経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 参加型デザイン手法:Exhibition in the dark(暗闇展覧会) | TOP | 怪しい路地好き(京都先斗町13番路地) >>
第14回 文化庁メディア芸術祭

 どんより曇った2月6日(日)お昼過ぎ頃、国立新美術館に行ってきた。

 毎年恒例の「文化庁メディア芸術祭」を見るため。
 人の入りは、以前のように入口に行列が出来るほどでは無かったけど、中はそれなりに見にくいぐらい混んでた。

 感想としては、メディアアートやマンガは興味無いので、早々にパス。
 エンターテインメント部門が面白かったかな。スポーツグラウンドが身体的で楽しそう。
 出口の手前で多摩美の須永研が「かえり道のアートスペース」という大規模なデジタル・カードソートをやっとった。
 女子学生達がおそろいのピンクのつなぎでサポーターです。
 
 国立新美術館のランチは「豚組しゃぶ庵」の和食ブッフェ1000円がお薦め。

 その後21_21の「倉俣史朗とエットレ・ソットサス展」や目黒の「SFC加藤文俊研究室フィールドワーク展」に行きたかったのだが、体調がすぐれずパスして帰宅。
posted by アサノ | 00:17 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/1785
トラックバック
Search this site