経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 高校Webサイト・ベストプラクティス 制作に入る | TOP | 卒業研究プレ発表会 1回目 >>
産業技術大学院大学で山崎先生の講義を聴く

 火曜日午後より品川のデザイン事務所に行き、その足で京急青物横丁にある産業技術大学院大学に行く。

 以前、黒須先生の講座を見に来たことがある。都立高専の巨大な建物の中にあります。工業系の高専だから女性の影まったくなし・・・。

 安藤先生と、株式会社U'eyes Design三澤さんと、1月に行う東京都「デザイナーのための実践力開発講座」のワークショップの打ち合わせ。
 受講生の皆さんが、三澤さんの発想法であるXB法で考えたコトやモノを、私が教えるペーパープロトタイプやアクティングアウトで表現するというもの。
 先日アクティングアウトは「構造化シナリオ法」と親和性が高いという発表をしたばかりだが、また次なる課題であります。

 ミーティング後、一休みして20時頃にまた校舎に戻る。りんかい線シーサイド品川駅から見る産技大の夜景。

 当日の朝までまったく知らなかったのだが、偶然いつもお世話になっている千葉工業大学の山崎和彦先生の特別講義があったのでもぐり込む。(笑)一番後ろに隠れて座っていたが、名指しされて焦る。(汗)
 写真向かって左側で頭を抱えているのはドコモ野秋。受講生のほとんどが30代以上の社会人のようだ。週に4回も深夜まで学ぶ人がこれだけいるのは凄い。

 いつも発表を聴いている山崎先生であるが、90分間じっくりと話を聞いたのは初めて。
 しかも手元にスライドが映るモニターがあるのはありがたい。いつもは暗い部屋でプロジェクターでしか見ていなかったものがしっかり確認できた。

 22時近くに講義終了。山崎先生福田先生安藤先生、渡辺さん、三澤さん野秋くんらと品川芋蔵でお疲れさま会。
 長い1日だったが、楽しかったな〜。

◇山崎先生のブログ:http://kazkazdesign.blogspot.com/2009/12/blog-post_20.html
posted by アサノ | 00:18 | HCD関連情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site