経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 朝日 | TOP | IASDR 2009に来ています >>
名古屋B級グルメの旅 2度目

 今年3回目の名古屋。1泊1日みたいな弾丸トラベラーだが、食うものだけはしっかり食べた。

 まずは、名古屋に着いて講演会場に資料類を置いて、ホテルに荷物を預けて、納屋橋の「イチビキ」に向かう。

 11時半開店なのだが、11時20分ぐらいから玄関でうろうろしている私を見たおばちゃんが、急遽前倒し開店してくれて店に入る。

 注文したのは、ご存知名古屋グルメの定番「ひつまぶし」。この店では「うなぎまぶし」と言うらしい。2100円である。

 おお、かなりの量です。うなぎはやわらかく美味い!

 通常ひつまぶしは3回楽しめるというが、5〜6杯分あったな。

 まだ講演まで時間があるので、向かいの「コメダ珈琲」に入り、お茶をしながらスライドを見直す。

 資料を読むのに夢中になり「シロノワール」にメープルシロップをかけるのを忘れ、すげ〜悔しい。

 柳橋中央市場を通り、会場に向かう。

 もう朝の市場が終わって閑散としています。

 こういう食堂はそそられる。

 講演の話題は飛ばして、夜の懇親会。地元のみなさんに連れて行ってもらう。
 以前は食べるのが苦手だった「味噌カツ」もすらすら食べれるようになってきました。

 おお、味噌カツ!以前「世界の山ちゃん」で食べたものより、味がやさしい。生キャベツが良い。

 「手羽先揚げ」山田さんに、正しい食べ方を教わる。

 懇親会お開きの後、深夜kojicozyさん お奨めの「江南柳橋本店」へ行く。

 つい最近引っ越して来たらしく、中華料理屋さんとは思えないおしゃれな店内。

 名物「柳麺」。鶏のダシのやさしいお味。飲みつかれた胃にしみわたる。

 小さな餃子。今回食べたもの達は、私がイメージしていた「味の濃い」名古屋味のものは無かったな。
 皆、やさしいお味でした。だんだん体が慣れてきたのか。

 早朝新幹線で新横浜に戻る。名古屋名物「モーニングサービス」をやっている喫茶店はまだ開いておらず。
 やむなく、新幹線ホームの「住よし」できしめんを食べる。

 朝早くは天ぷら類がまだ届いてないので素のきしめんしか無い。やはり5・6番線のきしめんのほうが美味い

名古屋B級グルメの旅:2009年6月
posted by アサノ | 00:04 | 今月の地方めし | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/1261
トラックバック
Search this site