経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 専修大学プロジェクト発表会2009 に行ってきました | TOP | 高校Webサイト・ベストプラクティス 制作に入る >>
第1回情報デザイン教育研究会 開催しました

 先日来ブログでご案内してきた「情報デザイン教育研究会」を開催いたしました。
 日時は12月12日(土)18時より、代々木の貸し会議室にて。

 いつもお世話になっている札幌ユーザビリティラボの田附さんから発表開始。
 続いて私の順番。

 産業技術大学院大学の安藤先生もご参加くださいました。
 今回は、各参加者が自己紹介と取り組みを約10分間プレゼンする。
 普段聞けない話が多く、私も始めて安藤先生の全貌を知ることが出来ました。これだけで充分面白い。

 現在共同プロジェクト中のNHN Japan佐藤さんからも事例報告。
 今回の参加者は、教育関係と企業さんが半々の構成。

 ドコモ野秋は入れ込み過ぎて約7分30秒オーバー。iPhoneのプレゼンタイマー持っていないため?
 企業側からは、社内にいかにUXやHCDの概念を持ち込むか苦労している話をしてもらった。
 それに関しては典型的な例。

 ネットイヤーグループ宮村さんの発表。これだけの内容のものを一社内に留めておくのはもったいないと思う。Web業界全てで共有化して欲しい。
 ちなみにこの研究会の実況は宮村さんがTwitterでもの凄い勢いで書いてくださいました。#infoedu

 名古屋トライデントコンピュータ学院の河口先生の発表。この研究会のために名古屋からおいでいただきました。
 内容が素晴らしいために、東京の先生達は唖然。ほとんど1年間で情報デザインの概念と手法を導入されており、そのエネルギーに脱帽です。
 東京の専門学校の先生方は、是非交流を持って勉強していただきたいと思います。

 終了後、研究会参加者14名全員が懇親会へ。

 ドコモ野秋の幹事で「もつなべきむら屋」にてもつ鍋をいただく。

 山ほど飲み食いして、1人3000円は安かった。

 同じ道を歩むもの同士で話すのは楽しいですね。

◇関連情報:
田附さんのブログ
ドコモ野秋くんのブログ
posted by アサノ | 00:05 | 情報デザイン 授業事例 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/1321
トラックバック
Search this site