経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< フォトエッセイ(愛着のある行為) | TOP | 野菜だけごはん >>
日立インターメディックス近藤さんの講演

 先日から始まった「高校webサイト・ベストプラクティス」の参考に、HCD-Netで「地方自治体Web(引越)サイトのユーザビリティ評価」「引越サイトで考慮すべき点(ガイドライン)」に取り組んでおられる日立インターメディックスの近藤朗さんに講演をお願いしました。

 今回我々が行う高校のサイト評価も、従来のヒューリスティックのような静的評価ではなく、「引越し手続き情報」のようなユーザのコンテキストを追う動的な評価を行わなくてはいけないと反省。
 近藤さん、ありがとうございました。

 プロジェクトの進行状況は、現在探し出した約250サイトを「デザイン」と「ユーザビリティ・情報構造」の2軸で5段階評価を行い粗選び中。
 この後、数を絞って動的な評価を行います。高校のサイトを評価するユーザの行動ってなんだ?
posted by アサノ | 00:21 | 情報デザイン 授業事例 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/1252
トラックバック
Search this site