経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 春合宿2日目 箱根研修所編 | TOP | 怪しい路地好き(秋葉原電気街) >>
高校Webサイト・ベストプラクティス 最終段階

 そろそろ高校のWebサイトも納品日が近づき、本日は最終打ち合わせにやってきました。
 直前まで高校の教室で作業・・・。(汗)

 いただいたご意見を反映するために、2名体制の書記もスタンバイ。
 ICレコーダーで録音もするが、微妙ななニュアンスはやはりリアルな聞き書きが大切。録音は補足ね。

 まずはデザインパターンの説明。
 4種類のデザインパターンと他校の事例を引用して、最も相応しいデザインを提案する。
 ただし、準備不足で撃沈!(涙)

 本日は、直接的なユーザーでもある生徒さんもモニターに来てくれました。

 実際に触ってもらって意見を頂戴する。

 少しずつ混沌としていた、作り手とクライアント側の意見の接点が見えてきました。
 彼女が手に持っているのは、高校のパンフレット。「こういう感じが欲しいな〜。」というのは口頭だけではなかなか伝わりません。ツールを貰うと分かり易い。

 本校にはこの高校OGがグラフィック科にいて、地図を作ってもらいました。
 Googleマップを表示するのではなく、きちんとしたインフォメーショングラフィックスを使うことは大切だ。
 ご意見を持ち帰って、3月上旬に最終プレゼンとなります。

高校Webサイト・ベストプラクティス 公式ブログ
posted by アサノ | 00:06 | 情報デザイン 授業事例 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/1392
トラックバック
Search this site