経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 怪しい路地好き(広島猿猴橋町愛友横丁) | TOP | 木全賢さんのマインドマップ講座 >>
1年生経験デザイン 3回目

 先週の講義は「ユーザー情報の視覚化」。ペルソナという言葉を聞くのが始めてだったらしく、概論的な話をした。

 次が「情報のモデル化」。Nathan Shedroff(ネイサン・シェドロフ)知識の理解プロセス。我らだと泣ける話なのだが、学生はまだ目が点・・・。

 Richard Saul Wurman(リチャード・ソール・ワーマン)のLATCHは、どこで話しても食いつきが良いね。

 演習は、先週の「お好み焼きのインフォグラフ」の続き。
 マンガを描きなれているのか、ちょっと癖がある。癖は個性じゃないから、トレーニングして治そう。

 クイックリファレンスみたいで意外と分かる。

 これが優秀作品、ユーザーの行動をフェーズで切り分けて、その中で行われる作業を構造化している。こういう見方が出来ると良い。

◇1年生のブログを紹介:
どこかに落ちてる日記帳
日々之予習復習健忘録ブログ
【仮】WEBデザイン日記【仮】
IN THE 夕景
学生の日常
日々之道楽也
gooブログはじめました!
posted by アサノ | 00:08 | 情報デザイン 授業事例 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/1468
トラックバック
Search this site