経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 第5回 HCD-Netサロン「インタラクションとHCD」 | TOP | 東京ミッドタウンで簡易プロトタイピング・ワークショップ >>
1年生プロジェクト授業 アクティングアウト

 水曜日は、大崎の企業さんでアクティングアウトのワークショップ。
 オズの魔法使い用ペーパープロト作成中。

 今年度内のワークショップは今回で終わり。2月5日に成果発表会があります。

 「素人ぽくやってはダメ!」と言ってあるので、かなりマジなリハーサルを繰り返す。

 最初に誰がユーザで、誰が人工物なのか自己紹介してくれると助かる。

 オズの魔法使い&パペットまで使って演技。リアルな小道具って結構大切なものだ。

 オーディエンスからのコメントも活発。自分で演じてみて、オーディエンスの反応から気づきを得る。
 開発者では思いつかないアイディアも出てくる。

◇しばわんこのUXのこころ:寸劇を使ったユーザー評価手法講義
◇stj064 UX_Memo:アクティングアウトWS
posted by アサノ | 00:06 | 情報デザイン 授業事例 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site