経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< IA100 ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計 | TOP | 高校Webサイト・ベストプラクティス 第3次審査 ベスト10決まる! >>
棚橋さんのペルソナ手法ワークショップ

 現在進行中のWeb科1年生のプロジェクト学習で、スポット的に手法研究として(株)コプロシステムの棚橋さんに「ペルソナ作成法」のワークショップをお願い致しました。

 会場は共同研究先の企業さんのカフェ。セミナールームもあるのですが、こちらの方がいい雰囲気。
 企業さんのお気遣いでマスクを配布していざスタート!

 本校の学生13名と、企業サイドからデザイナーさんやマーケティングの方々14名で4チームを作っています。

 約1時間は講義。

 その後、ワークショップ形式でペルソナを作成します。事前にユーザのデータは読んであるので、いきなりKJ法に入ります。
 ちゃんとプロッキーで太く濃い字を書いて、棚橋さんに褒められる♪

 1年生ながらカードソートは慣れたもの。

 社会人の方ともしっかり議論しています。頑張れ!

 アサノ先生より親切に指導してくださる棚橋さん。

 最後はミニプレゼン。複数ユーザのインタビューデータから属性を洗出し一人のペルソナに集約する。

 各チームだいたい5分ぐらい話して、講評を受ける。

 ワークショップは2時間半ぐらいかかりましたが、残りは宿題として持ち帰り。

 KJ法の結果を写真に撮り、その結果から来週学校でペルソナを作成します。

 いや〜お疲れさまでした。一度に30名近いワークショップはきついね。

◇このようなセミナーご希望の方は、こちらにご依頼ください。↓
(株)コプロシステム:http://www.coprosystem.co.jp/branding/index.html

◇ご本人のブログ:DESIGN IT! w/LOVE
◇こっちもやっとるで:kamihira_log
posted by アサノ | 00:07 | 情報デザイン 授業事例 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site