経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< コミニュケーション研究会 インフォグラフワークショップ2 | TOP | 人間中心設計フォーラム2009 -ユーザビリティと事例 >>
インフォグラフワークショップ・特命チーム

 今回のワークショップには、学生スタッフの「特命チーム」がいました。メモ帳と携帯を持って何をしているのか?

 いったい何をするかというと?

 各チームに密着して、制作プロセスを把握します。

 ほらほら各チームに着いているでしょ。

 こちらにはPCで何かしています。多分Twitterで実況中継。

 小型の写真プリンターも・・・。

 おお、各チームの制作プロセスを可視化している。今流行のリアルタイムドキュメンテーションですね。

 制作のポイントと画像が時系列に並べられて行きます。

 メモをとりながら携帯でTwitterも書いてます。若者ならではのスキルですね。(笑)

 途中でリアルタイムドキュメンテーションのお師匠さま千葉工大原田先生の指導を受ける。

 原田先生のご指導で、今まで時間軸で並列に並べていた情報を、重要度で上下関係をつける。

 こんな感じ。

 これだけで情報に価値が出来てくる。

 参加チームのプレゼンでも、着いていたスタッフがコメント。これも第三者的な視点が入って良かった。

 特命チームのリーダー君お疲れさま。スタッフは、東京都市大小池研と千葉工大山崎研から参加です。

 お疲れさま会は、学生スタッフ「肉食え〜!」でご苦労様。(笑)

◇過去記事:リアルタイムドキュメンテーション
◇隊員のフクちゃん:Infographics Workshop 2
◇隊員のマツオ:Surprise★Experience
posted by アサノ | 00:39 | 情報デザイン 授業事例 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/1294
トラックバック
Search this site