経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 情報デザイン教育研究会 詳細決まりました | TOP | 1年生プロジェクト授業 インタラクションシナリオ >>
高校Webサイト・ベストプラクティス 既存サイトの分析

 既存サイトをフロー化して、提案するサイトのフローと比較する。

 今回のテーマは「目的型から手続き型へ」
 目的型サイトとは、管理者が自分の知っていることを網羅的に載せているもの。習熟者が辞書的に使うには便利だが、初めて訪れたユーザには敷居が高い。
 手続き型サイトとは、初めて訪れたユーザでも、ナビゲーションのに導かれて、容易に知りたい情報にたどり着けるもの。

 並び立たないカテゴリーもある。

 見ていくと情報が構造化されていないのがよく分かる。

 同じコンテンツでも、構造化してあげるだけでかなり使いやすくなる。

 使い易いだけではなく「UDからUXへ」ですから、良いユーザ体験を作るにはを考えなくてはいけない。

 夕方白山高校に行って、プレゼン。

 プロジェクトの概要を話して、次週企画を持ってくる約束をする。

高校Webサイト・ベストプラクティス 公式ブログ
posted by アサノ | 00:12 | 情報デザイン 授業事例 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site