経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 1年生プロジェクト授業 中間成果発表会 準備編 | TOP | 目黒と六本木でフィールドノーツを学ぶ >>
1年生プロジェクト授業 中間成果発表会 本番編

 これより中間成果発表会の始まり。前半はHCD特別シンポジウムということで、千葉工業大学山崎和彦先生と産業技術大学院大学の安藤先生にご講演をいただきます。

 まず最初は千葉工大山崎先生のお話。「企業にHCDを持ち込むには」

 山崎先生の話はほとんど聞いているのですが。(笑)これは新ネタ。今度もう少し時間をとって聞いてみたい。

 特に社内にHCDのプロセスを持ち込もうと悪戦苦闘している人は必聴かも。

 続いて安藤先生の「顧客満足度向上のためのHCDに向けて」。

 UXの概念を我らアバウトなデザイン屋とは違った視点から解き起こす論客です。

 休憩時間には社員さんが質問に。こういうことが企業にHCDを根付かせるためには必要だよね。

 後半は社員UXチームの佐藤さんが、この共同研究について説明から始まりました。

 中間成果発表は4チーム。社員さんと学生の混成チームです。

 発表は基本社員さんなのですが、要所で学生も入れていただいて、良い勉強になっています。

 聴衆からも質問が出て、いい感じです。

 最後は、私浅野、山崎先生、安藤先生の順で総評。

 お疲れさまでした〜。参加メンバーで記念撮影パチリ。

 スタッフの打ち上げ会!

 リフレクションタイム!こういうのも大切。

オフィシャルブログ
posted by アサノ | 00:06 | 情報デザイン 授業事例 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site