経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< ISIDC2010日記 4日目 我家のルーツを訪ねて | TOP | 怪しい路地好き(堀切菖蒲園) >>
横須賀市役所Webサイトが公開
02.jpg
 一昨年からゼミで調査・計画に取り組んでいた横須賀市役所のWebサイトが11月1日にローンチされた。
 横須賀市役所:http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/
01.jpg
 2008年にお話を頂いて、1年間じっくりと腰を落ち着けてユーザー調査をさせてもらいました。
 こうやって自分達が係わったプロジェクトが具体化されると嬉しいものですね。
 尚、本研究室で担当したのは、ユーザ調査・情報設計・ワイヤーフレームによる評価までで、制作は外部の制作会社へに委託発注となります。
CAH7T03B.jpg
 市役所担当者のSさんからのメール
 平成20年に実施したリニューアルのための準備プロジェクトでは、各種調査にあたり、多大なるご協力をいただきまして、誠にありがとうございました。
 当時、ホームページの担当になって2年目だった私は、ようやく"ホームページ"と いうものに慣れてきたところでしたが、先生の学術的なアプローチと言葉に新鮮な刺激を受けて、もっと"Web"について勉強したいと思うようになったことを覚えております。
 新しい横須賀市ホームページには、利用する方々にとって、より活用しやすいものであり、また、魅力的なものとなるよう、工夫したつもりです。部分的には、まだ移行が完全に終わっていないことあり、不十分な面がございますが、ぜひ、生まれ変わった横須賀市ホームページをご覧ください。
今後とも横須賀市ホームページを宜しくお願いいたします。添付写真は、新しいカテゴリ決めるのにカード化して試行錯誤したときの写真です。


 カードソートが組織に根付くと議論が活発になり、良いですね〜。
posted by アサノ | 00:10 | 情報デザイン 授業事例 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/1682
トラックバック
Search this site