経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2010年夏 台湾旅行 6日目 北回帰線の街嘉義 | TOP | 2010年夏 台湾旅行 6日目 台南散歩 >>
2010年夏 台湾旅行 6日目 台湾の中の異国(3)安平
P1100320.JPG
 まだ日が落ちるには時間があるので、台南郊外の安平古堡を見に出かける。
P1100321.JPG
 安平は観光開発のプロジェクトが進んでおり、今回台湾で見た観光地では一番きちんとしていた。
 「英商徳記洋行」。洋行とは貿易会社のこと。内田洋行とか・・・。
P1100324.JPG
 その建物が「台湾開拓資料蠟像館」になっており。過去の出来事をジオラマで紹介している。
P1100330.JPG
 オランダが安平に築いたお城と港。オランダ人の都市計画の文法がよく分かる。
P1100332.JPG
 小学生が遠足に来ていた。展示も良く出来ているので面白い。丹青社とか噛んでるんじゃないの?
P1100333.JPG
 現地人や中国人、オランダ人の貨幣の違いを説明しているパネル。
 何も貨幣の比較に手首を使うことは無いと思うのだが・・・。固まる子ども
P1100334.JPG
 「どうじゃ、分かったかボウズ」・・・
P1100337.JPG
 これが見もの。家を熱帯植物が覆ってしまっている「安平樹屋」。
P1100341.JPG
 最初入った時は「やばいんじゃないのここ」と思った。東南アジアのこういう展示って「やりっぱなし」が多くて、変な霊がいそうな場所もあるので嫌なのです。
 ところが意外ときちんと細部まで展示もあり、一安心。
P1100343.JPG
 導線の誘導も良い。
P1100345.JPG
 進路に沿って歩くと樹の上に通路がある。カップル喜ぶ
P1100350.JPG
 おお、ライトアップされているらしい。安平は夜来た方が良いかも。
P1100348.JPG
 「よっし!全員集合」「ハイッ!」
P1100355.JPG
 レストランになっている商館。大きな樹が庭全体を覆っているのが素敵。
P1100359.JPG
 廟の上に秋のような雲が。でももの凄く暑い。
P1100368.JPG
 台湾の英雄「鄭成功」。この安平もオランダ人と戦って台湾を取り戻し、自分の本拠地にしていた。
 「鄭成功」のこと知ってる日本人ってどのくらいいるだろうか?俗称の国姓爺の方が知っているかな。
P1100372.JPG
 ゼーランディア城の砲塁。
P1100364.JPG 
 おお、ここにもタッチパネルが。学習に有効か?
P1100363.JPG
 レンガはオランダ人がインドネシアで焼いたものを持ってきたらしい。
 オランダ積みとは、小口が壁面になるかなり強固な手法なんだな。
P1100387.JPG
 これこれ、これですよ。
P1100365.JPG
 木造しか知らなかった台湾にレンガをもたらしたのはオランダ人の功績。
P1100390.JPG
 我々のイメージするレンガの積み方じゃないよね。お城だから大砲の弾にも耐えなくてはならないから。
P1100391.JPG
 レンガと熱帯植物がアジアらしい雰囲気を醸す。そういえばジャワとかマレーシアにもあったなこういうの。
 オランダ人がレンガを持ち込んだというのが良く分かる。
P1100374.JPG
 資料館の中の絵画。なんだ出島の絵かと思った。あれもオランダ人か。
P1100376.JPG
 鄭成功とオランダ人が戦った時の装備比較。昔の武器って痛そう・・・。
P1100385.JPG
 砲塁から天后宮が見える。
P1100411.JPG
 ゼーランディア城から安平の老街(古い街)へ進む。こちらはおまけだと思っていたのだが・・・。
P1100415.JPG
 行きのバスから一緒だった小学生の集団。引率の先生がやたら可愛かったので、写真を撮らせてもらう。
 なんで台湾て美人が多いのだろう。
P1100397.JPG
 老街を歩いていたら、オーラを発する路地を発見。
P1100398.JPG
 中に入ってみると、特に観光地では無いようだ。
P1100399.JPG
 先日の観光地「鹿港」とは違い、今人が使っている生きた路地だ。歴史があるのかどうかは分からないが、非常に美しい。
P1100402.JPG
 路地を抜けると、女の子の集団が。おお、本当に良い路地だ。
P1100406.JPG
 猫に導かれて更に進む。
P1100408.JPG
 ゴミひとつ落ちていない。毎日人が使っている装置としての路地という気がする。
 もう、ゼーランディア城のことなんかすっかり忘れて興奮気味。
P1100416.JPG
 おお、いたいた。路地裏の定番「夕涼みじいさん」集団。幸せそうだ。日本の都会にはこの空間が無いのだ。
P1100424.JPG
 木のドアを青く塗るのはポルトガル趣味だね。
P1100426.JPG
 曲がりくねった路地の途中に、小さな広場を設けるのはイタリアや韓国でも見られる都市計画だ。
P1100429.JPG
 最後に飾り立てた廟の前に出て、最高の路地終了。
 後で調べたけど、この路地は特に観光地としては売っていないようだ。
 観光客なんか来ないで、地元の人の生活空間としてこのままでいて欲しい。
P1100430.JPG 
 安平の中心部からかなり離れた場所に出たので、湿地帯沿いのサイクリングコースでバス停留所に戻る。
 もしまた安平に来る機会があったら、夕方来て路地裏を散策して、ライトアップされた安平樹屋を見てみよう。

◇2010年夏 台湾旅行 アーカイブ
8月17日番外編 スクーター少女
8月17日12日目帰国
8月16日11日目故宮と林森北路
8月15日10日目宜蘭経由台北
8月14日9日目 花蓮散歩
8月14日9日目 花東公路(海線)
8月14日9日目 市場好き 台東市中央市場
8月13日8日目 台東夜遊び編
8月13日8日目 台湾で一番遠い町台東で床屋に行く
8月12日7日目 高雄散歩
8月12日7日目 国立成功大学
8月11日6日目 怪しい路地好き(台南赤崁東路)
8月11日6日目 台南散歩
8月11日6日目 台湾の中の異国(3)安平
8月11日6日目 北回帰線の街嘉義
8月10日5日目 台湾第3の都市台中
8月10日5日目 1日2000元の台湾一周旅行 路地の街鹿港
8月9日 4日目 迪化街と寧夏路夜市
8月9日 4日目 台湾の中の異国(2)天母
8月9日 4日目 台湾の中の異国(1)淡水
8月8日 3日目 港街基隆(キールン)
8月8日 3日目 小雨の九份
8月7日 2日目 夜の街林森北路
8月7日 2日目 鄭州路牛肉麺ストリート
8月6日 初日 台北到着 
posted by アサノ | 01:05 | 2010年夏 台湾旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/1586
トラックバック
Search this site