経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 久々にペルソナを作る | TOP | リコーのコンセプトデザイン展が銀座で開催中 >>
高校Webサイト・ベストプラクティス 第3次審査 動的評価

 先日の第2次評価で各チームが選び出した10校を書き出し。選ばれた数の多いもの順に、上位10校を選出。この段階では10校間に順位はつけず。

 票が割れた場合は、以前つけた素点や話し合いで決めた。

 ・デザイン私立10校
 ・デザイン公立10校
 ・ユーザビリティ&情報構造私立10校
 ・ユーザビリティ&情報構造公立10校
 が決まる。

 次の第3次評価は、それらを昨日作ったペルソナとタスクを用いて動的に評価しなおす。動的な評価を行うと、この10校間で以前につけた評価とは違う順位が出てくるはずである。

 動的な評価とは、ペルソナ(中学生)が、自分の入りたい高校の定められたいくつかの情報をトレースする際にスムーズに行えるかを見る方法で。認知的ウォークスルー法を併用して行う。

高校Webサイト・ベストプラクティス 公式ブログ
posted by アサノ | 00:16 | 情報デザイン 授業事例 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site