経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 古田@道具眼さん来訪 | TOP | 高校Webサイト・ベストプラクティス 第2次審査 評価基準 >>
1年生プロジェクト学習 課題説明

 本日は大崎のNHN Japanさんで、プロジェクト型授業の課題説明と社会人デザイナーさん達とのチーム編成です。

■課題
10年後(未来)のWebサービスを考える

 チーム編成は結構いい加減に5〜6名で組む。
 まずは全員に、アイディアは壁に貼って考えることと、シャーペンなどの薄い筆記用具は禁止することを伝える。

 チーム名とその理由を考えるのに、シャッフルディスカッションを2セット。これでかなり社会人と学生が打ち解ける。コミュニケーションは、言語では無く作業が重要。

 最初は引いていた学生も徐々に打ち解けてきた。

 シャッフルディスカッションの後に、コンセプトをまとめてミニプレゼン。全員が立って考えているチームの方が、思考が活発化する。

 1年間課題に取り組む抱負を絡めて、チーム名決定の理由をプレゼン。その後チームメンバー紹介で他己紹介を行う。
 こういういろいろな人が集まり、瞬時で力量を見抜くには、ありきたりな自己紹介よりも、この他己紹介の方が勘の良さやリカバリー能力がよく分かる。

 デザインセンター長の見守る中、本日のプログラムは無事終了。進行役さんお疲れさまでした。

 おお、ちゃんとホワイトボードの写真を撮って行くことを忘れていないね。
 外部に出て行くと、徐々に成長するものです。

 終了後、棚橋さんと再来週の「ペルソナ作成法」の打ち合わせ。

 今度の会社は「エモーショナルマトリクス」を出しているところなんだって。知らなかった。
posted by アサノ | 00:30 | 情報デザイン 授業事例 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site