以外は日本人のお客さん。もっと深夜になると客層も変わるのかも。

 料理の種類は、他のこの手の店よりは多いと思う。残念ながら火鍋を食べたので、酸辣湯は試せず。

 食後「ゴールデン街」を散歩。

 一時期の朽ち果てた感じがなくなり、若い人のお店が増えたので健全な雰囲気になりました。

 とはいえ、函館から出てきた女の子には充分怪しい。

 「流民(流氓)」って・・・。中国マフィアのことじゃん。場所柄怖くて入れません。

 二丁目のゲイタウンを歩いて、最後はアイリッシュパブで選挙速報を観る。

◇怪しい路地好きアーカイブ
津田沼にぎわい横丁
渋谷のんべい横丁
名古屋円頓寺銀座街
町田仲見世飲食街
渋谷のんべい横丁
澳門友誼巷
香港九龍旺角
新宿ゴールデン街
京都先斗町13番路地
東京恵比寿横丁
大阪新世界ジャンジャン横丁
大阪ミナミ法善寺横丁
名古屋伏見みその小路
野毛のハーモニカ横町
堀切菖蒲園
京成立石仲見世
京都リド飲食街
台南赤崁東路
横浜橋商店街
有楽町ガード下焼き鳥ストリート
横浜狸小路
静岡青葉おでん街
広島猿猴橋町愛友横丁
浅草初音小路飲食街
下北沢駅前食品市場
三軒茶屋すずらん通り
秋葉原電気街
菊名西口商店街
品川駅前
ソウル江南
新宿思い出横丁
新宿歌舞伎町
町田仲見世商店街 
溝の口西口商店街

posted by アサノ | 00:44 | 怪しい路地好き | comments(3) | trackbacks(0) |
コメント
なんか個人情報の類がオブラートに包まれてますね。笑

確かに店も場所も任せきりだったので、今度は浅草のホッピー通りに行きましょう。
2009/09/01 18:39 by Ito
ごちそうさまでした!

あの中華料理もさることながら,2丁目が衝撃的すぎました!!
北海道から出てきた女の子にはちょいと刺激が…笑


函館ぜんぜん知らないですが,釧路ならおいしいとこ案内できるかもしれないです!
無いとは思いますが,釧路に来る時はぜひ声を…笑
2009/09/01 19:25 by nazuka
昨日カミヒラさんにあったら「楽しかったですか?」と羨ましそうにしてました。
誘ってあげてください。

>nazuka
釧路は和商市場と赤提灯横丁しか知らないよ。
ああ、つぶ貝焼いてるラーメン屋さんと炉端焼き行きました。
2009/09/01 20:15 by アサノ
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/1211
トラックバック
Search this site