経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2月のイベント(予定) | TOP | ユーザかユーザーか? >>
公立はこだて未来大学プロジェクト学習成果発表会に行ってきました

 ご案内をいただいていた「公立はこだて未来大学プロジェクト学習成果発表会」を見に秋葉原UDX 2階アキバ・スクエアへ行く。

 おお、L字型液晶の情報ゲート。jpg画像もしくは、Flash動画を流すことが可能なGKテック製。

 会場内。企業の方々がいらして盛況です。

 流石、函館だからイカロボット・・・・。

 函館市と未来大のプロジェクト「はこぶら」。私も横浜市と「はまぷら」をやりました。(笑)

 説明してくれた3年生大田くん。2年生の時はいまいちやる気が感じられなかったが、3年になって俄然しっかりしてきました。
 「はこぷら」では、ブレストやコンテンツ調査に加えて、観光客を案内しながらエスノグラフィックインタビューをするなど、しっかりした調査からサイトを構築しています。また、メニューから行きたい観光地を登録して、最後にルート検索をして最良の道順を教えてくれるのが良い。函館や横浜は、行きたい所が脈絡無く点在しているからね。これも観光客の参与観察から生まれたサービス。
 来年は寺沢ゼミで卒業研究をするそうなので、楽しみです。

 会場で多摩美吉橋先生、未来大寺沢先生にお会いしました。二人とも久しぶりだったけど、お元気でしたよ。
 寺沢先生曰く「未来大の学生は、この2時間半のために1年間頑張っているんです。」。なるほど地方の大学ってそういう感覚なんだな。気合が違う

 こちらは星くんのプレゼン。彼も少しずつしっかりしてきた印象。未来大は、教育で学生が成長するのが見えて凄いと思う。

 遠距離でお互いを感じあうツールの提案。これは色よりも光や動きのようなタンジブルインタフェースが良いよね。

 時間が来るとサッと終了。おお根岸もいた!

 おお、集合して終了の挨拶してる。卒業生の60%が関東圏にいるそうです。

 今回貰った未来大グッズ。昨年は湿度計

 岡本先生に夏のISIDC2010よろしくと言われた。アブストラクトは今月一杯ですよね・・・。

◇関連情報:世界の大学めぐり
posted by アサノ | 00:10 | 情報デザイン 授業事例 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site