経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2011年 子ども造形教室 第2回 | TOP | 2年生 インタフェースデザイン 前期2回目 >>
スマートフォン 狂想曲
DSC00305.JPG
 4月19日(火)午後に品川の某社で打ち合わせ。
 顔見知りの部長から「新規事業開発部に異動になりました。」と挨拶を受ける。

 そこで「スマートフォンやタブレットを使ったサービスの開発」の話になる。
 「どこでもその話しか出ないですよ。」と言ったのだが、今はそこに注力するしか無いのだろう。
 先にハードを作って、後から売るためにソフトを作るのはかなりキツイものがある。
 iTunesがあってiPhoneがあるように、先にサービスがあってハードを作る方が理にかなっているのだと思う。。

 その後で「スマートフォンを使ったサービスを作る作法を知っている人がいない。」という話になった。
 確かに、知っている限りでもほんの僅かの会社かもしれない。だからこそ、自社で人材を育成すべきなのではないだろうか。
 試行錯誤しながら、人材育成する時間はもう僅かしか無い。
posted by アサノ | 00:04 | 情報デザイン | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site