経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 晴れた日の関内 | TOP | 古田@道具眼さん来訪 >>
市場好き 09年ソウル南大門市場

 3日目夕方、ソウルの旧市街江北(カンブク)の南大門市場(ナムデムン)に行く。
 焼失した南大門は現在修復中。

 以前あったゲートも取り払われて、なんだか寂しいですね。

 1年前の同じ場所。(昨年11月撮影)

 南大門市場は、東大門市場と並ぶソウルの2大市場のひとつ。
 東大門の方が革製品のような高級品を扱い、南大門は日本のアメ横のような庶民の市場。
 布や服飾品の卸売り市場でもある。

 買い物の途中、屋台で腹ごしらえするご婦人。

 こういうオバちゃんの店は、世界中どこに行っても賑やかです。大阪とか・・・。

 何かのサナギを炒めてました。

 おお、凄い人出。

 庶民のパワーというか・・・。最近の日本ではあまり見かけませんね。

 路地を入ると、安食堂が並ぶ。

 道端が厨房になっているのが面白い。韓国ではよく見かけます。ガスコンロを並べてチゲを作っているのでしょうか。

 南大門市場から10分ぐらい歩くと、繁華街「明洞(ミョンドン)」がある。

 こちらは、日本で言えば渋谷か原宿。

 日本からの買い物ツアー客や修学旅行生もやってくる、言ってみればソウル観光のメッカ。

 若い女の子でも、屋台で立ち食い。市場は、どこの街に行っても面白い。
 フィールドワークは、比較をすることで社会システムの相違が浮き彫りになり理解が深まる。
 南大門市場と明洞の両方を見ると、現代韓国の生活が見えるかな。
 う〜ん、まだ旅行者の目だな。もっとローカルな所に行かなくちゃ。というところで「怪しい路地好き(ソウル編)」にご期待。

◇市場好き 08年沖縄那覇:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1180
◇市場好き 07年台湾高雄:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1179

IASDR 2009 初日
IASDR 2009 2日目
IASDR 2009 3日目
◇市場好き 09年ソウル南大門市場
IASDR 2009 4日目
怪しい路地好き(ソウル江南)
IASDR 2009 5日目 あとは帰るだけ
posted by アサノ | 00:20 | 2009年秋 韓国国際学会 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/1269
トラックバック
Search this site