経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 東京・横浜・名古屋 3校合同発表会 | TOP | 平成22年度上半期 情報デザイン教育研究会の予定 >>
今、専修大学が凄い!
上平先生のブログより拝借
 専修大学の上平先生の授業が凄い!
 http://blog.kmhr-lab.com/

 HCDのデザインプロセスをこれだけ高密度に実行している授業は未だかつて見たことが無い。
 ちなみに2年前に私の「情報デザイン」の授業を見せた時は「こんなの2年生に分かるんすか?」と言ってたくせに。今じゃ専修大の方が難しいことやってます。
 この調子では「こんなもん、どこが美味いんすか?」と言っていた酸辣湯も自分で作るようになったりして・・・。

 現状では、かなり理想に近い「HCDプロセス・デザイン」の授業だと思います。各フェーズの手法も的確だしね。問題は、最後のユーザ評価かな。最近ラボも新設しているから侮れんな。

No.1→2|ポートレイトワークショップ:問題発見のための
No.2→3|京セラ社講演とインタビュー調査の実践
No.3→4|2軸マトリックスとKJ法
No.4→5|問題発見からコンセプト立案へ
No.5→6|インプロビゼーション,ペルソナ/シナリオ法
No.6→7|シャッフルディスカッション
No.7→8|中間プレゼン
No.8→9|企画修正,ペーパープロトタイピング
No.9→10|ペーパープロトタイピングによる画面UI検討
No.10→11|ガントチャートによるタスク管理,詳細プロトタイピング
No.11→12|アクティングアウトによる評価,発表会準備

これは必見:kamihira_log経由
※当ブログで最近演習経過を連載している2年生の演習「TaikenMarker」については、年明けの1月18日(月)13:05〜17:00に発表会を行う予定です。こちらもよろしくお願いします。
 私は15時半に授業が終わったら速攻で向かうつもり。


 と思って書いていたら、千葉工大の2年生後期の「情報デザイン演習1」も凄い。M1の深井くんがTAをしながらブログで授業内容を公開しているのが良い。

■次回は祝日を挟んで情報プロダクトの最終発表です。
パワーポイント(3分)
・テーマ、グループ名、メンバー名
・代表的なフォトエッセイとフォトダイアリ
・フォトエッセイとフォトダイアリからの気づき
・デザインコンセプト(うれしい価値)
・対象ユーザーとシナリオ
・シーンのスケッチ
・画面スケッチ
・プロダクトスケッチ(イラストレーター3面図)

アクティングアウト(2分)
・プロダクトのプロトタイプを使用
・背景にはシーンの写真を投影
・最後にプロトタイプを見せる

 2年生でこれだけ発表するとは恐れ入る。ここ1〜2年でどこでも学部生のスキルが1年間前倒しになってきたようですね。就職難の時代でもあるし、うかうかしていられないぞと。
posted by アサノ | 00:07 | 情報デザイン 授業事例 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site