経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< できごとのかたち2010行ってきました | TOP | 多摩美術大学情報デザインコース卒業制作展2010「in+」 >>
映画 アバター3D

 遅ればせなのですが、日曜日に「アバター3D」を観てきました。
 3Dは最初はびっくりするが、すぐ慣れてごく当たり前に見えてくるから不思議。
 以前大阪のUSJで観たバイオハザード3Dの方が、わざとらしかったな。

 ストーリーは普通なのだが、それをあの映像で見せられるとのめり込む。実世界の強さみたいなものだろうか。
 物語のコンセプトは、先住民族(自然のメタファー)と人類(アメリカ的な)の衝突だ。
 映画では再三取り上げられてきたけど、未だに描き続けられるテーマだな。

 人によっては「ダンスウィズウルブス」の宇宙版という人もいるけど。

 私は「ソルジャーブルー」を思い出してしまった。
 アメリカ軍がベトナムのソンミ村で虐殺事件を起こした頃に撮られたアメリカンニューシネマ
 米軍のヘリコプター部隊って騎兵師団って言うんだよね。まさに
posted by アサノ | 00:24 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site