経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 第3回新横浜ユーザビリティ研究会 報告 | TOP | 後期 ユーザビリティ演習 8回目 ストーリーボーディング >>
第2回HCD研究発表会 直前情報
■イベント概要:
 人間中心設計(HCD)やユーザビリティに関する専門の研究発表会として、昨年度より開催している「HCD研究発表会」を本年度も開催いたします。 人間中心設計、ユーザビリティに関わる研究や事例、提案などを幅広く募集しました。日頃の成果・取組みを紹介していただきます。

■日程:2010年12月15日(水)  午前10時30分〜
■会場:産業技術大学院大学 秋葉原キャンパス(秋葉原ダイビル12階)
■参加費:会員:1,000円、 非会員:2,000円、学生: 無料
■主催:特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構
■協賛:特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会

研究会プログラム
■資格認定セッション
10:30 - 12:00    「認定人間中心設計専門家」2010年度資格認定に関する説明会
■研究発表セッション
13:15 - 13:40 ユーザビリティ評価
1. 行動観察プログラムOBSERVANT EYEのユーザビリティ評価
     易 強 (静岡県工業技術研究所)
13:40 - 14:20 ユーザ行動・ユーザモデル
2. スマートモバイルデバイス利用による近傍コミュニケーションの様相
     飯塚 重善 (神奈川大学)
3. HDDレコーダユーザのUX評価の継時的変化と評価構造
     安藤 昌也 (産業技術大学院大学)
14:20 - 14:30    休憩 10分
14:30 - 15:10 ユーザビリティ評価方法論
4. webユーザビリティ評価の時間評価研究
     鈴木 啓示 (東海大学大学院)
5. ユーザビリティ評価用コンテンツ領域対応視線分析方法の開発
     松延 拓生 (和歌山大学)
15:10 - 16:00 HCD方法論
6. コンセプト・リファイン方法の研究(ストーリーボーディングの提案)
      浅野 智 (横浜デジタルアーツ専門学校)
7. 研究開発へのHCDの活用
     山崎 和彦 (千葉工業大学)
16:00 - 16:30 ポスターセッション
※この時間は、発表者がポスター前に常駐し質疑に対応します。なお、ポスターは研究会中は常時掲示します。
・ リモートウェブユーザービリティ評価ツール: eMonitor(PCサイト及びモバイルサイト(β)版)の説明
      黒崎 武昭 (インターメント)
・ イノベーションのためにユーザー調査結果の分析手法の提案
      稲葉 貴志 (千葉工業大学大学院)
・ 高齢ユーザーを対象とした製品調査手法の研究
      上田 香織 (千葉工業大学大学院)
・ WARAIPRODUCTSの研究 −世界へ向けた笑いを誘発するプロダクトの研究
      亀井 隆昭, 山崎 和彦 (千葉工業大学)
・ ミネラルウォーターの商品企画とそのブランディングと広告展開の提案
      黒坂 晋 (千葉工業大学)
・ ユーザリサーチに基づくコンセプトデザイン発想の研究:KA法で得た結果の活用法について
      廣瀬 優平, 安藤 昌也 (産業技術大学院大学)
・ ユーザビリティテストにおける操作プロセスの可視化手法がもたらす有効性の研究
      篠倉 美紀 (エクスカル)
・ HCD-net手法SIGについて
      伊藤潤(HCD-net理事:開発委員会 手法SIG準備WG担当)
■ 事例発表セッション
16:30〜17:30
「WEBサービス企業におけるHCD導入の現状と展望」
 2010年は、WEBサービスなどこれまで人間中心設計が十分には取り入れられていなかった国内のWEB関連企業が、組織的にHCDやUXの考え方や手法に取り組む事例が増えてきました。
 そこで、国内の主要なWEBサービス企業におけるHCDの取り組みを紹介していただくとともに、HCD導入のポイントや課題、今後の展望についてパネルディスカッションを行います。

・事例1: 「Ameba におけるUX 向上の取り組み」 サイバーエージェント 鈴木千絵 氏
・事例2: 「インターネット事業に適したHCD 活用方法とは?-NHN Japan における取り組み事例より」 NHN Japan UXチーム 佐藤純 氏
・パネルディスカッション
コーディネーター:浅野 智氏(横浜デジタルアーツ専門学校、HCD-net評議委員)

■表彰式
17:30〜17:35
優秀発表の表彰式
posted by アサノ | 02:24 | HCD関連情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/1727
トラックバック
Search this site