経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< ヒューマンインタフェースシンポジウム2009参加してきました | TOP | 経験デザイン 12回目 ペーパープロトタイプ >>
関内外 OPEN!
 4日(金)から6日(日)までの間、私達の地元横浜関内の周辺で、アーティストのオープンスタジオやワークショップ、ツアーなどが行われます。東京とはまた違ったアートスペースが沢山ありますので、是非お越しください。土日は「みなとみらい100円バス」も走ってます。

◇アーティスト、クリエーターのスタジオを期間限定で公開!!
 横浜の都心部“関内・関外エリア”では、創造性で街を豊かにするクリエイティブシティ構想に基づいて、官民協働で不動産とアーティストを結びつける街づくりが進められています。関内外OPEN!は、横浜の“関内”“関外”エリアにある海沿いの倉庫、古いビル、下町の一軒家などを改装した空間で活動する建築家やデザイナー、アーティストなどのスタジオを期間限定で公開するプロジェクトです。各種イベントも同時に開催します。

◇"関内外"とは?
 今回のイベントにあわせて、横浜の都心部エリア「関内」と「関外」を合体させた造語です。「関内」と「関外」は、住所で定められている地名ではありません。開港当時、様々なものを守るために吉田橋に建てられた関所の内と外を表しています。このエリアは、新港、馬車道、北仲通、山下町、日本大通り、中華街、石川町、元町、野毛、吉田町、伊勢佐木町、黄金町、日ノ出町、大通り公園、寿町など、個性的な町の集合体です。関内エリアは、港町・横浜をイメージさせる歴史的な建物、倉庫などが残る土地です。関外エリアは、横浜の大衆文化を形成してきた土地で、関内エリアに比べ、戸建ての店舗・住居、アパートが多いのが特徴です。
このエリアは、角を曲がると、一本道を挟むと別世界が現れ、猫の目のように変わる街の姿を見せる多様な価値を内包する都市・横浜を象徴しています。

◇日程
2009年9月4日(金)〜9月6日(日)

◇問い合わせ先
ヨコハマ・クリエイティブシティ・センター
(横浜市中区本町6−50−1)
Tel.045-221-0325
HP: http://www.yaf.or.jp/ycc/openstudio/

posted by アサノ | 00:36 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/1215
トラックバック
Search this site