経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< Wi-FiモバイルルータAtermWM3500R がやってきた | TOP | 北野天満宮で学業祈願 >>
後期 ユーザビリティ演習 12回目 プロトコル分析
IMG_8963.jpg
 2月2日(水)の授業はプロトコル分析。

 3時間で講義・タスクの作成・ユーザビリティテストはかなりハード。
IMG_8966.jpg
 被験者にタスクを声を出して読んでもらう。テストの発話をスムーズにするための滑舌練習。
IMG_8969.jpg
 テストスタート!
IMG_8970.jpg
 被験者はPCの操作に夢中になると発話が徐々に少なくなる。
 モデレーターは常に被験者の発話を促さなくてはならない。
IMG_8973.jpg
 被験者が「こうでしたっけ?」とか聞いてきても「自分で考えてください。」と軽くいなすことが大切。
IMG_8976.jpg
 テスト後に発話の書きおこしをしないで、リアルタイムに観察結果を書いて終了後ブレストで問題個所を明らかにする簡易なユーザビリティテストもある。
IMG_8977.jpg
 今回はユーザビリティテストの全体像を理解するためなので、まずはビデオを録ろう。
IMG_8992.jpg
 来週までに発話の書き起こしをしておくと、NE比分析が楽かな。
IMG_8981.jpg
 書き起こしは、大抵の場合テスト時間の4〜5倍かかると言われている。
IMG_8988.jpg
 慣れないと10分のテストに1時間ぐらいかかってしまう場合もある。
 頑張ろう!
posted by アサノ | 00:14 | 情報デザイン 授業事例 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site