経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 1年生経験デザイン 7回目 プレゼンテーション | TOP | ぐるなびワークショップ 2回目 オブザベーション >>
怪しい路地好き(横浜橋商店街)
01.JPG
 先日名古屋でのワークショップで行った「ディープな観光案内」を、後期の1年生課題でやろうと思って構想中。
 まずはフィールドワークと思って「大阪の鶴橋Vs横浜の横浜橋」と言われるディープ商店街にやってきた。
 入り口のアーケードは、なぜかアールデコ調。
02.JPG
 パッと見は普通のアーケード街。だが・・・
 以前うちの学校でこの商店街のイラストマップは作っているのです。さてさてどんなお店があるのかな?
03.JPG
 アーケードに一歩足を踏み入れると、プ〜ンと八角の匂いが。
 見ると「延明 東北小吃」という中華惣菜屋さんがあった。
04.JPG
 「小吃(シャオチー)」とは、中国語で手軽で比較的値段が安い大衆料理みたいな意味。
 豚の内臓や耳、豚足などが饅頭とともに売っていてそそられます。
05.JPG
 「茶叶蛋(チャーイエダン)」」はお茶と香辛料で茹でた卵。ちょっと燻製っぽい香りがします。
06.JPG
 こちらは中華の総菜屋さん。
07.JPG
 韓国の食料品店も多い。
08.JPG
 こちらは日本の?魚屋さん。賑やかそうです。
09.JPG
 おしゃれな洋品店。
10.JPG
 ハマ・ファッション?
11.JPG
 一旦アーケードを抜けて大通りを渡り、「三吉橋商店街」に入る。
12.JPG
 ベタな名前の中華料理屋さんや、韓国料理屋さんが並ぶ。
13.JPG
 「釜山」。今度は夜に来たいです。
14.JPG
 しばらく歩くと「三吉演芸場」があります。
15.JPG
 役者さんがお客さまをお出迎え。おお、下町風情ですね。
16.JPG
 中村川の三吉橋を渡る。
17.JPG
 道を進むに従って、段々食べ物の価格が下がって来た感じ・・・。
18.JPG
 ついに!ハマっ子のソウルフード「磯村屋」まで来ました。
19.JPG
 中に入るとバアさんが二人。
20.JPG
 食べ物は焼きそばオンリーで、トッピングによって値段が変わる。
 わたしは迷わず一番高い?「三色の大」400円。
21.JPG
 焼きそばが出来るまでは、玄関のところにあるおでん鍋から勝手に「3本」とか言って取る。
 おでんは何でも1本80円。これを食べながらしばし待つ。ちなみにアルコール類は無し。
22.JPG
 これが「三色やきそば」。豚肉とポテトと卵で三色。
23.JPG
 おお、ここにも「きたなシュラン」が。
 多分バアさん達は、これが何だか分ってないのでは・・・。
24.JPG
 ごちそうさまでした。焼きそばとおでんで640円なり。
 横浜橋は横浜の下町でした。今度は夜に来よう。

怪しい路地好きアーカイブ
◇横浜橋商店街
有楽町ガード下焼き鳥ストリート
横浜狸小路
静岡青葉おでん街
広島猿猴橋町愛友横丁
浅草初音小路飲食街
下北沢駅前食品市場
三軒茶屋すずらん通り
秋葉原電気街
菊名西口商店街
品川駅前
ソウル江南
新宿思い出横丁
新宿歌舞伎町
溝の口西口商店街
町田仲見世商店街
posted by アサノ | 00:16 | 怪しい路地好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/1502
トラックバック
Search this site