経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 100% Design Tokyo | TOP | 1年生プロジェクト学習 ユーザデータを読む >>
産業技術大学院大学に行ってきました

 土曜日の夕方から、品川シーサイドにある産業技術大学院大学に行ってきました。

 そこで行われている、履修証明プログラム『人間中心デザイン基礎〜応用』 黒須先生の講義をやっていると聞いたため。
 名古屋大学M2の後藤くんと、授業に乱入。

 お寿司屋さんの注文用端末の画面設計をペーパープロトタイプで作る課題。
 まずはメニューをポストイットに書き出し構造化しているようです。のぞきこんでいるのは安藤先生

 ドコモ野秋くんもこの講座の受講生である。
 最近私のブログはポストイットの写真ばかりだ。それだけ思考支援のツールとして定着してきた証拠であろう。
 ちなみにカミヒラ先生から「アスクルで買うと安いですよ。」とアドバイスを受けた。高いものね

 画面を設計して、ペーパープロトタイプを作る。エンピツで薄く下書きしてから、プロッキーなどで清書すると良い。
 きれいに仕上げなくても良いから、雑にはならないよう気を使うこと。

 最後は悪乗りしてペーパープロトタイピングの被験者までやってしまった。
 ファシリテーターに促されなくとも余計なことまでペラペラしゃべる、一番たちの悪い被験者だ。

 授業終了後、新宿に移動。歌舞伎町の「上海小吃」で飲み会。

 産技大から、安藤・野秋・後藤・私が来て。現地で、長谷川上平が合流。途中から木村さんまで来てくれて、にぎやかな会となりました。

 上海料理といっても、いたって庶民派料理。揚げパンが美味い。

 メニューは豊富で、普通の中華屋さんには無いようなものもある。以前横浜の「美紀」で食べた四川辣子鶏や香辣血(アヒルの血)などもある。

 最後はお約束の「酸辣湯」。ここのはかなり本格派。この酸っぱ辛いスープには、カミヒラ先生もだいぶ慣れてきたようです。野秋はまだ修行が足りん。

 2軒目紀伊国屋裏の「路地」で芋焼酎、3軒目は思い出横丁の「みのる」でハイボール。

 よく話した飲み会でした。

 5時起きの私は、24時で沈没。長い1日お疲れ様でした。

◇関連情報:ドコモ野秋上海小吃!
posted by アサノ | 00:09 | 情報デザイン 授業事例 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/1280
トラックバック
Search this site