経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 高校Webサイト・ベストプラクティス 営業作戦を練る | TOP | 高校Webサイト・ベストプラクティス 高校で打ち合わせ >>
2009年度第1回HCD研究発表会 プログラム発表

http://www.hcdnet.org/event/hcd2.php

研究発表セッション

13:00-14:00

初心者に適したユーザビリティ評価手法の研究

為我井敦史 (千葉工業大学大学院)

家電製品のユーザ体験に対する評価構造に関する一考察

安藤昌也 (産業技術大学院大学)

対象の多面性を考慮したWebナビゲーション設計のための共通分類カテゴリーに関する検討

園田一貴 (関西大学)
14:10-15:10

インフォメーショングラフィックスを活用したわかりやすい地図の作成手法の研究

松尾毅 (千葉工業大学)

プレゼンテーション用アプリケーションの提案

下田麻美 (産業技術大学大学院)

寸劇を使ったユーザ評価の手法研究

〜アクティングアウトをどこで使うのか〜

浅野智 (横浜デジタルアーツ専門学校)

15:20-16:40 HCII2009(1stICHCD)特集セッション

認知的負荷を低減する音声・視覚ガイダンスの検討

赤津裕子 (沖電気工業) 

感動体験データベースを利用したサービスシナリオ発想法XB法の提案

三澤直加 (株式会社U'eyes Design)

脳性麻痺者のマウスポインタ操作の効率化に関する一考案

〜D/C比の調整による作業時間値の短縮について〜

西口宏美 (東海大学)

人間中心のイノベーションに向けて

山崎和彦 (千葉工業大学)

各発表は発表時間15分、質疑時間5分を予定しています。

 

研究発表の予稿集はWebサイトよりのダウンロードのみとさせていただきます。

参加申込後、パスワードを通知させていただきます。ご活用ください。 

2009proceedings.pdf

posted by アサノ | 00:44 | 学会活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site