経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< WEBサイト制作者のためのHCDの理解in名古屋(中級編)初日午後 | TOP | サイバーエージェントHCDワークショップ ユーザ評価(観察法) >>
WEBサイト制作者のためのHCDの理解in名古屋(中級編)2日目午前
P1140378.JPG
 名古屋の朝は、やはりコメダのモーニングから。ユニモール店は狭くて環境悪いのに満員で、すぐ並びのスタバはガラガラ。名古屋ブランド恐るべし・・・。
P1140386.JPG
 昨日中にカードソートとペルソナの作成は終わっているので、本日は個人ベースでシナリオ作成。
 日本人間工学会アゴーデザイン部会の構造化シナリオ法を、もうすこし簡易にアレンジしてアクティビティとインタラクションに分けて書いてもらう。
P1140383.JPG
 今年の1月に行った「ペルソナ/シナリオ法講座」でモチーフにしたレシピサイトのリニューアルが課題。
 でもその後すぐにiPadが出ちゃったので、スマートフォン&タブレット型モバイル端末で使えるという仕様に変更。
P1140385.JPG
 過去のレシピサイトは、PCで見て覚えるかメモをしなくてはならなかったが、モバイル端末をキッチンまで持ってこれるようになったのでUXが更に向上したと考えなくてはいけない。
 便利だけではUXでは無いが、使い易さがなければUXに至らないのも事実。
P1140392.JPG
 途中で他人のシナリオを見るリフレクションタイム発令。
P1140400.JPG
 同室の人たちの思考プロセスを共有することを「アトリエ型授業」という。
 美術学校のアトリエでは、他の学生の制作工程は丸見えで「ああ、あいつそういうところから描きはじめるのか」とか「おお、あそこで描き込みか」とか日常的にやっているのだが。
 PCで作業していると、ついつい自分に引きこもってしまう。
 他人を見ることで模倣をするのではなく、自分を振り返るのが大切。
P1140406.JPG
 みんなが黙って下を向いている光景は、なんだかナイト・シャマランの映画のようだ。(笑)
P1140410.JPG
 人のを見て、手直ししたらミニプレゼン。今度は発表することによりリフレクション。
P1140414.JPG
 こちらは昨日欠席して、本日特別スペシャル講義組。
P1140412.JPG
 特別スペシャル講義組のラダーリングは、流石に後だしジャンケンみたいで、なかなか出来がよろしい。
P1140415.JPG
 インタラクションシナリオを書くには、簡単なワイヤーフレームを描きながらではないと考えがまとまらない。
P1140416.JPG
 こちらはペーパープロトに凝り過ぎた例。(笑)シナリオ書く時間が無くなります。
P1140417.JPG
 アクティビティシナリオとペルソナがしっかりしているとインタラクションシナリオと画面設計は容易になる。
 これが「タスク定義」が重要という意味。
P1140432.JPG
 出来上がったらプレゼンテーション。
P1140430.JPG
 ラダーリングによるユーザの欲求探索からシナリオ→インタフェース設計までを話す。
P1140434.JPG
 こちらは笑えるのだが、料理を検索するのではなく。可愛い女の子が勝手に「今日はこれを作りなさい」と指示してくるアプリ。
 独身男に料理を覚えさせるには良いかもしれないが、曖昧検索の道を探らなくてはいけないインタフェースの未来はないか・・・。
 DSのアプリの企画としては良いと思います。料理が上手くなると、アプリの女の子が「美味しく作れるようになったねY」と褒めてくれるのはいかがかな。
P1140447.JPG
 こちらは既存のインタフェースを意味知識として活用したもの。
 私達が持っている知識のうち、世の中に広く当てはまる知識を意味知識という。これに対して、そのシステムだけに通用する特別な知識を構文知識という。
 意味知識は説明抜きですぐに実行できるが、構文知識はあらかじめ説明書を読んだり、誰かに使用法を教わらなくては使えないので、当然のことながら使いにくいシステムとなる。
 ニールセンも言っているが。よほど良いインタフェースで無い限りは、既存の作法の方がユーザは何千回もレッスンしているものだ。
P1140451.JPG
 はい、最後に記念撮影。1日半の長丁場、お疲れさまでした。パチリ!

◇2010年WEBサイト制作者のためのHCDの理解in名古屋アーカイブ:
■4月17日(土)第1回:オブザベーション
■5月08日(土)第2回:フィールドワークフォトカードソート
■6月12日(土)第3回:ユーザビリティテスト
■7月17日(土)第4回:ペルソナ/シナリオ法
■8月21日(土)第5回:ペーパープロトタイピング
■10月2日(土)AM中級編:半構造化インタビュー
■10月2日(土)PM中級編:ラダーリング
■10月3日(日)AM中級編:構造化シナリオ法
posted by アサノ | 00:21 | セミナー・ワークショップ関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site