経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< マインドマップ デザイン思考の仕事術 | TOP | 二つの味仙 >>
WEBサイト制作者のためのHCD(人間中心設計)の理解in名古屋に来ています


 先日ご案内した「WEBサイト制作者のためのHCD(人間中心設計)の理解in名古屋」に講師として来ています。

 内容は、約90分間の講義と、3時間のワークショップ。定番の「バンドエイドのオブザベーション」。

 バンドエイドを貼る行為を観察して細かく記述する。

 5名×8チームとスタッフの学生を入れると50名ぐらいがいて大賑わい。

 観察が終わったら、問題点をブレストで挙げて行く。座るの禁止(笑)

 8チームいると見て回るだけで大変。

 一人の講師だと、このくらいが限界かなと思ってしまうが。考えてみれば学校の授業は、学生がこのくらいはいるのだものね。
 しかもワークショップは理解力もあり手も動く大人だし。なんとかなるさ。

 スタッフの学生が、各チームの進捗状況をチェック。

 リアルタイムに刻々と変化する思考プロセスを記述して行く。それをTwitterに流す子も。
 参加者は自分たちのことで頭がいっぱいだったみたいだが、舞台裏ではこのような事も行われていたのですよ。
学生のブログ

 ブレストが終わったら、問題点と解決案から、新しいデザインを起こす。こうなると社会人は早い。
 というよりも、日常的に上流工程をスムーズに考える訓練が足りない。

 このチームは「スケッチボード法」みたいに、何でもどんどん壁に貼って考える。こういうの良いよね。

 そしてプレゼン。時間が無かったので質疑応答は発表1件につき1問。名古屋人は意外とシャイ。

 このチームはかなり完成度が高かった。

 そして最後に総評をして終了。皆さんお疲れさまでした。
 スタッフの学生さん達、とっても動きが良かったよ。

◇関連情報:
瞬間と永遠.com
・ボスザルの情熱ブログ

◇アーカイブ:
■8月21日(土)
WEBサイト制作者のためのHCDの理解in名古屋(第5回)
ペーパープロトタイピング
http://asanoken.jugem.jp/?eid=1602
■7月17日(土)
WEBサイト制作者のためのHCDの理解in名古屋(第4回)
ペルソナ/シナリオ法
http://asanoken.jugem.jp/?eid=1553
■6月12日(土)
WEBサイト制作者のためのHCDの理解in名古屋(第3回)
ユーザビリティテスト
http://asanoken.jugem.jp/?eid=1519
■5月8日(土)
WEBサイト制作者のためのHCDの理解in名古屋(第2回)
フィールドワークとフォトカードソート
http://asanoken.jugem.jp/?eid=1481
http://asanoken.jugem.jp/?eid=1482
■4月17日(土) 
WEBサイト制作者のためのHCDの理解 in名古屋(第1回)
講義とオブザベーション
http://asanoken.jugem.jp/?eid=1455

posted by アサノ | 08:38 | HCD関連情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/1455
トラックバック
Search this site