経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 後期 ユーザビリティ演習 11回目 ラピッドプロトタイピング | TOP | 怪しい路地好き(東京恵比寿横丁) >>
リコーLC-1 レンズキャップ

 私が今一番よく使っているデジカメは、2年ぐらい前にカミヒラ先生に薦められて買ったパナソニックLUMIX DMC-LX3 という機種。
 レンズが、明るくて歪みが少ないLEICAバリオ・ズミクロン24mm広角が売りのコンパクトデジカメだ。
 本当に良いカメラなのだが、欠点がひとつ。レンズキャップが自動式では無いこと。
 これがかなり不便だった。
 
 そこでレンズキャップをパナソニックのものからリコーのLC-1というものに換えてみた。
 電動式ではなく、レンズが出てくる時に押されて開き、レンズが収まると自然と閉まる機構になっている。
 アマゾンで1300円ぐらいで買って、カッターナイフで内側の出っ張りを少し削っただけで無事装着。
 これは便利そうだ。
posted by アサノ | 00:23 | 道具好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/1756
トラックバック
Search this site