経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 横浜打ち水大作戦 1年生プロジェクト授業 | TOP | F社デザイン案ミーティング 1年生プロジェクト授業 >>
子ども粘土教室 3回目
P1090475.JPG
 今週も保育園で粘土の授業。
P1090450.JPG
 粘土を石鹸に見立てて、やたら体を洗う少女。
P1090453.JPG
 一生懸命粘土を水に溶かす少年たち。
P1090469.JPG
 彼はこの粘土の塊を池にして、その中に水を入れていた。
01.JPG
 そして、ガオ〜!と持ち上げたら、水が・・・ザッパ〜ン!!この泥遊び感が素敵。

 第1回は「好きなものを作ってごらん」と言ったら何も作れず。しょうがないから「動物を作ろうか。」と言って、小さな動物を作った。
 第2回は「家族の顔を作ろう」という課題で、人間の文化的行為の源である「愛するものの再現」を行った。
 そして第3回は「好きなもの作っていいぞ!」と言ったら。かなり素材に慣れてきたのか、模倣ではなく現象を楽しみ始めた。
 その現象の中で、彼らは自分の頭の中で様々な物語を作って主人公或いは万物創造の神になっているのだろう。
 やっと3回目にして、大人の想像する「子供らしい造形」ではなく、自然と一体になったインスタレーションの世界に入ってきたようだ。
 おかげでお部屋は粘土と水でぐちゃぐちゃになりました。いいね〜。(笑)
posted by アサノ | 00:12 | 保育の授業 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site