経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 前期発表会 | TOP | 30周年記念パーティー >>
京セラ ユーザインタフェースデザイン基礎講座第3回
P1140212.JPG
 22日(水)前期発表会の後、京セラ横浜事業所を目指し大急ぎで横浜市営地下鉄グリーンラインに飛び乗った。
 お昼を食べ損ねていたので、川和町でお店を探すが全然無く、偶然見つけたのがここ。
P1140211.JPG
 「Millton」という、ふらりと入ったにしては正解そうなお店。
P1140210.JPG
 ランチの「牛肉ナムルごはん」十五穀米が美味しかった。
P1140213.JPG
 お店の中は雰囲気の良い家具が沢山。
 私は、ブランド物の家具よりも、こういった手作りのテーブルやスツールが好き。
 自分も若いころは貧乏で、鉄のフレームを溶接してシナべニアの合板を乗せたテーブルや本棚を作って使っていたこともある。
 なので、この店は私とセンスが合うと感じた。
P1140214.JPG
 カウンターは地元の人たちが集まる場になっているようだ。
P1140215.JPG
 お店の外観。奥に鉄細工と家具の工房がある。
P1140217.JPG
 川和台バス停留所のすぐそば。
P1140219.JPG
 京セラ横浜事業所まで歩いて3分ぐらい。
P1140223.JPG
 本日の講座は、山梨大学の郷先生の「シナリオ手法」。
 先生の話を2時間しっかり聞ける機会はなかなか無いので、本当に貴重な経験だ。
 どうしても聞きたくて京セラ・ユーザビリティ部の渡辺さんにお願いして聴講させていただいた。
 企業としては大英断で、社外の研究者や大学院生などに若干ではあるが門戸を開放している。
 こういう取り組みが、将来花を咲かせるのだろう。というか、このユーザビリティ部近年非常に良い採用実績をあげているから、撒いた種はしっかり刈っていると見た。w
 会場で東都大の小池先生や専修大の高野さんにも会いました。
posted by アサノ | 00:06 | HCD関連情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site