経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 漢江のグエムル(韓国映画) | TOP | 第5回 HCD-Netサロン「インタラクションとHCD」 >>
1年生プロジェクト授業 ペーパープロトタイプ編

 今回は企業に行ってペーパープロトタイプのワークショップ。

 あい変らず素敵な会場。先日の合宿以来チームのコミュニケーションもスムーズになってきました。

 学生が撮ってくれた写真。

 まずは情報構造を明確にする。ホワイトボード3枚あるといいね。

 早速ペーパープロトタイプを作成。

 おお、モバイルのテンプレート。
 実物大じゃないと詳細なUIは評価できないが、大きく作って大まかに考えるのも×ではない。開発工程の段階によって自由にやろう。
 今回はチームのメンバーでなにしろ情報をモデル化しなくてはならないからこれでOK。

 続いてプロトタイピング。被験者にタスクを読んでもらう。

 人工物役・・・。このチームは凝ってたな。
 ペーパープロトには工作少年(少女)?の心が大切。

 プロトタイピングが終わったら、被験者からフィードバックを貰う。

 全てホワイトボード上でプロトタイピングを行ったチームあり。驚く!

 ペーパープロトタイピングは、発展途上の手法である。皆で使い倒して、新しい作り方や使い方を考えよう。

◇関連情報:しばわんこのUXのココロ
参考情報:I ♥ wireframes
posted by アサノ | 00:01 | 情報デザイン 授業事例 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site